Rchr
J-GLOBAL ID:200901066469139041   Update date: Jan. 03, 2022

BEUCKMANN Fusako

ボイクマン フサコ | BEUCKMANN Fusako
Affiliation and department:
Job title: Researcher
Research field  (1): Japanese language education
Research keywords  (5): Teaching Japanese Language ,  Sociolinguistics ,  Second Language Acquisition ,  Language Testing ,  Interlanguage Acquisition
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2026 Speaking Test for Foreign Languages Placement on Higher Education
  • 2020 - 2023 Development and Validation on Japanese Speaking Test (STAR) for Placement
  • 2019 - 2022 日本語教育プログラム論構築に向けたプログラム開発過程標準モデルの生成
  • 2016 - 2018 日本語学習者の留学における語用論能力の習得に関する研究
  • 2015 - 2017 日本語教育プログラム論構築のための基礎研究
Show all
Papers (51):
  • 札野寛子, 徳永あかね, 大河原尚, 鈴木秀明, 松下達彦, ボイクマン総子. 日本語教育プログラム開発事例の探求-非日本語教師と日本語教師の関わりの観点から-. 2021年度日本語教育学会秋季大会予稿集. 2021. 261-266
  • ボイクマン総子, 札野寛子, 徳永あかね, 大河原尚, 鈴木秀明, 松下達彦. ビジネス現場で日本語教育プログラムの受注時に求められる日本語教師の資質. 2021年度日本語教育学会秋季大会予稿集. 2021. 42-49
  • NEMOTO Aiko, BEUCKMANN Fusako, MATSUSHITA Tatsuhiko. Situational Task Ratings by Non-specialists: Validation of Japanese Speaking Test for Placement. Journal of Japanese Language Teaching. 2020. 177. 1-16
  • Fusako Beuckmann, Aiko Nemoto, Tatsuhiko Matsushita. Japanese Speaking Placement Test: Validation of a Task and an Evaluation Tool. Japanese Language Education. 2020. 175. 146-154
  • ボイクマン総子, 根本愛子, 松下達彦. プレースメントのための日本語スピーキングテストSTARの開発. 日本語教育方法研究会誌. 2019. 25. 2. 2-3
more...
MISC (3):
  • Fusako Beuckmann. ことばの疑問:ちゃんと聞いているつもりなのに,「聞いてる?」「この話,つまらない?」などと言われます。どうしたらいいでしょう. https://kotobaken.jp/qa/yokuaru/qa-111. 2021
  • Fusako Beuckmann. ことばの疑問:反対意見はどのように伝えるのがいいのでしょうか. https://kotobaken.jp/qa/yokuaru/qa-110. 2021
  • Fusako Beuckmann. ことばの質問:年上には『です,ます』を使って話さないと失礼でしょうか。他人行儀になりませんか. 2020
Books (14):
  • 新・生きた素材で学ぶ 新・中級から上級への日本語
    THE JAPAN TIMES 2012 ISBN:9784789014625
  • わたしのにほんご 初級から話せるわたしの気持ち・わたしの考え
    くろしお出版 2012
  • ストーリーで覚える漢字301-500
    くろしお出版 2010
  • プロフィシェンシーと日 本語教育
    ひつじ書房 2009
  • ストーリーで覚える漢字300
    2008
more...
Lectures and oral presentations  (46):
  • ビジネス現場で日本語教育プログラムの受注時に求められる日本語教師の資質
    (2021年度日本語教育学会秋季大会 2021)
  • 日本語教育プログラム開発事例の探求-非日本語教師と日本語教師の関わりの観点から-
    (2021年度日本語教育学会秋季大会 2021)
  • Development and Validation of Reading Aloud and Shadowing Tasks for Japanese Speaking Test: Using the Argument-Based Validation Framework
    (Japan Language Testing Association 2021)
  • 日本語の口頭能力評価
    (2021年日本語教育学実践研修会、国際交流基金北京日本文化センター 2021)
  • 英語学習者と日本語学習 者音声に対する多角的評価に関する実験的検討
    (日本音響学会 2021)
more...
Education (3):
  • 1997 - 2000 Osaka University of Foreign Studies
  • 1992 - 1994 Osaka University of Foreign Studies
  • 1988 - 1992 Osaka University of Foreign Studies
Professional career (2):
  • Doctor (Language and Culture) (Osaka University of Foreign Studies)
  • Master (Language and Culture) (Osaka University of Foreign Studies)
Work history (4):
  • 2019/09 - 現在 The University of Tokyo Graduate school of college of arts and sciences, Center for global communication strategies Professors
  • 2014/04 - 2019/08 The University of Tokyo Graduate school of college of arts and sciences, Center for global communication strategies Associate Professor
  • 2010/12 - 2014/03 The University of Tokyo, KOMEX Project associate professor
  • 2003/06 - 2005/03 National Institute for Japanese Language and Linguistics Japanese Language Education Researcher
Committee career (7):
  • 2020/04 - 現在 小出記念日本語教育研究会 編集委員(副委員長)
  • 2013 - 現在 アカデミック・ジャパニーズ・グループ 幹事
  • 2013 - 現在 日本語教育学会 日本語教育学会審査・運営協力員
  • 2009 - 2013 日本国際教育支援協会 日本語教育能力検定試験 作問委員
  • 2007 - 2013 日本語教育学会 教師研修委員会
Show all
Awards (1):
  • 2019/03 - 日本語教育方法研究会 第13回 奨励賞 プレースメントのための日本語スピーキングテストSTARの開発
Association Membership(s) (9):
International Language Testing Association ,  International Pragmatics Association ,  International Association of Applied Linguistics ,  日本第二言語習得学会 ,  PRAGMATICS SOCIETY OF JAPAN ,  The Japan Association for Research on Testing ,  The society for Teaching Japanese as a Foreign Language ,  The Japan Association for Research on Testing ,  Japan Language Testing Association (JLTA)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page