Rchr
J-GLOBAL ID:200901064361728269   Update date: Sep. 29, 2020

Kusanagi Yuka

クサナギ ユカ | Kusanagi Yuka
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (15): オートノミー ,  ドラマ 群読 ,  身振り ,  非言語コミュニケーション ,  第2言語習得論 ,  応用言語学 ,  英語教授法 ,  Learner Autonomy ,  Gundoku ,  Drama in Education ,  Nonverbal Communication ,  Gesture ,  Second Language Acquisition ,  Applied Linguistic ,  TEFL
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2012 - 2014 多読
  • 2012 - 2014 Extensive Reading
  • ドラマ・イン・エデュケーション
  • 群読
  • 学習者オートノミー
Show all
MISC (33):
  • 深谷素子, 小林めぐみ, 草薙優加. フィンランド教育におけるマッピングの位置づけ:マッピング実践者へのインタビューに基づく一考察. 『慶應義塾大学外国語教育研究』. 2014. 第10号. 43-65
  • 草薙優加. 言語教室におけるTeacher Gestureの考察-足場掛けの視点から-. JACET 言語教師認知研究会 研究集録 2013. 2013. 16-30
  • 英語群読. 日本群読教育の会 第12回全国研究集会長崎大会紀要. 2013. 57-69
  • 草薙優加. 受身学生の自律性育成を目指す授業. 高等教育における英語授業の研究:学習者の自律性を高めるリメディアル教育. 2012. 47-48
  • Y, Kusanagi. The Arts Approach: One Potential Way to Develop Learners’ Confidence and Attitude in English Speaking and Communication. TOHOKU TEFL (JACET TOHOKU Chapter). 2012. 4. 13-28
more...
Books (3):
  • 英語教育大系 第4巻 21世紀のESP
    大修館書店 2010
  • 『実践シリーズ4・古典を楽しむ〔指導案例付き〕-俳句から平家物語まで-CD付き』
    高文研 2008
  • 高等教育における英語授業の研究-授業実践事例を中心に
    松柏社 2007
Lectures and oral presentations  (59):
  • 多読活性化のためにフィンランド教育から学ぶ:マインドマップ実践報告を中心に
    (日本国際教養学会 2014)
  • 群読の英語教育への援用-その導入と教育効果
    (国際表現言語学会 第5回大会 2013)
  • Referential use of gestures in foreign language instruction
    (Temple University Japan Discourse Lab 2013)
  • What is Good Teaching? A Study of English Lessons through Teacher Gesture Observation and Interview
    (Temple University Japan Discourse Lab 2013)
  • シンポジウム『自律的英語学習を支える足場かけ』 「学習者オートノミーを向上させる教室コミュニティづくり:教員身ぶりによる足場かけの考察」
    (JACET第52回国際大会 2013)
more...
Professional career (1):
  • Master of Education in Teaching English to Speakers of Other Languages (TESOL) (Temple University, Japan Campus, Graduate College of Education)
Work history (1):
  • Gunma University Associate Professor
Committee career (23):
  • 2010/04 - 第49回JACET全国大会実行委員会 大会実行委員(2010年4月?2010年9月)
  • 2009/09 - 大学英語教育学会 (JACET) 学会賞選考委員会 副委員長(2009年9月?)
  • 2008/08 - 社員(2008年8月?2010年3月)
  • 2008/04 - 代議員(2008年4月?7月)
  • 2007/04 - 東北支部 支部紀要委員 (2007年4月?2010年3月)
Show all
Association Membership(s) (14):
日本国際教養学会 ,  大学英語教育学会 (JACET) 言語教師認知研究会 ,  東北・北海道地区一般教育研究会 ,  身振り研究会 ,  国際表現言語学会 (The International Association of Performing Language) ,  秋田・市民のメディア研究会 ,  大学英語教育学会 (JACET) 自律学習研究会 ,  日本全国群読教育の会 ,  大学英語教育学会 (JACET) ,  The Asian Association of Teachers of English as a Foreign Language (Asia TEFL) ,  「言語と人間」研究会 ,  全国語学教育学会 (JALT) ,  横浜「言語と人間」研究会 ,  The Asian Association of Teachers of English as a Foreign Language (Asia TEFL)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page