Rchr
J-GLOBAL ID:200901065745209907   Update date: Jul. 14, 2011

Numano Teruhiko

ヌマノ テルヒコ | Numano Teruhiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Criminal law
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 過失犯
  • Criminal Negligence
MISC (27):
  • 沼野 輝彦. 企業事故に伴う死傷事故と法人の刑責 -イギリス内務省Corporate killng罪草案を素材としてー. 法学紀要. 2007. 48. 1-42
  • 沼野 輝彦. Duressの法理と期待可能性の理論 ー刑事司法実務における免責事由としての比較を中心としてー. 日本法学. 2006. 72. 3. 67-101
  • NUMANO Teruhiko. Defense of Duress and Theory of Kitai-Kanousei -An Examination of Diffences In Judicial Proceeedings as Indemnifificatoin-. NIHON HOGAKU. 2006. 72. 3. 67-101
  • 沼野 輝彦, 板倉宏博士古稀祝賀論文集編集委員会. 両罰規定における過失責任説批判-失業保険料不納付事件(最判昭和31年12月11日)を素材として-. 現代社会型犯罪の諸問題. 2004
  • 沼野 輝彦. 期待可能性. 刑法判例百選I総論[第五版]. 2003. 166. 122-123
more...
Books (16):
  • 要説コンメンタール「刑法総論」
    三省堂 1992
  • 要説コンメンタール「刑法各論」
    三省堂 1992
  • 企業・20世紀の犯罪者(翻訳)
    学陽書房 1990
  • ホーンブック「刑法総論」
    北樹出版 1990
  • ホーンブック「刑法各論」
    北樹出版 1990
more...
Education (4):
  • - 1946 The University of Tokyo
  • - 1946 The University of Tokyo
  • - 1941 The University of Tokyo
  • - 1941 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 法学修士
Association Membership(s) (2):
日本刑法学会 ,  犯罪社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page