Rchr
J-GLOBAL ID:200901064195772262   Update date: May. 21, 2021

SUZUKI Yohko

スズキ ヨウコ | SUZUKI Yohko
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Public law
Research keywords  (6): 立法事実の変遷 ,  Legislative Facts ,  signing statement ,  Separation of Powers ,  憲法 ,  Judicial review
Papers (13):
  • SUZUKI Yohko. A Transition in Legislative Fact in the Case of Overseas Voting. 2020. 23. 2
  • 鈴木陽子. 「海外渡航の制限と取材の自由」. 『武蔵野学院大学研究紀要』. 2018. 16
  • 鈴木陽子. 「アメリカ大統領の立法過程における関与の限界」. 『憲法研究』. 2017. 50
  • 鈴木陽子. 「アメリカ大統領による署名時声明の利用とその特徴-署名時声明に権力分立の機能を見出す試み-」. 『武蔵野学院大学研究紀要』. 2016. 14
  • 鈴木陽子. 「アメリカ合衆国大統領の議会との関係においてSigning Statementが果たす機能の可能性」. 『研究報告人文系編』芝浦工業大学. 50. 2
more...
MISC (5):
  • 鈴木 陽子. ドイツにおける馬術競技馬のドーピングについての実地調査. 東洋大学現代社会総合研究所『スポーツの現代的課題』プロジェクトペーパー. 2019. 20
  • 鈴木 陽子. 「スポーツルールにおける安全・危機管理システムー馬術競技における安全危機管理ルールについてー」. 東洋大学現代社会総合研究所『スポーツの現代的課題』プロジェクトペーパー. 2016. 7
  • 鈴木陽子. 「権力分立(三権分立)論をめぐる研究と問題の整理」. 『東洋法学』. 第57巻. 2号
  • 鈴木陽子. 「権力分立論における権力分割と均衡-統治行為論を考えるための問題意識と先行研究-」. 『東洋法学』. 第56巻. 3号
  • 鈴木陽子. 「憲法解釈論争-1912年-」. 学校法人武蔵野学院『創立百周年記念誌』
Books (5):
  • Basics of Jurisprudence and Constitutional Law
    2021
  • 憲法入門講義
    一藝社 2021
  • 公法基礎入門[改訂増補第2版]
    八千代出版 2015
  • ファンダメンタル 法学・憲法
    税務経理協会 2013
  • 資料でみるからよくわかるトピックスくらしの法
    芦書房 2001
Education (3):
  • 1995 - 1997 Komazawa University
  • - 1995 Komazawa University Department of Law
  • Toyo University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • 博士(法学)
Work history (12):
  • 2020/04 - 現在 Takasaki City University of Economics Graduate School of Regional Policy
  • 2019/04 - 現在 Takasaki City University of Economics Faculty of Regional Policy, Department of Regional Policy
  • 2017/04 - 現在 Tamagawa University College of Education
  • 2015/04 - 現在 Shibaura Institute of Technology College of Engineering and Design
  • 2014/04 - 現在 Toyo University
Show all
Committee career (2):
  • 2018/04 - 現在 埼玉県情報公開審査会 委員
  • 2017/10 - 現在 憲法学会 理事
Association Membership(s) (4):
比較憲法学会 ,  JAPAN PUBLIC LAW ASSOCIATION ,  憲法学会 ,  日本国際政治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page