Rchr
J-GLOBAL ID:200901069689561339   Update date: Jun. 04, 2020

Masuda Gaku

マスダ ガク | Masuda Gaku
Affiliation and department:
Job title: Designated Researcher
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://gaku.masdas.net/http://gaku.masdas.net
Research field  (7): Local studies ,  Communication and network engineering ,  Cultural anthropology and folklore ,  Human interfaces and interactions ,  Database science ,  Information networks ,  Computer systems
Research keywords  (7): 微気象現象の観測 ,  生態学 ,  蚊媒介性感染症 ,  フィールドワーク ,  イスラーム ,  マラリア ,  intellectuals muslim network Japanology Kunio Yanagita
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2013 - 2015 なぜイバン族ばかり感染するのか?:新型マラリアへのクロスディシプリナル研究
  • 2008 - 2009 オープンコースウェアと遠隔会議システムの開発および普及
  • 2007 - 2008 移行体制下の中央アジア諸国における民族集団、宗教、言語文化の動態に関する研究
  • 2006 - 2008 東南アジア諸都市における宗教の活性化と日常生活の再編に関する比較研究
  • 2006 - 2008 中東と東南アジアを結ぶイスラーム学習者の環状移動-持続する伝統的学習の仕組み
Show all
Papers (2):
MISC (15):
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • On the Comparative Studies of the “Mahalla”-like communal entities as the basis of the Civil Societies covering East and Southeast Asian Countries
    (Institute of Studies of Civil Society (Uzbekistan), Ebert Foundation (Germany), National Institute of International Relations (USA), Graduate School of Area Studies of the University of Tsukuba (Japan) and International Center for Central Asian Researc・・・ 2007)
  • 学習者がもたらした宗教革命 半島マレー・イスラーム世界の伝統的神学校の比較と総合
    (日本比較教育学会、第43回大会 2007)
  • 思想の泉としてのポンドック:マレー社会におけるイスラーム寄宿塾
    (ラウンドテーブル「東南アジアの教育における『ローカリゼーション』-グローバル化時代の教育を読み解く視点-」、日本比較教育学会 第36回大会、早稲田大学 2007)
  • On the Comparative Studies of the “Mahalla”-like communal entities as the basis of the Civil Societies covering East and Southeast Asian Countries
    ("International Seminar «Formation of Civil Society in Uzbekistan: Its present state, preliminary results and perspectives»", Institute of Studies of Civil Society (Uzbekistan), Ebert Foundation (Germany), National Institute of International Relations (・・・ 2007)
  • イスラーム学習者にとってのパタニー:マレーシアから南タイへと遍歴する慣習について
    (日本タイ学会 第8回大会 2006)
more...
Works (5):
  • 東南アジア国境域におけるマラリア感染症についての文化人類学・生態学・疫学的調査
    2008 - 2010
  • インドネシア・バリ島における予備的調査(マイノリティとしてのムスリム)
    2007 -
  • ソ連崩壊後中央アジアにおけるイスラーム神学校の調査
    2007 -
  • 20世紀初頭フランスによるカンボジアのムスリム研究についての文献調査
    2006 -
  • 半島マレーシアの国境地帯における伝統的宗教学習共同体の文化人類学的調査
    1999 - 2000
Education (3):
  • - 2006 University of Tsukuba
  • - 2006 University of Tsukuba
  • - 1997 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 修士(学術) (筑波大学)
Work history (6):
  • 2013 - Kyoto University
  • 2009 - Kyoto University Center for Southeast Asian Studies
  • 2009 - 京都大学地球環境学堂 研究員
  • 2008 - Kyoto University Center for Southeast Asian Studies
  • 2007 - 筑波大学中央アジア国際連携センター 非常勤研究員
Show all
Committee career (13):
  • 2010 - 感染症学会 会員
  • 2008 - マレーシア学会(マレーシア研究会) 会員
  • 2006 - 2007 筑波大学中央アジア研究会 事務局実務担当
  • 2007 - 東南アジア学会 会員
  • 2007 - 宗教と社会学会 会員
Show all
Association Membership(s) (9):
衛生動物学会 ,  マレーシア学会(マレーシア研究会) ,  感染症学会 ,  東南アジア学会 ,  宗教と社会学会 ,  日本比較教育学会 ,  筑波大学中央アジア研究会 ,  日本タイ学会 ,  日本文化人類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page