Rchr
J-GLOBAL ID:200901064715817710   Update date: Nov. 21, 2018

KAJI Koichi

KAJI Koichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Homepage URL  (2): http://www.tuat.ac.jp/~wildlife/http://www.tuat.ac.jp/~wildlife/
Research field  (3): Integrative animal science ,  Ecology/Environment ,  Conservation of biological resources
Research keywords  (1): Wildlife Ecology and Management
Research theme for competitive and other funds  (20):
  • 2016 - 2019 ニホンジカの低密度過程における生態系レジリエンス機能の評価手法の検討
  • 2014 - 2015 生態・形態・遺伝情報に基づくニホンジカの島嶼化プロセスとメカニズムの解明
  • 2013 - 2015 過採食のもたらす植生とシカへのフィードバック効果:過採食の生態学的意義
  • 2010 - 2010 生態系許容限界密度指標を用いた自然公園の管理方法の開発
  • 2009 - 2012 長期的餌資源制限がニホンジカの生活史特性へ及ぼすフィードバック効果の解明
Show all
Papers (147):
  • Ueno M, Iijima H, Takeshita K, Takahashi H, Yoshida T, Uhara H, Igota H, Matsuura Y, Ikeda T, Azumaya M, and Kaji K. Robustness of adult female survival maintains a high-density sika deer (Cervus nippon) population following the initial irruption. Wildlife Research. 2018. 45. 2. 143-154
  • Takeshita K, Ueno M, Takahashi H, Ikeda T, Mitsuya R, Yoshida T, Igota H, Yamamura K, Yoshizawa R, and Kaji K. Demographic analysis of irruptive dynamics of an introduced sika deer population. Ecosphere. 2018. in press
  • 横山真弓・梶光一. 東アジアのモデルとなる野生動物管理を. グリーンパワー. 2017. 2018(1). 8-9
  • Umeruma Y, Koike S, Kozakai C, Yamazaki K, Nemoto Y, Nakajima A, Kohari M, Abe S, Masaki T, Kaji K. Using a novel method of potential available energy to determine masting condition influence on sex-specific habitat selection by Asiatic black bears. Mammalia. 2017. 82. 3
  • Takeshita, Kazutaka; Tanikawa, Kiyoshi; Kaji, Koichi. Applicability of a Bayesian state-space model for evaluating the effects of localized culling on subsequent density changes: sika deer as a case study. EUROPEAN JOURNAL OF WILDLIFE RESEARCH. 2017. 63. 4
more...
MISC (53):
Books (35):
  • ヒグマの生息分布と捕獲個体の分析 『エゾヒグマその生活を探る』シリーズ日本の野生動物3 ヒグマ(分担執筆)
    汐文社 1982
  • エゾシカ.『知床の動物』(大泰司紀之・中川元編著)(分担執筆)
    北海道大学図書刊行会 1988
  • 『世界のシカ・クマ保護管理の現状と北海道の将来方向:フォ-ラム「大型野生動物との共存を目指して」報告書』 (大泰司紀之・梶光一・間野勉編)
    野生生物情報センター 1990
  • Influence of sika deer on forests of Nakanoshima Island, Hokkaido.In: Global trends in wildlife management. B. Bobeck, K. Prezaowski, and W. Regelin (eds). Transactions: The 18th Congress of the International Union of Game Biologists. August 1987. Krakow,
    Swiat Press 1992
  • The status of the brown bear in Hokkaido, Japan.In: Global trends in wildlife management. B. Bobeck, K. Prezaowski, and W. Regelin (eds). Transactions: The 18th Congress of the International Union of Game Biologists. August 1987. Krakow, Poland
    Swiat Press 1992
more...
Lectures and oral presentations  (157):
  • 森林科学と野生動物管理
    (第48回日本林学会北海道支部大会 1999)
  • エゾシカの生態と個体群管理
    (第37回氷雪セミナー 日本分析化学会北海道支部 2001)
  • GPSによる野生動物の追跡の現状と課題
    (2001)
  • エゾシカの分布特性と可猟区の設定
    (国際景観生態学会北海道支部大会公開シンポジウム 2001)
  • 北海道におけるエゾシカの保護管理
    (海道畜産学会招待後援 東京農業大学 網走市 2003)
more...
Works (2):
  • チベット高原の有蹄類の生息調査
    1985 - 1985
  • タイ王国「発展途上国の道路セクタ-に係わる環境影響調査のガイドライン作成」による野生動物の生息状況の現地調査(OECF)
    1989 - 1989
Education (2):
  • - 1978 Hokkaido University Faculty of Agriculture Department of Forestry
  • - 1986 北海道大学 Graduate School, Division of Agriculture 林学専攻
Work history (6):
  • 1987/04 - 1989/03 日本学術振興会特別研究員
  • 1991/06 - 2000/03 北海道環境科学研究センター自然環境部野生動物科長
  • 2000/04 - 2004/03 北海道環境科学研究センター自然環境部自然環境保全科長
  • 2004/04 - 2006/03 北海道環境科学研究センター自然環境部主任研究員兼自然環境保全科長
  • 2006/04 - 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 教授
Show all
Awards (17):
  • 2016/09/24 - 一般社団法人日本哺乳類学会 一般社団法人日本哺乳類学会学会賞 授賞題目:個体群生態学に基づく大型哺乳類の個体群管理に関する日本の哺乳類学発展への寄与 授賞概要:「哺乳類学に関する一連の研究を通じて国際的にも評価される成果をあげ,哺乳類学の発展に多大な貢献をした会員に与えられる賞」
  • 2014/03/18 - 日本生態学会 日本生態学会第61回全国大会ポスター優秀賞 奄美大島におけるフイリマングース(Herpestes auropunctatus) の残存地域特性の解析と残存リスクの地域別評価
  • 2013/06 - 第23回日本景観生態学会ポスター最優秀賞 エゾシカの高密度化により植生構造が改変した洞爺湖中島におけるヤブサメの生息地選択
  • 2012/11 - 21th International Association for Bear Research and Management.Best Poster Presentation
  • 2011/10/15 - 日本野生生物保護学会 第17回野生生物保護学会北海道大会最優秀ポスター賞 エゾシカ個体群の群れ構成調査におけるカメラトラップ法の評価
Show all
Association Membership(s) (9):
個体群生態学会 ,  応用動物行動学会 ,  日本哺乳類学会 ,  日本哺乳類学会 ,  日本生態学会 ,  日本哺乳類学会 ,  日本哺乳類学会 ,  Wilflife Conservation Japan ,  Wilflife Conservation Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page