Rchr
J-GLOBAL ID:200901061897597699   Update date: Sep. 29, 2020

Shioda Seiji

シオダ セイジ | Shioda Seiji
Affiliation and department:
Research field  (4): Anatomy ,  Cell biology ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general
Research keywords  (6): 細胞生物学 ,  神経科学一般 ,  解剖学一般(含組織学・発生学) ,  Cell Biology ,  Neuroscience in General ,  Anatomy in General
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2015 - 2017 神経ペプチドによる脊髄損傷治療法の新戦略
  • 2011 - 2016 神経損傷防御の基盤研究とトランスレーショナルリサーチ
  • 2013 - 2015 ペプチド・タンパクの点鼻投与による神経疾患の予防・治療法の新戦略
  • 2010 - 2015 摂食・エネルギー代謝調節に関わる摂食調節ペプチドの機能形態学的解析
  • 2009 - 2011 新規神経ペプチドGALPによる肥満克服の新戦略
Show all
Papers (443):
more...
MISC (526):
Patents (8):
  • VPAC 1 受容体活性化剤及びドライマウスの予防薬または治療薬
  • アミロイド線維の形成を伴う神経変性疾患の予防・改善薬
  • PACAPペプチドを含む眼科用剤
  • 関節リウマチ症予防のための栄養補助食品
  • 眼疾患治療剤
more...
Books (77):
  • 香りで脳活(ふくふく2016年3月号)
    いきいき株式会社 2016
  • 13.摂食調整ペプチドによるエネルギー代謝調整の研究(生理学研究所年報第36巻)
    自然科学研究機構 2016
  • 心の病に向き合い85年 藤沢病院の庭づくり(BISES (No.99) ガーデンセラピー
    芸文社 2015
  • レモングラスで集中力・記憶力がアップ(安心 第33巻 第10号)
    マキノ出版 2015
  • 信州木曽路 セラピーの旅(BISES (No.98) ガーデンセラピー)
    芸文社 2015
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 東洋医学とアロマセラピー ー統合医療における役割ー
    (予防医学医療臨床研究会 2015)
  • 香りはなぜ脳に効くのか~アロマセラピーと先端医療~
    (昭和薬科大学 特別講義 2015)
  • アロマセラピー学会から治療と予防医学
    (日本アロマセラピー学会学術総会 2015)
  • 芳香療法による認知症の予防・改善について
    (応用脳科学アカデミー 2015)
  • アロマセラピーで生き生き健康
    (日本緩和医療薬学会年会 2015)
more...
Works (4):
  • Functional morphology of ABC protein
    2000 -
  • Feeding regulation
    2000 -
  • Molecular mechanism of cell volume regulation and protection of its failure
    2000 -
  • Functional analysis of GPCRs
Education (5):
  • - 1983 Showa University
  • 1974 - 1976 Niigata University
  • - 1975 Niigata University
  • 1970 - 1974 Waseda University
  • - 1973 Waseda University
Professional career (2):
  • Doctor of Medical Science (Showa University)
  • Master of Science (Niigata University)
Work history (19):
  • 2015/04 - 現在 Hoshi University
  • 2012/04 - 2015/03 Showa University
  • 2006/04 - 2015/03 Showa University Art and Science
  • 2001/09 - 2015/03 チューレン大学 医学部 兼任教授
  • 1999/04 - 2015/03 Showa University Medical Research Division
Show all
Committee career (17):
  • 2015 - 現在 日本統合医療学会 執行理事
  • 2015 - 現在 日本糖尿病肥満動物学会 名誉会員
  • 2007 - 現在 日本アロマセラピー学会 理事長
  • 2006 - 現在 Regulatory Peptides 国際学会理事
  • 2000 - 現在 日本アロマセラピー学会 評議員・理事
Show all
Awards (2):
  • 2016/02 - 日本糖尿病肥満動物学会 後藤賞
  • 2014/02 - 日本糖尿病肥満動物学会 米田賞
Association Membership(s) (10):
THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE ,  日本下垂体研究会 ,  JAPAN SOCIETY FOR EARLY STAGE OF DEMENTIA ,  日本統合医療学会 ,  日本アロマセラピー学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY ,  THE ZOOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN SOCIETY OF HISTOCHEMISTRY AND CYTOCHEMISTRY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF ANATOMISTS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page