Rchr
J-GLOBAL ID:200901068224610019   Update date: May. 14, 2021

Toshio Nagashima

ナガシマ トシオ | Toshio Nagashima
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Aerospace engineering ,  Machine materials and mechanics
Research keywords  (2): Finite Element Method ,  Computational Mechanics
Research theme for competitive and other funds  (26):
  • 2020 - 2022 原子炉圧力容器内のき裂進展解析(フェーズ4)
  • 2018 - 2021 微細針による毛細血管・細静脈からの採血システムの開発(蚊のバイオミメティクス )
  • 2018 - 2021 XFEMの異種材界面を横切るき裂進展問題への適用
  • 2019 - 2020 原子炉圧力容器内のき裂進展解析(フェーズ3)
  • 2017 - 2020 ガラス切断シミュレーション
Show all
Papers (57):
more...
Books (11):
  • 計算破壊力学のための応用有限要素法プログラム実装
    コロナ社 2021 ISBN:9784339046694
  • 23の先端事例がつなぐ計算科学のフロンティア,計算で物事を理解する予測する
    近代科学社 2020
  • 設計技術者が知っておくべき有限要素法の基本スキル
    オーム社 2018 ISBN:9784274223082
  • 応力解析のための有限要素法理論とプログラム実装の基礎
    2018 ISBN:9784339046564
  • 『これだけ!有限要素法』
    2015 ISBN:9784798043777
more...
Lectures and oral presentations  (97):
  • 準三次元XFEMによるCFRP積層板の損傷進展解析手法の開発(第1部:解析手法、解析システム)
    (第62回構造強度に関する講演会 2020)
  • 準三次元XFEMによるCFRP積層板の損傷進展解析手法の開発(第2部:検証解析)
    (第62回構造強度に関する講演会 2020)
  • ヘビサイド関数だけを拡充したXFEMによる三次元熱応力解析
    (第25回計算工学講演会 2020)
  • 結合力モデルを用いたXFEMによるCFRP積層板の準静的押し込み試験解析,
    (第25回計算工学講演会 2020)
  • ヘビサイド関数だけを拡充したXFEMによる三次元熱応力解析,
    (第32回計算力学講演会 2019)
more...
Professional career (3):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • 工学修士 (東京大学)
  • 工学士 (東京大学)
Work history (10):
  • 2005/10/01 - 2006/03/31 Chuo University
  • 2004/10/01 - 2005/03/31 Chuo University
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 RIKEN
  • 2004/04/01 - 2004/09/30 Chuo University
  • 2003/10/01 - 2004/03/31 Chuo University
Show all
Committee career (1):
  • 2002/04/01 - 2003/03/31 理化学研究所 ものつくり情報技術統合化研究プログラム
Awards (5):
  • 2018/05/22 - 日本計算工学会 日本計算工学会論文賞 結合力モデルを用いた準三次元XFEMによるCFRP積層板の損傷進展解析
  • 2016/07/27 - The JACM Fellows Award
  • 2014/07 - 日本計算工学会 日本計算工学会第19回計算工学講演会ベストペーパーアワード受賞 結合力モデルを用いたXFEMに基づくき裂進展解析システムの開発
  • 2013/11 - 日本機械学会 日本機械学会計算力学部門 部門業績賞
  • 1992 - 日本航空宇宙学会 論文賞
Association Membership(s) (4):
日本航空宇宙学会 ,  日本機械学会 ,  日本計算工学会 ,  日本複合材料学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page