Rchr
J-GLOBAL ID:200901066628359210   Update date: Nov. 07, 2020

Mukai Tohru

ムカイ トオル | Mukai Tohru
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Aquaculture ,  Environmental dynamics ,  Aquaculture
Research keywords  (33): ターゲットストレングス ,  計量魚群探知機 ,  音響資源調査 ,  生体密度 ,  魚群探知機 ,  音響反射 ,  プランクトン ,  生体内音速 ,  水中音響 ,  海洋探査 ,  水中音響技術 ,  ローシー ,  海洋資源 ,  音速 ,  水中映像 ,  体密度 ,  動物プランクトン ,  体内通過音速 ,  タイムオブフライト法 ,  超音波散乱特性 ,  海洋生態 ,  カイアシ類 ,  雌雄判別 ,  オキアミ ,  スルメイカ ,  可視化 ,  海洋生態系 ,  FMTネット ,  デッドゾーン ,  ROV ,  水産音響 ,  Acoustic Information ,  Fisheries Acoustics
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2014 - 2016 海洋トワイライトゾーンに生息する動物プランクトンの定量モニタリング手法の開発
  • 2009 - 2011 Investigation on the acoustic scattering signatures of Copepods-The first step to conducting acoustic survey on copepods-
  • 2005 - 2007 音響技術を用いた水中映像定量化技術の開発
  • 2003 - 2005 医療超音波カメラを用いた海中生物の微細構造の解明
  • 2003 - 2005 VISUALIZATION AND QUANTIFICATION OF MARINE BIOLOGICAL RESOURCES USING BI-PLANE SCANNING SONAR
Show all
Papers (85):
more...
MISC (60):
Patents (1):
Lectures and oral presentations  (236):
  • 懸垂法によるスルメイカの広帯域ターゲットストレングス測定
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • 音響手法を用いたスケトウダラ稚魚に対するフレーム型中層トロール(FMT)の採集効率の昼夜比較
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • 計量魚群探知機を用いた道東沖ツノナシオキアミ現存量推定の自動化
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • 音響手法による琵琶湖固有種であるイサザの資源調査手法の開発
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • 津軽海峡の浅瀬地形上海面に筋目を形成する内部波の観測と数値実験
    (日本海洋学会大会講演要旨集 2018)
more...
Education (2):
  • - 1986 Hokkaido University
  • - 1986 Hokkaido University
Professional career (1):
  • Ph.D. (Hokkaido University)
Work history (10):
  • 2016/04 - 現在 Hokkaido University Faculty of Fisheries Sciences Professor
  • 2014 - Hokkaido University
  • 2005 - - 水産科学研究院助教授(海洋生物資源科学部門海洋資源計測学分野) 助教授
  • 2005 - - Associate Professor
  • 2000 - - 水産科学研究科助教授(環境生物資源科学専攻資源計測学講座) 助教授
Show all
Association Membership(s) (4):
日本水産学会 ,  海洋調査技術学会 ,  海洋音響学会 ,  アメリカ音響学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page