Rchr
J-GLOBAL ID:200901066339094054   Update date: Feb. 19, 2021

Hosoya Ken

ホソヤ ケン | Hosoya Ken
Affiliation and department:
Homepage URL  (2): http://www2.kpu.ac.jp/life_environ/poly_mat_design/index.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f514d9c18e67dcc1e463f708e3a44e16.html
Research field  (6): Green/sustainable/environmental chemistry ,  Functional solid-state chemistry ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology
Research keywords  (4): 環境化学 ,  Organic Chemistry ,  Analytical Chemistry ,  Polymer Chemistry
Papers (224):
MISC (37):
  • 久保拓也, 渡部悦幸, 細矢憲. 分子インプリント技術を応用した環境分析技術・浄化材料の開発. 月刊ファインケミカルズ CMC. 2010. 39. 12. 30-36
  • T. Kubo, K. Hosoya. Selective concentration of water-soluble natural toxins using polymer based materials. 6th International Workshop on WATER DYNAMICS. 2009
  • Koji Nemoto, Takuya Kubo, Makoto Nomachi, Tomoharu Sano, Takatoshi Matsumoto, Ken Hosoya, Tetsutaro Hattori, Kunimitsu Kaya. Simple and effective 3D recognition of domoic acid using a molecularly imprinted polymer (vol 129, pg 13626, 2007). JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2008. 130. 2. 774-774
  • T. Kubo, Y. Tominaga, K. Kaya, K. Hosoya. Effective pretreatment for Saxitoxins using novel adsorption medium prepared by interval immobilization technique. 21st PREP 2008. 2008
  • T. Kubo, Y. Tominaga, K. Hosoya. Effective molecular recognition for ionic compounds by the interval immobilization technique. MIP 2008. 2008
more...
Patents (68):
  • 高速液体クロマトグラフィー用充填材の製造法
  • 光学異性体分離用有機多孔性粒子の製造方法
  • 新規な分離用樹脂及びその製造方法
  • Preparation of surface-functional polymer particles.
  • リポ蛋白質分離用樹脂
more...
Books (22):
  • 研究室紹介
    日本工業出版 2020
  • 防臭や抗菌などの機能を印刷する
    日本工業出版 クリーンテクノロジー pp 16 - 22 2019
  • 化学の基本シリーズ 2 有機化学
    化学同人 2017
  • 製品中に含まれる (超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ - 試料前処理からデータ解釈まで -
    技術情報協会 2014
  • 図解 最先端イオン交換技術のすべて
    工業調査会 2009
more...
Lectures and oral presentations  (196):
  • 9.Automated analysis of bisphenolA and 17-beta-estradiol in river water using column switching LCMS.
    (31st International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Relatede Techniques, HPLC 2007 2007)
  • エポキシ系モノリス
    (LC勉強会2007第一回講演会 2007)
  • ポリマー基材モノリス型キャピラリカラムの再現性
    (第14回クロマトグラフィーシンポジウム 2007)
  • ガス状芳香族炭化水素の選択的吸着基材の開発
    (第3回環境ナノテクワークショップ 2007)
  • 発泡状吸着媒体の開発と利用
    (第16回環境化学討論会 2007)
more...
Works (78):
  • プリント配線板用写真現像型液状レジストの水性化と高機能化
    2005 - 2007
  • 空調ロス削減のための排気誘導型システムと誘導装置の研究開発
    2005 - 2007
  • プリント配線板用写真現像型液状レジストの水性化と高機能化
    2005 - 2007
  • 空調ロス削減のための排気誘導型システムと誘導装置の研究開発
    2005 - 2007
  • ポリマーモノリスによるチューブ内機能化に関する研究
    2004 - 2007
more...
Education (2):
  • - 1987 Kyoto University
  • - 1987 Kyoto University
Professional career (2):
  • 京都大学理学博士 (京都大学)
  • 工学修士 (京都工芸繊維大学)
Work history (5):
  • 2011/04 - 現在 Kyoto Prefectural University Graduate School of Environmental Sciences Professor
  • 2008/04 - 2011/03 Tohoku University Graduate School of Environmental Studies Professor
  • 2007/01 - 2008/03 Tohoku University Graduate School of Environmental Studies Associate Professor
  • 1996/06 - 2007/01 Kyoto Institute of Technology Department of Textile Science Associate Professor
  • 1988/04 - 1996/05 Kyoto Institute of Technology Department of Textile Science Assistant Professor
Committee career (12):
  • 2009 - 日本分析化学会 Analytical Sciences 編集委員
  • 2009 - 日本分析化学会 Analytical Sciences 編集委員
  • 2007 - 日本分析化学会 東北支部 幹事
  • 2007 - 日本分析化学会 東北支部 幹事
  • 2006 - 2006 日本分析化学会 近畿支部 常任幹事
Show all
Awards (19):
  • 2021/01 - Kyoto City Kyoto Environmental Award
  • 2019/12 - Kyoto City Kyoto Environmental Award
  • 2013/06 - 京都府公立大学法人 京都府公立大学法人功績表彰 機能性高分子多孔体の開発とクロマトグラフィー分析の簡便化
  • 2012/11 - クロマトグラフィー科学会 2012年度クロマトグラフィー科学会学会賞 機能性高分子多孔体の開発とクロマトグラフィー分析の簡便化
  • 2010/03 - グリーンサステイナブルケミストリーネットワーク 第10回GSCシンポジウムポスター賞 分子インプリント技術を応用した環境分析技術・浄化材料の開発
Show all
Association Membership(s) (21):
日本化学会 近畿支部 ,  日本分析化学会 近畿支部 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本分析化学会 ,  日本薬学会 ,  高分子学会 ,  クロマトグラフィー科学会 ,  American Association for the Advancement of Science ,  日本化学会 近畿支部 ,  日本分析化学会 近畿支部 ,  日本分析化学会 東北支部 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本分析化学会 ,  日本薬学会 ,  高分子学会 ,  クロマトグラフィー科学会 ,  Materials Research Society ,  American Association for the Advancement of Science ,  THE SOCIETY OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY, JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page