Rchr
J-GLOBAL ID:200901067826064167   Update date: Nov. 24, 2020

Akisumi Takeda

タケダ アキスミ | Akisumi Takeda
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Homepage URL  (2): http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~atake1/top/title.htmlhttp://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~atake1/top/title.html
Research keywords  (4): architectural lighting ,  tomb ,  ancient greece ,  historical architecture
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2016 - 2020 古代ギリシア建築の意匠と構造に関する研究-カリア地方の磨崖基の意匠と構造との関係
  • 2011 - 2013 古代地中海世界のヘレニズム期の複合墓・墳墓の地域性と時代性に関する研究
  • 2008 - 2010 古代地中海世界のヘレニズム期の磨崖墓の地域性と時代性に関する研究
  • 2004 - 2006 古代地中海世界のヘレニズム期の家型墓の地域性と時代性に関する研究
Papers (9):
MISC (31):
  • 武田明純, 樋口昌哉, 橋場太一. カリアの磨崖墓の構造特性 屋根形状の違いによる影響. 日本建築学会北海道支部研究報告集. 2019
  • 武田明純, 西澤岳夫. 平成30年度 三笠市炭鉱遺産調査及び図面調査報告書. 三笠市からの委託研究. 2019. 1-61
  • 樋口昌哉, 武田明純. 三笠市炭鉱遺構群の調査研究 -旧住友奔別炭鉱の沿革と現況、及び積込ポケット、立坑櫓についてー. 日本建築学会北海道支部研究報告集. 2018. 91. 425-430
  • 武田明純, 樋口昌哉. カリアの磨崖墓の構造特性 「ファサードの規模」と「墓室の規模や形状」との関係. 日本建築学会北海道支部研究報告集. 2018. 91. 443-446
  • 駒木定正, 西澤岳夫, 武田明純. 平成29年度 遠軽町生田原地域 北ノ王鉱山遺産調査報告書. 遠軽町委託研究調査報告書. 2018
more...
Books (13):
  • Historical buildins of Muroran No.8, Mitsubishi joint-stock company
    2016
  • 室蘭の歴史的建造物に関する研究 第六巻 向井倉庫の調査報告
    2015
  • 室蘭の歴史的建造物に関する研究 第七巻 小林洋服店の調査報告
    2015
  • 登別の歴史的建造物に関する研究 第一巻 登別温泉ふれあいセンターの調査報告
    2015
  • Technology and research which open a new chapter in the future
    北海道新聞社 2014
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • カリアの磨崖墓の構造特性 屋根形状の違いによる影響
    (日本建築学会北海道支部 2019)
  • カリアの磨崖墓の構造特性 「ファサードの規模」と「墓室の規模や形状」との関係
    (日本建築学会北海道支部報告 2018)
  • 三笠市炭鉱遺構群の調査研究 -旧住友奔別炭鉱の沿革と現況、及び積込ポケット、立坑櫓について-
    (日本建築学会北海道支部研究報告 2018)
  • カリアの磨崖墓の構造特性 墓の掘り出し方と墓室の規模の違いによる影響
    (日本建築学会北海道支部研究報告 2017)
  • カウノスノB10号墓の平面の設計法
    (日本建築学会北海道支部研究報告 2017)
more...
Education (3):
  • - 2002 Kumamoto University Dept. of Environment Science
  • - 2002 Kumamoto University Dept. of Environment Science
  • - 1997 Muroran Institute of Technology Department of Civil Enginnering and Architecture
Professional career (2):
  • 博士(工学) (熊本大学)
  • Doctor (Engineering) (Kumamoto University)
Committee career (5):
  • 2019/04/01 - 現在 日本建築学会 西洋建築史小委員会委員
  • 2019/04/01 - 現在 日本建築学会 西洋建築史小委員会委員
  • 2019/04/01 - 現在 日本建築学会 北海道支部 歴史意匠委員会 委員
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 日本建築学会北海道支部 支部研究実行委員会委員
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 日本建築学会北海道支部 支部研究実行委員会委員
Association Membership(s) (1):
Architectural Institute of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page