Rchr
J-GLOBAL ID:200901061173641912   Update date: Sep. 08, 2021

Aoki Ken

アオキ ケン | Aoki Ken
Affiliation and department:
Research field  (6): Physical and health education ,  Nutrition and health science ,  Sports science ,  Physiology ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory)
Research keywords  (8): 幼児期の運動遊び ,  School Health ,  熱中症予防教育 ,  Hygiene, Enivironmental Medicine ,  末梢循環 ,  体温調節 ,  自律神経 ,  日内変動
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2021 - 2023 保育・教育環境を通じた体力・運動能力向上を目指した運動遊びプログラムに関する研究
  • 2018 - 2020 問題基盤型学習を基にした熱中症予防教育の充実を目指した教育プログラムに関する研究
  • 2015 - 2017 高温高湿下での頭部血液量増加に対する循環調節機能の日内変動特性に関する実験的研究
  • 2012 - 2014 温冷環境下での一過性血圧上昇に対する循環調節機能の日内変動特性に関する実験的研究
  • 2010 - 2014 Human cerebral autoregulation during long-duration spaceflight
Show all
Papers (69):
  • Akane TAKA, Ken AOKI, Kazuyoshi TAKATA, Yoshie MATSUMURA, Yoko OMORI. Design of The Play Aiming at The Acquisition of Jumping Ability and Attacking Action in Volleyball for Kindergarten Children. 2021. 64. 16-24
  • Jun MAEDA , Ken AOKI, Ayumu TANAKA. Practice of Exercise Program Aiming at The Improvement of Throwing Distances with The Acquisition of Throwing Motion for Sixth Grade Elementary School Students. 2021. 64. 6-15
  • 青木 健, 高田和宜, 福田香織, 大森洋子, 松岡勝彦. 幼児期における掌握動作を伴う運動遊びを通しての 体力向上に関する実証的研究. 山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要. 2020. 50. 27-33
  • 坂本武大, 青木 健, 時松聡実, 高田和宜, 福田香織, 大森洋子, 松岡勝彦. 幼児を対象としたベースボール型ゲームにおける運動動作の獲得に繋げる遊びの考案. 山口県体育学研究. 2020. 63. 11-20
  • 青木 健, 高田和宜, 高橋千恵, 大森洋子, 松岡勝彦. 幼児期における主体的なサーキット遊びを通しての運動能力向上に関する実証的研究. 山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要. 2019. 48. 39-48
more...
Books (8):
  • ニュー運動生理学 II
    真興貿易医書出版部 2015
  • 運動生理学のニューエビデンス
    真興貿易医書出版部 2010
  • 体温II-体温調節システムとその適応-
    ナップ 2010
  • 新版 これでなっとく使えるスポーツサイエンス
    講談社サイエンティフィク 2007
  • 体温-運動時の体温調節システムとそれを修飾する要因
    ナップ 2002
more...
Lectures and oral presentations  (87):
  • 教職概論におけるアクティブ・ラーニングの取組 -現職教員との座談会を通じた実践ー
    (平成29年度日本教育大学協会研究集会 2017)
  • 山口県内での児童・生徒における熱中症発生時の特徴ならびに気象データとの関連について
    (第79回日本体力医学会中国・四国地方会 2017)
  • 教育委員会との連携・協働による教職キャリア形成科目の開発II
    (平成28年度日本教育大学協会研究集会 2016)
  • 教育委員会との連携・協働による教職キャリア形成科目の開発I
    (平成28年度日本教育大学協会研究集会 2016)
  • Effects of the combination of CO2 and cephalad fluid shift of dynamic cerebral autoregulation
    (The 6th Annual Meeting of the Cerebral Autoreguraton Research Network 2016)
more...
Education (3):
  • 1996 - 1999 Chiba University Environmental Science
  • 1994 - 1996 Kobe University
  • 1990 - 1994 Kobe University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (千葉大学)
  • 修士(教育学) (神戸大学)
Work history (6):
  • 2016/04 - 現在 YAMAGUCHI UNIVERSITY Faculty of Education Associate Professor
  • 2007/12/01 - 2016/03/31 日本大学医学部 社会医学系衛生学分野 助教
  • 2005/04/01 - 2007/11/30 日本大学医学部 社会医学系衛生学分野 専修研究員
  • 2000/10/01 - 2005/03/31 Tokyo Metropolitan University Graduate School of Science, Department of Kinesiology
  • 1999/04/01 - 2000/09/30 日本学術振興会 特別研究員(PD)
Show all
Committee career (2):
  • 2020/04 - 現在 山口県体育学会 理事(編集担当)
  • 2011/07 - 2017/06 日本公衆衛生学会 評議員
Awards (2):
  • 2020/01 - 山口大学 学内教育表彰(平成30年度ALベストティーチャー:スポーツ運動実習)
  • 2012/07 - 日本看護研究学会 一般社団法人日本看護研究学会奨励賞 看護ケアとしての足部マッサージ中および終了後における自律神経活動指標の評価
Association Membership(s) (4):
日本体育学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本宇宙航空環境医学会 ,  日本衛生学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page