Rchr
J-GLOBAL ID:200901066466766312   Update date: Jun. 16, 2017

YOSHIKOSHI Akihisa

ヨシコシ アキヒサ | YOSHIKOSHI Akihisa
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (2): Geography ,  Meteorology/Physical oceanography/Hydrology
Research keywords  (1): Meteorology, Oceanic Physics, Limnology, Physical Geography, urban hydrology, human activities, urbanization, Human hazard, Cultural heritage, Disaster mitigation, Hitorical city, Asian cities, Water, Material, Heat
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2006 - 2010 都市の地下環境に残る人間活動の影響 (Human impacts on ruban subsurface environment)
  • 2005 - 2009 文化遺産と芸術作品を自然災害から防御するための学理の構築
  • 2003 - 2006 文化遺産を核とした歴史都市の防災研究拠点
  • 2002 - 2003 歴史時代の環境復原に関する古水文学的研究
  • 1995 - 1995 阪神震災地域の特性と国際的救助活動に関する地理学的研究
Papers (184):
  • 吉越昭久. 都市の発展と水環境問題の変化. 山下亜紀郎編著『土地利用でみるアジアの都市化と自然環境』筑波大学出版会. 2016. 1-18,111-131
  • 吉越昭久. 谷岡武雄先生のご逝去を悼む. 立命館地理学. 2015. 27. 1-4
  • 吉越昭久. 小野芳朗編著『水系都市 京都ー水インフラと都市拡張ー』思文閣出版、2015年、290頁、5,400円+税、ISBN978-4-7842-1815-8. 人文地理. 2015. 67. 5. 432-433
  • 赤石直美・吉越昭久. 「第7回夏休みにみんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト」事業報告. 京都歴史災害研究. 2014. 15. 33-36
  • 吉越昭久. 地理学が活動する舞台としての「文化遺産防災学」. 立命館大学文学部地域研究学域『地域研究の扉』. 2013. 47
more...
MISC (2):
  • 吉越昭久. 鴨川の「寛文新堤」の機能と効果. 一般社団法人京都市防災協会編「災害に強いまちづくり講座」平成26年度講演録. 2015. 17-21
  • 吉越昭久. 歴史災害の復原からみる減災の知恵ー火災と水害をもとしにした抽出と応用. 立命館大学「テキスト文化遺産防災学」刊行委員会編『テキスト文化遺産防災学』(学芸出版社)所収. 2013. 29-41
Books (58):
  • 国民百科事典
    平凡社 1977
  • 奈良県の地理
    奈良新聞社 1979
  • 滋賀県の自然
    滋賀県自然保護財団 1979
  • 地表空間の組織
    古今書院 1981
  • 日本歴史地理用語辞典
    柏書房 1981
more...
Lectures and oral presentations  (65):
  • 西条盆地の水収支と地下水
    (日本地理学会 1974)
  • 余呉湖流域の水収支
    (日本地理学会 1974)
  • 淀川流域の水収支
    (日本地理学会 1975)
  • 西条盆地の流域貯留量変化と地下水環境について
    (日本地理学会 1976)
  • 地下ダムに関する水文学的アプローチ
    (奈良地理学会 1976)
more...
Education (2):
  • - 1972 Ritsumeikan University Faculty of Literature Geography
  • - 1976 Ritsumeikan University "Graduate School, Division of Letters" Geography
Professional career (1):
  • Master of Arts (Ritsumeikan University)
Work history (7):
  • 1976/04/01 - 1979/03/31 Research associate,Nara University
  • 1979/04/01 - 1983/03/31 lecturer,Nara University
  • 1985/08/30 - 1986/08/31 Research Fellow,University of Exeter,U.K.
  • 1983/04/01 - 1992/03/31 Associate Professor,Nara University
  • 1992/04/01 - 1995/03/31 Professor,Nara University
Show all
Association Membership(s) (5):
日本地理学会 ,  日本水文科学会 ,  人文地理学会 ,  英国水文学会(British Hydrological Society) ,  歴史地理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page