Rchr
J-GLOBAL ID:200901063609191406   Update date: Jun. 19, 2016

Murayama Masatoshi

ムラヤマ マサトシ | Murayama Masatoshi
Affiliation and department:
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (2): 近代語の歴史 ,  A history of Modern Japanese
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 辞書史
  • 明治初期の日常漢語の研究
  • 幕末期洋学資料の研究
  • 明治初期漢語辞書の研究
  • A study of colloquial kango in Eary Meiji period
Show all
Papers (5):
  • 村山 昌俊. 松園梅彦編『五国語箋』の諸本について. 国語研究. 2016. 79号. 42-49
  • 村山 昌俊. E・Mサトウ、石橋編『英和口語辞典』-もう一つの近代日本語資料-. 悠久. 2015. 143号. 94-104
  • 村山 昌俊. 松園梅彦編『五国語箋』の成立について. 言語文化研究. 2014. 13号. 1-17
  • 村山 昌俊. サトウ・石橋編『英和口語辞典』(2版)における医学用語について. 野州国文学. 2011. 第84号. 横1頁-横16頁
  • 村山 昌俊. サトウ・石橋編『英和口語辞典』(2版)の増補語彙について. 國學院大學紀要. 2009. 第47集. 75頁-91頁
MISC (34):
  • 堺 枯川の言文一致観とその文章. 国語論究. 2004. 11
  • 『掌中漢語早引』とその字音について. 国語研究. 2003. 66
  • 明治初期の漢語辞書『内外新聞画引』について. 日本近代語研究. 2002. 3
  • On the Dictionary of Sino-Japanese Words Naigai Shinbun Kakubiki in Eary Meiji Period. 2002. 3
  • 『英和俗語事典』の口語的性格について. 国学院雑誌. 2001. 101(11)
more...
Books (13):
  • 栃木文化への誘い
    下野新聞社 2013
  • 国立国語研究所『日本大語誌』構想の記録
    港の人 2012
  • 大妻学校開学の歴史的地域学的背景:番町地域の歴史的環境から見た大妻開学の背景研究
    2012
  • 明治時代語論考
    おうふう 2003
  • Study of Japanese language in the Meiji era.
    2003
more...
Education (4):
  • - 1981 Kokugakuin University
  • - 1981 Kokugakuin University
  • - 1976 Kokugakuin University
  • - 1976 Kokugakuin University
Professional career (2):
  • Master of Arts in Japanese Literature (Kokugakuin University)
  • Doctor of Letters (Kokugakuin University)
Work history (8):
  • 1992 - 1999 国学院大学栃木短期大学 助教授
  • 1992 - 1999 Kokugakuin University Tochigi Junior College, Assistant Professor
  • 1989 - 1992 Saitama Junior College
  • 1989 - 1992 Saitama Junior College, Assistant Professor
  • 1987 - 1989 国学院女子短期大学 助教授
Show all
Committee career (2):
  • 1997 - 1998 全国大学国語国文学会 編集委員
  • 1996 - 1997 全国大学国語国文学会 編集委員
Awards (1):
  • 2005/02 - 國學院大學 吉川博士記念賞
Association Membership(s) (4):
近代語研究会 ,  全国大学国語国文学会 ,  訓点語学会 ,  国語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page