Rchr
J-GLOBAL ID:200901061557541885   Update date: May. 16, 2020

Ishihara Tsuyoshi

イシハラ ツヨシ | Ishihara Tsuyoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Education - general ,  Social welfare
Research keywords  (10): 児童福祉 ,  社会的養護 ,  教育福祉 ,  総力戦体制 ,  少年教護法 ,  子どもの権利 ,  感化法 ,  児童福祉法 ,  児童虐待防止法 ,  学童保育
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2019 - 2023 感化院・少年教護院における実践思想の系譜とその展開
  • 2018 - 2022 教護院50年の歴史における退所者の軌跡とその変遷
  • 2015 - 2018 The history of the institutions of the education and protection for the juvenile delinquents or dependent children in Japan; the change of the students of Hokkaido Katei Gakko
  • 2012 - 2017 Development of after school care movement in the late 1960s (Osaka City)
  • 2012 - 2017 高度経済成長期大阪における学童保育運動の展開過程
Show all
Papers (16):
  • TSUYOSHI Ishihara. A historical study on the establishment of after school child care system in Nagoya City in the late 1960s. Bulletin of the Faculty of Education, Shizuoka University. Social and natural sciences and liberal arts series. 2019. 70. 67-77
  • 石原剛志. 学童保育指導員の仕事と労働条件を考える. 日本の学童ほいく. 2019. 532. 10-15
  • 石原剛志. 日本の学童保育史研究の現状と課題. 日本学童保育学会機関誌 学童保育. 2019. 9. 3-9
  • 石原 剛志. 手さぐりで歩む-学びあい、綴りあう学童保育指導員(「講座 学童保育を求め、つくってきた人々 学童保育の歴史から学ぶ」第6回). 月刊日本の学童ほいく. 2018. 511. 46-51
  • 石原 剛志. つながる各地の学童保育づくり運動--学童保育研究集会に集まる願いと経験(「講座 学童保育を求め、つくってきた人々 学童保育の歴史から学ぶ」第5回). 月刊日本の学童ほいく. 2018. 510. 62-67
more...
MISC (4):
  • 石原 剛志. 権利としての学童保育を求めて〜放課後児童健全育成事業の現状と課題〜. 日本の学童ほいく. 2016. (vol). 496. 10-14
  • 石原 剛志. [書評]河合隆平著『総力戦体制と障害児保育論の形成ー日本障害児保育史研究序説ー』. 日本教育史研究. 2015. 34. 118-127
  • 石原 剛志, 長沼友兄, 二井仁美, 藤原正範, 山﨑由可里. 座談会 感化教育史研究の到達点と今後の課題. 長谷川仏教文化研究所年報. 2012. 36
  • 石原剛志. 学童保育指導員の資格問題-現状と課題-. 学童保育研究. 2004. 5. 10-25
Books (21):
  • 児童の生活状態3(戦前日本の社会事業・社会福祉資料 第2期 第3巻)
    柏書房 2018 ISBN:9784760150298
  • 児童の生活状態2(戦前日本の社会事業・社会福祉資料 第2期 第2巻)
    柏書房 2018 ISBN:9784760150281
  • 児童の生活状態1(戦前日本の社会事業・社会福祉資料 第2期 第1巻)
    柏書房 2018 ISBN:9784760150274
  • 浮浪・家出・自殺/私生子(戦前日本の社会事業・社会福祉資料 第2期 第4巻)
    柏書房 2018 ISBN:9784760150304
  • 社会教育・生涯学習ハンドブック <第9版>
    エイデル研究所 2017
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 高度経済成長期大阪における学童保育運動(その3)〜共同保育運動としての学童保育運動とその実践に注目して〜
    (日本学童保育学会第8回研究大会 2017)
  • 高度経済成長期大阪における学童保育運動(その2)
    (日本学童保育学会第7回研究大会 2016)
  • 菊池俊諦少年教護論の検討
    (日本社会教育学会 2015)
  • 「現代の貧困」としての被虐待児童の自立困難と発達保障の課題:自立援助ホームの取り組みから考える
    (中部教育学会紀要 2010)
Education (9):
  • 2000 - 2001 名古屋大学大学院 博士後期課程
  • - 2001 Nagoya University
  • 1998 - 2000 名古屋大学大学院 博士後期課程
  • 1995 - 1998 名古屋大学大学院 博士前期課程
  • - 1998 Nagoya University
Show all
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (名古屋大学大学院)
Work history (5):
  • 2012/04 - 現在 Shizuoka University Faculty of Education
  • 2007/04 - 2012/03 Shizuoka University Faculty of Education
  • 2005/04 - 2007/03 Nagano University Faculty of Social Work
  • 2002/04 - 2005/03 Nagano University Faculty of Social Work
  • 2001/04 - 2002/03 Nagano University
Committee career (4):
  • 2018/06 - 現在 日本学童保育学会 機関誌編集委員会委員長
  • 2014/06 - 現在 日本学童保育学会 理事
  • 2005/11 - 2006/02 上田市保育園のあり方を考える検討委員会
  • 2004/08 - 2005/03 坂城町次世代育成支援計画行動計画策定委員会
Association Membership(s) (3):
日本社会教育学会 ,  日本学童保育学会 ,  社会事業史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page