Rchr
J-GLOBAL ID:200901064619816370   Update date: Oct. 14, 2019

Toshihiko Shinohara

Toshihiko Shinohara
Affiliation and department:
Job title: Professor
Papers (8):
  • 篠原 敏彦. 日本の多国籍企業の子会社統制. 日本貿易学会年報. 2000. 37号. 149-152
  • 篠原敏彦. 多国籍企業の子会社統制に関する実証分析. 明治大学商学論叢. 1999. 81. 1/2. 181-197
  • 篠原敏彦. 多国籍企業における子会社活動の配置・調整. 明治大学社会科学研究所紀要. 1999. 38. 1. 89-102
  • 篠原敏彦. 多国籍企業における子会社活動の戦略的統合. 明治大学商学論叢. 1999. 81. 3/4. 323-336
  • 篠原敏彦. 多国籍企業における子会社の戦略的統制. 明治大学商学論叢. 1998. 80. 3/4
more...
MISC (7):
  • 篠原 敏彦. 国際取引と製造物責任. 明治大学商学論叢. 2000. 82. 1/2. 197-214
  • 篠原 敏彦. 多国籍企業の組織構造とプロセス. 明治大学商学論叢. 1997. 79. 3/4. 195-208
  • 篠原 敏彦. 国際市場戦略の基礎的考察. 明治大学商学論叢. 1994. 76. 1. 17-38
  • 篠原 敏彦. ポジショニング分析の応用について. 明治大学短期大学紀要. 1990. 48. 77-99
  • 篠原 敏彦. ネットワークとしての 多国籍企業. 明治大学短期大学紀要. 1988. 43. 15-31
more...
Books (23):
  • 貿易入門
    大月書店 2017
  • 英語と日本語で学ぶビジネスの第一歩
    同文舘 2017
  • 世界の大学の先端的ビジネス研究
    同文舘 2013
  • 貿易用語辞典
    白桃書房 2006
  • 現代保険学の諸相
    2005
more...
Lectures and oral presentations  (3):
  • サービス業における文化的知性の役割に関する一考察 曽我 寛人、庄司真人、篠原敏彦 2019年5月26日
    (日本貿易学会 第59回 全国大会 2019)
  • サービスの特性とサービス業の海外進出に関する考察 庄司真人、曽我 寛人、篠原敏彦
    (日本貿易学会 第59回 全国大会 2019)
  • Review on Process orientation in International Markets : A case study on Japanese Firms
    (2015)
Education (3):
  • 1980 - 1983 Meiji University of Commerce
  • 1978 - 1980 Meiji University of Commerce
  • 1974 - 1978 Meiji University Department of Commerce
Professional career (1):
  • 修士(商学)
Work history (12):
  • 2000/04 - 現在 Meiji University School of Commerce
  • 2000/04 - 2002/03 University of Washington
  • 1994/04 - 2000/03 Meiji University School of Commerce
  • 1995/04 - 1999/03 Asia University Junior College
  • 1996/04 - 1997/03 Chiba University of Commerce
Show all
Committee career (5):
  • 2017/05 - 2022/05 日本貿易学会 会長・理事
  • 2007/07 - 2015/07 アジア市場経済学会 理事
  • 2013/05 - 2015/05 日本貿易学会 会長・理事
  • 2011/05 - 2015/05 日本貿易学会 理事
  • 2005/05 - 2009/05 日本貿易学会 理事
Association Membership(s) (4):
日本貿易学会 ,  日本組織学会 ,  国際ビジネスコミュニケーション学会 ,  アジア市場経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page