Rchr
J-GLOBAL ID:200901064175742910   Update date: Nov. 12, 2017

Washida Mutsuro

ワシダ ムツロウ | Washida Mutsuro
Affiliation and department:
Job title: Others
Other affiliations (2):
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (10): 西洋史 ,  古代ローマ ,  ローマ史 ,  ローマ ,  ワイン ,  政治制度 ,  政治史 ,  共和政 ,  古典の受容 ,  Western History
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2020 先端光学機器によるオスティア・アンティカ遺跡・遺物の文字情報調査
  • 2011 - 2011 ローマ共和政後期における政治環境 --共和政後期~帝政初期におけるマルスの野における政治参加状況の変貌を中心に
  • ローマ共和政末期における政治環境
  • Political Environment in the Late Republican Rome
Papers (10):
  • WASHIDA Mutsuro. Reconsideration on latifundium: Villa dell'Auditorium and Villa Economy System. Journal of History for Public. 2016. 13. 146-177
  • WASHIDA Mutsuro. On Ingenium: Thinking "the Competitive Political Culture" in the Late Republican Rome. 2014. 48. 51-76
  • 髙橋亮介, 鷲田睦朗. (翻訳・解題)ヘンリック・ムーリツェン「民衆/民会の権力:ローマ政体への新しいアプローチ」. パブリック・ヒストリー. 2010. 7. 86-104
  • 鷲田 睦朗. 共和政期ローマにおける「民主政」という虚構--H.ムーリツェン「民衆/民会の権力」論文を通して--. 古代史年報. 2010. 8. 1-7
  • 鷲田 睦朗. 「カティリーナ」の近代における受容研究のための覚え書き. 古代史年報. 2009. 7. 10-15
more...
MISC (21):
  • 林 智良, リナ・ルビンスタイン(栗原, ジョナサン・パウエル, 鷲田. (シンポジウム報告翻訳)ギリシア・ローマにおける集団と弁護(古代ギリシア世界における集団弁論と弁護、キケロ時代のローマにおける複数人による代弁). 阪大法学. 2015. 64. 5. 461-483
  • 鷲田 睦朗. 南川高志著 『新・ローマ帝国衰亡史』. パブリック・ヒストリー. 2014. 11. 142-144
  • 鷲田 睦朗. 與那覇潤著『中国化する日本--日中「文明の衝突」一千年史』. パブリック・ヒストリー. 2013. 10. 150-154
  • 鷲田 睦朗. 本村凌二編著『ラテン語碑文で楽しむ古代ローマ』. 古代文化. 2012. 64. 1. 145-145
  • 鷲田 睦朗. 音楽堂のウィッラと都市ローマ--ローマ近郊研究の一動向--(大阪大学西洋史学会 若手セミナー第15回). パブリック・ヒストリー. 2012. 9. 148
more...
Books (5):
  • An Introduction to the Pjilosophy of Rights
    2017 ISBN:4784515585
  • 歴史人別冊 世界史人 ローマ帝国の繁栄と滅亡の真相 (ベストムックシリーズ・65)
    KKベストセラーズ 2014 ISBN:4584205655
  • Y. Nakai and P. Carafa(eds.), Memory of the Past and its Utility: Nation, State, Society and Identity
    Scienze e lettere 2014 ISBN:9788866870494
  • フィクション論への誘い-文学・歴史・遊び・人間
    世界思想社 2013 ISBN:4790715825
  • カティリーナの陰謀
    大阪大学出版会 2008 ISBN:4872592743
Lectures and oral presentations  (28):
  • x
    (WM000764 2016)
  • x
    (WM000764 2016)
  • x
    (WM000764 2016)
  • x
    (WM000764 2016)
  • x
    (WM000764 2016)
more...
Education (4):
  • 1998 - 2003 大阪大学大学院 文化形態論 博士後期課程
  • 1996 - 1998 大阪大学大学院 文化形態論 博士前期課程
  • - 1998 Osaka University
  • 1992 - 1996 Osaka University
Professional career (1):
  • (BLANK) (Osaka University)
Work history (10):
  • 2017/04 - 現在 Kobe City University of Foreign Studies
  • 2013/04 - 現在 Doshisha University Institute for the Study of Humanities and Social Sciences.
  • 2010/04 - 現在 Kyoto Tachibana University
  • 2004/09 - 現在 Osaka International University
  • 2011/02 - 2011/04 大阪大学文学研究科 「多言語多文化研究に向けた複合型派遣プログラム」「個人リサーチ」派遣者
Show all
Committee career (1):
  • 2003/04 - 2004/03 大阪大学西洋史学会 『パブリック・ヒストリー』創刊号編集長
Association Membership(s) (3):
大阪大学西洋史学会 ,  日本西洋古典学会 ,  日本西洋史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page