Rchr
J-GLOBAL ID:200901063073494613   Update date: Feb. 05, 2021

Kimura Masato

キムラ マサト | Kimura Masato
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): https://kimuramasato.wordpress.com/
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (6): 社会運動論 ,  法社会学 ,  哲学 ,  知識社会学 ,  社会学史 ,  社会学理論
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 現象学、プラグマティズム、行為論、他者論、ポピュリズム、討議民主制
  • -
Papers (17):
  • Masato Kimura. Lay judge, common sense, and cruel punishment. Schmidt and Kleinfeld (ed.) The Crisis of Democracy? Chances, Risks and Challenges in Japan (Asia) and Germany (Europe), Cambridge Scholars Publishing, (Chap.7. 2020. 135-152
  • 木村 正人. 「〈共(コモンズ)〉の私有化と抵抗:渋谷におけるジェントリフィケーション過程と野宿者運動」. 空間・社会・地理思想. 2019. 22. 139-156
  • 木村正人. 共同行為と諒解:M.ヴェーバーによる共同志向性の理論. 行為論研究. 2018. 4. 1-24
  • 木村 正人. Scenarios for Giving Up the Death Penalty : An Experimental Design Survey. 社会学年誌 = The annuals of sociology. 2017. 58. 107-122
  • 木村正人. 社会学教員がみる高等教育レリヴァンス. 『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』(2013年度〜2015年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書). 2016. 149-165
more...
Books (11):
  • 知の社会学の可能性
    学文社 2019 ISBN:476202886X
  • 生活世界の構造 (ちくま学芸文庫)
    筑摩書房 2015 ISBN:4480097058
  • The interrelation of phenomenology, social sciences and the arts
    Springer 2014 ISBN:9783319013893
  • 「倫理」における「主体」の問題 (叢書アレテイア)
    御茶の水書房 2013 ISBN:4275010566
  • 熟議民主主義ハンドブック
    現代人文社 2013 ISBN:4877985433
more...
Works (2):
  • 『ポピュリズムとローカリズムの研究:東京の同化・統合のリソース』(2005年度~2006年度 科学研究費補助金 )
    2005 - 2006
  • 知の構造変動に関する理論的・実証的研究 (国内共同研究) (2007年度~2009年度 科学研究費補助金 )
Education (5):
  • - 2008 Waseda University
  • - 2002 Waseda University sociology
  • - 2000 Sophia University
  • - 2000 Sophia University
  • 1998 - 1999 ミュンヘン大学
Professional career (1):
  • M.A. (Waseda University)
Work history (4):
  • 2010/03 - 現在 Takachiho University Faculty of Human Sciences
  • 2008/04 - 2010/03 Waseda University Faculty of Letters, Arts and Sciences
  • 2007/04 - 2008/03 Waseda University Faculty of Letters, Arts and Sciences
  • 2005/04 - 2007/03 Waseda University Faculty of Letters, Arts and Sciences
Committee career (8):
  • 2018 - 現在 German-Japanese Society for Social Sciences board member
  • 2018 - 現在 日本現象学・社会科学会 委員
  • 2012 - 2017 日本現象学・社会科学会 事務局担当委員
  • 2012 - 2015 関東社会学会 編集委員
  • 2012 - 2014 早稲田社会学会 理事
Show all
Association Membership(s) (7):
JAPANESE ASSOCIATION OF SOCIOLOGICAL CRIMINOLOGY ,  日本社会学会 ,  関東社会学会 ,  早稲田社会学会 ,  日本現象学・社会科学会 ,  日本現象学会 ,  日本社会学理論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page