Rchr
J-GLOBAL ID:200901063535169799   Update date: Sep. 16, 2020

Azegami Taiji

アゼガミ タイジ | Azegami Taiji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Local studies
Research keywords  (2): メディアを前にした青少年保護 ,  ドイツの植民地政策
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 1995 - Studies on German Literature
  • Protection of children and young persons in Germany
  • EUの拡大とドイツ人のアイデンティティーの形成
  • ドイツにおける異文化受容と排斥
Papers (23):
  • 畔上,泰治. 多文化社会をめぐるドイツ国内の議論の研究に向けた予備的考察-多数派としての地位を失うことに対するティーロ・ザラツィンの不安-. Journal of Modern Languages & Cultures. 2020. 21. 63-77
  • 畔上,泰治. Andreas Pehnke(hrsg.u.erl.): Die literarische Werkausgabe des Hamburger Friedenspaedagogen Wilhelm Lamszus (1881-1965). 論叢 現代語・現代文化. 2019. 20. 73-76
  • 畔上,泰治. 未成年者有害メディア審査と芸術の自由の保障ーShindyのラップCD"NWA"を例にー. Southern Review. 2018. 33. 87-103
  • Azegami,Taiji. Dialektische Charakterbeschreibung von Geoffrey Spicer Simson in Alex Capus' Roman "Eine Frage der Zeit". Southern Review. 2016. 31. 27-43
  • 畔上,泰治. 外国語教育における参照基準に関して-日本学術会議の「回答」とヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)-. 平成24年度学群教育充実事業『留学生との協働によるグローバル人材育成を目指した初修外国語教育』. 2013. 1-16
more...
Books (16):
  • 独検過去問題集2020年版(5級4級3級)
    2020 ISBN:9784261073423
  • 令和元年度教育戦略推進プロジェクト支援事業 外国語活動認定の制度化と「筑波式統合言語学習」の推進 報告書
    2020
  • 『独検過去問題集2019年度版<5級・4級・3級>』
    2019 ISBN:9784261073409
  • n.n.
    2018 ISBN:9784261073362
  • 平成28年度「教育戦略推進プロジェクト支援事業」報告書 国際的協働による学位プログラム({現代文化学コース」)の構築と大学院教育のグローバル化に向けた取り組み
    2017
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • 不満と不安の身体表現活動としての音楽ー現代ドイツ社会におけるRechtsRockをめぐってー
    (沖縄外国文学会第33回大会 2018)
  • アフリカの陸路を走る民間船 東アフリカ・タンガニーカ湖の覇権をめぐる第一次世界大戦
    (沖縄外国文学会 2016)
Education (1):
  • 1981 - 1983 Tokyo University of Foreign Studies
Professional career (2):
  • Dr.Phil (Bielefeld大学(ドイツ))
  • Dr.Phil (Bielefeld (Germany))
Work history (3):
  • 2005 - 現在 University of Tsukuba Professor
  • 2000 - 2005 University of Tsukuba Associate Professor
  • 1985 - 2000 University of the Ryukyus Assistant/Associate Professor
Association Membership(s) (3):
Japanische Gesellschaft fuer Germanistik ,  Japanische Gesellschaft fuer Deutschstudien ,  沖縄外国文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page