Rchr
J-GLOBAL ID:200901069180047695   Update date: May. 15, 2021

Shigeyasu Tetsuya

シゲヤス テツヤ | Shigeyasu Tetsuya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://www.pu-hiroshima.ac.jp/p/sigeyasu/AIS/Top.html
Research field  (1): Information theory
Research keywords  (5): 計算機ネットワーク ,  情報検索 ,  無線ネットワーク ,  情報工学 ,  Computer Network
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2008 - 2010 Development of English word teaching methods for 5th and 6th graders in elementary schools
  • 2006 - 2009 Development of packet transmission procedure for achieving future generation multi-hop communication networks
  • 2004 - 2005 災害発生後に設置する被災者情報交換のための自律的無線ネットワークシステムの構築
  • 2002 - Development of an Effcient protocol
Papers (57):
MISC (47):
  • 重安 哲也, 松田 莉奈. A Study on MAC-level Broadcast Schema for Improving Throughput on Multi-channel WLANs. IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers' Workshop proceedings = IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会講演論文集. 2014. 161-164
  • 鎌田 真, 市村 匠, 重安 哲也. Registration System of Cloud Campus by using Android Smart Tablet. IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers' Workshop proceedings = IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会講演論文集. 2014. 111-114
  • 市村 匠, 竹本 康彦, 重安 哲也. A Cloud Campus System in Prefectural University of Hiroshima by using Open Source Software : An Establishment of Hiroshima Cloud Campus. IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers' Workshop proceedings = IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会講演論文集. 2014. 135-138
  • Uenishi Tohru, Yada Tosio. 7379 A comparative study of shopping streets has enclosed arcade : A causal research of shop pattern round trip. Summaries of technical papers of annual meeting. 2013. 2013. 0. 775-776
  • 三宅 美鈴, 松川 文雄, 重安 哲也. Effects of Educational Materials on Learning Adjectives Using Augmented Reality Technology : In Terms of Connecting Sounds to Meanings, Spellings, and Antonyms. 日本児童英語教育学会研究紀要. 2013. 32. 59-73
more...
Books (2):
  • Performance evaluation of mobile agents on its living time and target existing rates in servers
    IEEE Computer Society Press 2002
  • A Relationship between Densities and Numbers of hidden stations of Packet Radio Network
    Lectur Notes in Computer science 2002
Lectures and oral presentations  (116):
  • WSN向けコンテンツ指向型データ収集におけるユーザの嗜好とキャッシュの類似度に基づいた経路集約手法
    (第25回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集 2017)
  • ユーザ間のキャッシュヒット率公平化を目的としたCCNにおける協調キャッシュ割当手法の提案
    (第25回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集 2017)
  • Bloom Filter の類似性に基づくコンテンツ指向型ネットワークにおけるRe-route手法
    (第25回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集 2017)
  • コンテンツ指向型ネットワークにおけるユーザ位置に基づいた協調キャッシュ容量割当アルゴリズム
    (第16回情報科学技術フォーラム講演論文集 2017)
  • ネットワーク中キャッシュを考慮した適応的転送制御によるWSN向けコンテンツ指向型データ収集システム
    (第16回情報科学技術フォーラム講演論文集 2017)
more...
Education (4):
  • 2009 - 2010 大阪大学 大学院 電気電子情報工学専攻
  • 2000 - 2002 Yamaguchi University of Science and Engineering
  • 1998 - 2000 Yamaguchi University Physics, Biology and Informatics
  • 1993 - 1998 Tokuyama College of Technology
Professional career (1):
  • Ph. D. (Osaka University)
Work history (11):
  • 2021/04 - 現在 県立広島大学 地域創生学部 学部長
  • 2021/04 - 現在 県立広島大学 経営情報学部 学部長
  • 2020/04 - 現在 県立広島大学 地域創生学部 地域創生学科 教授
  • 2019/04 - 現在 Prefectural University of Hiroshima Department of Management and Information Systems Professor
  • 2019/04 - 2021/03 Prefectural University Graduate School of Comprehensive Scientific Research Director of Program in Information and Management Systems
Show all
Committee career (17):
  • 2020/04 - 現在 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会 幹事
  • 2012/06 - 現在 情報処理学会 論文誌 査読委員
  • 2016/04 - 2020/03 情報処理学会 モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 運営委員
  • 2018/10 - 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 組織委員長
  • 2016/06 - 2017/05 情報処理学会 論文誌編集委員会 主査
Show all
Awards (5):
  • 2017/06 - 情報処理学会 平成28年度 論文賞
  • 2011 - Best Paper Award (The Fifth International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS-2011))
  • 2009 - Outstanding Oral Paper Award (ITC-CSCC2008)
  • 2009 - 平成20年度 情報処理学会 山下記念研究賞
  • 2007 - マルチメディア通信と分散処理ワークショップ最優秀論文賞
Association Membership(s) (4):
IEEE ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  Information Processing Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page