Rchr
J-GLOBAL ID:200901068419480780   Update date: Sep. 01, 2020

Kawate Hisaya

カワテ ヒサヤ | Kawate Hisaya
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.nakamura-u.ac.jp/
Research field  (7): Clinical pharmacy ,  Physiology ,  Metabolism and endocrinology ,  Home economics, lifestyle science ,  Metabolism and endocrinology ,  Cell biology ,  Molecular biology
Research keywords  (17): 妊娠・授乳関連骨粗鬆症 ,  体組成 ,  サルコペニア ,  フレイル ,  糖尿病 ,  副腎 ,  共焦点レーザー顕微鏡 ,  動脈硬化 ,  ステロイドホルモン ,  核内受容体 ,  骨粗鬆症 ,  内分泌学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学 ,  Endocrinology ,  Cell Biology ,  Molecular Biology
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2016 - 2019 妊娠・授乳期の骨強度低下に寄与する食事性因子および骨代謝関連ホルモンの同定
  • 2012 - 2015 ステロイドホルモン受容体の作用機構における分子モータータンパク質の役割の解明
  • 2008 - 2011 リアルタイムイメージングを用いたSERMの組織特異的作用メカニズムの解析.
  • 2006 - 2008 高輝度YFP融合ライブラリーを用いた核内受容体制御タンパク質の網羅的同定
  • 2004 - 2005 FRETを中心とした核内受容体の細胞内輸送および局在機構の時間的空間的解析
Show all
Papers (50):
more...
MISC (39):
  • 河手久弥. サルコペニアとは何ですか?. まるごとわかる糖尿病(知って防ごう、糖尿病読本)[発行:ライオンズクラブ国際協会・日本糖尿病協会]. 2018. 65-71
  • 河手久弥, 安武健一郎. 「骨活」しましょう. 月刊 糖尿病ライフ さかえ. 2017. 57. 7. 16-21
  • 河手久弥. カルシウム不足が引き起こす、骨粗しょう症ってこんな病気. クリム6月号. 2017. 10-12
  • 河手久弥. フレイルとサルコペニアを知る. 月刊 糖尿病ライフ さかえ. 2017. 57. 1. 27-32
  • 河手久弥. ライフステージごとの骨粗鬆症予防とその管理. 地下鉄七隈線沿線三大学共同開講授業. 2016
more...
Books (8):
  • イラスト 解剖生理学実験 第3版
    東京教学社 2018
  • Nブックス 改訂 人体の構造と機能:解剖生理学
    建帛社 2017
  • 内分泌性高血圧
    最新医学社 2012
  • 循環器医が知っておくべき電解質異常
    メジカルビュー社 2011
  • 原発性アルドステロン症診療マニュアル(改訂第2版)
    診断と治療社 2011
more...
Lectures and oral presentations  (38):
  • フレイル・サルコペニアの評価と栄養管理
    (第1回日本抗加齢医学会九州地方会学術総会 2019)
  • 高齢の2型糖尿病患者におけるフレイルの評価及び関連する因子の解析
    (第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018)
  • Bone and Muscle Health associated with life-style related diseases
    (The Beijing Symposium on Genetic Stability and Accurate Gene Expression under Oxidative Stress. 2018)
  • 妊娠期の腫骨骨超音波値に関与する因子の解析
    (第20回日本骨粗鬆症学会 2018)
  • 若年女性の骨強度に影響を及ぼす身体的要因に関する解析
    (第20回日本骨粗鬆症学会 2018)
more...
Works (4):
  • TZFの核内受容体転写活性化機構に対する影響の解析
    2003 -
  • Joint Research on an effect of TZF protein on nuclear receptor-mediated transcriptional activation
    2003 -
  • アルキル化剤感受性に関与するDNA修復機構に関する共同研究
    1997 -
  • Joint Research on DNA Repair Mechanisms related to sensitivity to alkylating agents
    1997 -
Education (4):
  • - 1996 Kyushu University
  • - 1996 Kyushu University
  • - 1989 Kyushu University
  • - 1989 Kyushu University
Professional career (1):
  • M.D., Ph.D. (Kyushu University)
Work history (6):
  • 2015/04 - 現在 Nakamura Gakuen University Faculty of Nutritional Sciences Professor
  • 2007/09 - 2015/03 Kyushu University Hospital Department of Endocrine and Metabolic Diseases / Diabetes Mellitus Assistant Professor
  • 2001/05 - 2007/08 Kyushu University Department of Geriatric Medicine Assistant Professor
  • 1998/06 - 2001/04 University of Washington Department of Pathology postdoctoral fellow
  • 1996/08 - 1998/03 Kyushu University Medical Institute of Bioregulation
Show all
Committee career (4):
  • 2017/04 - 現在 九州大学医系地区部局 ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会委員
  • 2016/01 - 現在 日本病態栄養学会 学術評議員
  • - 現在 日本老年医学会 代議員
  • - 現在 日本内分泌学会 評議員
Association Membership(s) (11):
日本サルコペニア・フレイル学会 ,  JAPAN SOCIETY OF METABOLISM AND CLINICAL NUTRITION ,  THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  日本糖尿病学会 ,  日本ステロイドホルモン学会 ,  日本老年医学会 ,  The Endocrine Society ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page