Rchr
J-GLOBAL ID:200901068370987841   Update date: Nov. 04, 2020

Kita Kazuyuki

キタ カズユキ | Kita Kazuyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Space and planetary science ,  Environmental dynamics ,  Atmospheric and hydrospheric science
Research keywords  (1): Atmospehric environmental science, Atmospheric chemistry and physics, ozone, greenhouse effect, aerosol
Research theme for competitive and other funds  (33):
  • 2020 - 2023 森林バイオエアロゾル放出動態解明と福島事故による放射性セシウム飛散の定量的推定
  • 2018 - 2021 Bioaerosols transported from forest area and their impacts on climate changes
  • 2017 - 2020 Investigation of atmospheric resuspension of radiocesium released by Fukushima Dai'ichi Nuclear Power Plant accident and its circulation between atmosphere and vegetation
  • 2017 - 2020 Aerosol
  • 2015 - 2020 Study on the process of CCN production by regarding Kanto plains as a huge chamber
Show all
Papers (114):
more...
MISC (5):
Patents (1):
  • 二酸化窒素光分解コンバーターおよび二酸化窒素光分解コンバーターを備えた窒素酸化物濃度測定装置
Books (7):
  • 原発事故環境汚染-福島第一原発事故の地球科学的側面
    東京大学出版会 2014
  • アサヒ・エコブックス 地球変動の最前線を訪ねる
    清水弘文堂書房 2010
  • 太陽地球系科学
    京都大学学術出版会 2010
  • 気象研究ノート 209号 先端質量分析技術による反応性大気化学組成の測定 第2章化学イオン化質量分析法による気体成分の測定
    日本気象学会 2005
  • 「対流圏光化学」、キーワード気象の事典
    朝倉書店 2002
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • 大気エアロゾルと植物・菌類間での放射性セシウム移行可能性の研究
    (2019年度放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点年次報告会 2020)
  • Measurement of emission flux of radioactive cesium to the atmosphere
    (2019年度放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点年次報告会 2020)
  • 筑波実験植物園におけるバイオエアロゾルとセシウム濃度の時系列データ解析
    (2019年度放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点年次報告会 2020)
  • 2019年7月の筑波実験植物園におけるきのこ胞子の放出観測
    (第13回大気バイオエアロゾルシンポジウム 2020)
  • 森林からのバイオエアロゾル放出フラックス推定の試み
    (第13回大気バイオエアロゾルシンポジウム 2020)
more...
Education (3):
  • - 1990 The University of Tokyo 地球惑星物理専攻
  • - 1990 The University of Tokyo 地球惑星物理専攻
  • - 1986 The University of Tokyo 地球物理学科
Professional career (1):
  • 理学博士 (東京大学)
Work history (3):
  • 2002/07 - Associate Professor, Faculty of Science, Ibaraki University
  • 2000/07 - 2002/06 Research associate, Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo
  • 1990/04 - 2000/06 Research associate, Faculty of Science, University of Tokyo
Committee career (2):
  • 1998/10 - 2005/03 大気化学研究会 運営委員
  • 2003/04 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 運営委員
Association Membership(s) (6):
Japanease Planetary and Geoscience Union ,  地球電磁気・地球惑星圏学会 ,  日本気象学会 ,  大気化学研究会 ,  大気環境学会 ,  American Geophysics Union
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page