Rchr
J-GLOBAL ID:200901061504622824   Update date: Sep. 01, 2021

Fujii Tomoyasu

フジイ トモヤス | Fujii Tomoyasu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~fujii/
Research field  (3): Environmental dynamics ,  Hydroengineering ,  Atmospheric and hydrospheric science
Research keywords  (4): Blue tide ,  Fluxes of Carbon Dioxide ,  Movement of Anoxic water mass ,  Anoxic Water Mass
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2015 - 千苅貯水池の水質調査に関する共同研究(奈良教育大、神戸大、防災科学研究所、法政大学、神戸市水道局)
  • 2014 - 2015 埋立地・堀込航路等と貧酸素化の関係についての研究
  • 2013 - 2014 港湾域におけるリン溶出抑制技術の開発
  • 2012 - 2013 大阪湾・播磨灘における二酸化炭素の挙動と収支に関する研究 (その3)
  • 2012 - 2013 河川下流から河口域にかけての有毒赤潮発生機構の解明と抑制方法の検討(その2)
Show all
Papers (45):
more...
MISC (10):
  • 藤井智康. 鈴木雄一・佐藤芳徳・安原正也・谷口智雅・李 盛源(著) 新版 水環境調査の基礎. 陸水学雑誌. 2019. 80. 171
  • 藤井智康ほか. Physical Characteristics in Lake Pumayum Co. Report on the Japan-Chaina Scientific Research Expedition to Lake Pumayum Co on the Tibetan Plateau, 2006. 2009. 13-24
  • 小寺浩二, 清水裕太, 中山祐介, 村上哲生, 藤井智康. Comparative limnological and Hydro-geographical study on lkes and rivers in the southeast region of the Tibetan Plateau. チベット・プマユムツォ湖学術調査・研究報告書. 2009. 25-33
  • 森脇晋平, 大北晋也, 藤井智康. 宍道湖・中海水産振興対策事業 貧酸素水調査. 平成13年度島根県内水面水産試験場事業報告. 2002. 9-21
  • 福井克也, 森脇晋平, 藤井智康. 宍道湖・中海水産振興対策事業 貧酸素水調査. 平成11年度島根県内水面水産試験場事業報告. 2000. 15-35
more...
Books (2):
  • 学校教育におけるSDGs・ESDの理論と実践
    協同出版 2021
  • 陸水の事典
    講談社 2006 ISBN:406155221X
Lectures and oral presentations  (90):
  • 大阪湾沿岸域の栄養と二枚貝の成長速度との関係
    (陸水物理学会 第41 回研究発表会(2019 信濃大町大会 2019)
  • 田沢湖における水・物質収支に関する検討
    (陸水物理学会 第41 回研究発表会(2019 信濃大町大会) 2019)
  • 千苅貯水池に流入する河川水中溶存有機物の分布に関する研究
    (日本陸水学会近畿支部会 第30回研究発表会 2019)
  • 貯水池底層における貧酸素水塊発生機構の解明
    (第63回 水工学講演会 2018)
  • 火山性深湖における地殻熱流量評価-摩周湖・俱多楽湖・田沢湖の比較-
    (陸水物理研究会第 40 回研究発表会(2018 石垣大会) 2018)
more...
Education (4):
  • 1996 - 1997 岡山理科大学大学院
  • 1993 - 1996 Okayama University of Science Material Science
  • 1991 - 1993 Okayama University of Science Applied Science
  • 1987 - 1991 Okayama University of Science Department of Applied Science
Professional career (3):
  • Docter of Science (Okayama University of Science)
  • Master of Science (Okayama University of Science)
  • Bachelor of Science (Okayama University of Science)
Work history (16):
  • 2019/04 - 現在 奈良教育大学 副学長
  • 2017/10 - 現在 Osaka Kyoiku University Part-time Lecturer
  • 2017/09 - 現在 Nara University of Education Science Education Professor
  • 2009/04 - 現在 Tenri University Part-time Lecturer
  • 2021/04 - 2021/09 Nara Women's University
Show all
Committee career (45):
  • 2021/01 - 現在 日本陸水学会和文誌編集委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 島根大学研究・学術情報機構エスチュアリー研究センター協力研究員
  • 2019/04 - 現在 田原本町旧清掃工場周辺環境問題調査委員会 委員
  • 2019/03 - 現在 陸水物理学会誌 編集委員
  • 2017/08 - 現在 きれいな奈良県づくり功労賞の表彰にかかる選定委員会委員
Show all
Awards (1):
  • 2000/09/16 - 日本陸水学会 日本陸水学会第2回吉村賞 Relationship of internal waves with tidal and wind drift effects and propagation of internal Kelvin waves in a brackish Lake Nakaumi
Association Membership(s) (8):
日本水文科学会 ,  土木学会 ,  Japan Society on Water Environmen ,  瀬戸内海研究会議 ,  Coastal Oceanography Research Committee The Oceanographic Society of Japan ,  The Oceanographic Society of Japan ,  陸水物理学会 ,  The Japanese Society of Limnology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page