Rchr
J-GLOBAL ID:200901063857740254   Update date: May. 27, 2020

Takashi Iba

イバ タカシ | Takashi Iba
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://web.sfc.keio.ac.jp/~iba/http://web.sfc.keio.ac.jp/~iba/
Papers (4):
  • u, IBA TAKASHI, Chubachi Yoshihide, Matsuzawa Yoshiaki, Kaiho Ken, Takefuji Yoshiyasu. Boxed Economy Foundation Model: 社会・経済のエージェントベースモデリングのためのフレームワーク. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用. 2003. 44. SIG14 (TOM9). 20-30
  • u, IBA TAKASHI. 社会・経済シミュレーションの基盤構築:複雑系と進化の理論に向けて. 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 博士論文. 2003
  • u, IBA TAKASHI, Takenaka Heizo, Takefuji Yoshiyasu. 人工市場アプローチによる家庭用VTRの規格競争シミュレーション. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用. 2001. 42. SIG14 (TOM5). 73-89
  • u, IBA TAKASHI. エージェントベース経済シミュレーションのためのエージェント設計論. オペレーションズ・リサーチ:経営の科学. 2001. 10月. 561-567
Books (7):
  • 進化経済学のフロンティア
    日本評論社 2004
  • 総合政策学の最先端IV:新世代研究者による挑戦
    慶應義塾大学出版会 2003
  • Social Simulation Skills
    Nippon Hyoronsha Publishers 2003 ISBN:453555241X
  • Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems
    IOS Press 2002
  • 応用事例ハンドブック ニューラルコンピューティング
    共立出版 2001
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • Simulation Development Tools with MDA
    (International Workshop on Massively Multiagent Systems 2004)
  • 成長するネットワークのシミュレーションとその拡張:世代交代モデルの提案
    (MPSシンポジウム「複雑系の科学とその応用」 2004)
  • 新しい思考の道具をつくる:複雑系による社会のモデル化とシミュレーション
    (MPSシンポジウム「複雑系の科学とその応用」 2004)
  • A Framework and Tools for Modeling and Simulating Societies as Evolutionary Complex Systems
    (2nd International Conference of the European Social Simulation Association 2004)
  • Analysis on the factor of price volatility in deregulated electric power market
    (2nd International Conference of the European Social Simulation Association 2004)
more...
Works (2):
  • 教育と学びにおける創造性と多様性 (CIEC20周年記念シンポジウム 教育と学びにおける創造性と多様性)
    山内 祐平, 熊坂 賢次, 妹尾 堅一郎 2016 - 現在
  • 教育と学びにおける創造性と多様性 (CIEC20周年記念シンポジウム 教育と学びにおける創造性と多様性)
    山内 祐平, 熊坂 賢次, 妹尾 堅一郎 2016 - 現在
Education (2):
  • 2003 - Keio University Graduate Shool of Media and Governance
  • 1997 - Keio University Faculty of Environmental Information
Professional career (1):
  • Media and Governance (Keio University)
Work history (2):
  • 2002/04 - 2004/03 Assistant Professor, Faculty of Policy Informatics, Chiba University of Commerce
  • 1999/04 - 2002/03 JSPS Research Fellow (DC1), Japan Society for the Promotion of Science
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page