Rchr
J-GLOBAL ID:200901062461843763   Update date: Mar. 21, 2021

Shoji Ryo

ショウジ リョウ | Shoji Ryo
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www2.tokyo-ct.ac.jp/~c/shoji/
Research field  (4): Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load/risk assessment ,  Environmental effects of chemicals ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (6): 生態毒性試験 ,  金属のバイオアベイラビリティ ,  構造活性相関 ,  バイオアッセイによる水環境の人体影響評価 ,  Quantitative structure activity relationship ,  Bioassay for human risk evaluation
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2002 - 降雨による局地的生態系への影響評価
  • 2001 - 構造活性相関による環境汚染物質の有害性予測
  • 有害性化学物質の活性炭吸着処理
  • 計算機化学による化学物質の生理活性の推定
  • バイオアッセイによる環境管理
Show all
Papers (109):
more...
Patents (6):
  • ヒト細胞を用いたバイオアッセイ装置
  • Equipment of bioassay using human cells
  • 毒性評価方法、毒性評価システム、及び毒性評価用キット
  • 卵殻膜を用いた有色溶液の脱色材及び脱色方法
  • 遊泳性水生生物分別装置
more...
Books (5):
  • 化学系学生のための化学工学
    培風館 2020
  • 基礎からわかる環境化学
    森北出版 2018
  • 植物工場生産システムと流通技術の最前線
    株式会社双文社印刷 2013
  • Bioassay and Bio-informatics for Environmental Assessment and Medicinal Sciences edited by Hideo Utsumi, Katsuhiko Nakamuro
    Kougaku-Tosho, Publishers, Ltd. 2011
  • Waste Management Research Trends
    Nova Science Publishers, Inc. 2008 ISBN:9781604562347
Lectures and oral presentations  (155):
  • 六価クロムや農薬で汚染された土壌の原位置措置における浄化剤および固化剤の併用による相乗効果
    (化学工学会第86年会 2021)
  • 地熱発電排水などの未利用高ミネラル水を用いた微細藻類の増殖促進の研究
    (第55回日本水環境学会年会 2021)
  • 環境汚染物質による植物への影響 ~有害物質の相変化による影響の比較~
    (第23回化学工学会学生発表会 2021)
  • バイオマス燃料中のカリウム成分の迅速な抽出・定量方法の確立
    (第23回化学工学会学生発表会 2021)
  • フッ素簡易定量キットの改良
    (第 6 回 関東磐越地区化学技術フォーラム 2020)
more...
Works (8):
  • 卵カク膜の有効利用に関する研究
    2003 -
  • 活性水の生体影響評価
    2000 - 2001
  • Evaluation of Biological Activity of Activated Water
    2000 - 2001
  • 総括的な有害性総合指標の検討
    1999 - 2001
  • Joint Research on Overall Toxicity Index of Water Environment
    1999 - 2001
more...
Education (1):
  • - 2000 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • Dr. Eng. (The University of Tokyo)
Work history (3):
  • 2000/07 - 現在 National Institute of Technology, Tokyo College
  • 2005/03 - 2006/03 University of Delaware
  • 2000/04 - 2000/06 The University of Tokyo Institute of Industrial Science
Committee career (4):
  • 2020/10 - 現在 分離技術会 分離技術編集委員会
  • 2019/06 - 現在 環境省 環境リスク評価委員会生態リスク評価分科会委員
  • 2016 - 現在 化学工学会未来人材育成委員会
  • 2009 - 2011 化学工学会 編集委員
Awards (2):
  • 2018/04 - 東京工業高等専門学校教職員表彰
  • 2001 - 生物工学会論文賞
Association Membership(s) (4):
廃棄物学会 ,  国際水環境学会(International Association of Water Quality) ,  化学工学会 ,  日本水環境学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page