Rchr
J-GLOBAL ID:200901069736433301   Update date: Aug. 30, 2020

Tanio Norihisa

タニオ ノリヒサ | Tanio Norihisa
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • 公立千歳科学技術大学大学院光科学研究科光科学専攻  教授
Homepage URL  (1): http://www.chitose.ac.jp/~n-tanio/
Research field  (6): Polymer materials ,  Electronic devices and equipment ,  Polymer chemistry ,  Polymer materials ,  Electronic devices and equipment ,  Polymer chemistry
Research keywords  (37): セルロースナノペーパー ,  セルロースナノファイバー ,  光ファイバー ,  レンズ ,  光ディスク ,  光学フィルム ,  ディスプレイ ,  高分子固体物性 ,  ガラス状態 ,  非晶構造 ,  エイジング ,  透明性予測 ,  高透明化 ,  光吸収 ,  光散乱 ,  透明性 ,  複屈折 ,  屈折率予測 ,  屈折率制御 ,  屈折率 ,  光学特性 ,  高分子光物性 ,  光学樹脂 ,  光学ポリマー ,  透明樹脂 ,  透明ポリマー ,  透明ポリマー材料 ,  高分子オプティクス ,  polymer physics ,  glassy state ,  aging ,  light scattering ,  prediction of properties ,  amorphous structure ,  optical properties of polymer ,  optical polymer ,  polymer optics
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2011 - 2014 光学ポリマーの屈折率制御、屈折率予測
  • 2010 - 2011 光学ポリマーの高透明化、透明性予測
  • 2009 - 2010 光学ポリマーの屈折率予測システムの開発
  • 2009 - 2010 非晶構造制御による光学ポリマーの高透明化に関する研究
  • 2008 - 2009 非晶構造制御による光学ポリマーの高透明化に関する研究
Show all
Papers (49):
  • 谷尾 宣久. 千歳科学技術大学における初年次教育の取組と課題. 初年次教育学会誌. 2019. 11. 1. 34-43
  • 谷尾 宣久. 次世代光技術を担う透明ポリマー材料 (特集 透明ポリマー材料と次世代光技術). 工業材料. 2018. 66. 4. 18-24
  • 谷尾 宣久. Optical Studies for Polymer Processing Engineer(Chapter 2)Measurement Theory and Method of Light Properties(2.2)Light Scattering of Transparent Polymer. 成形加工 = Journal of the Japan Society of Polymer Processing : プラスチック成形加工学会誌. 2015. 27. 11. 462-467
  • 谷尾 宣久. Improvement of Transparency of Optical Polymers by Molecular Structure Control. 光学 = Japanese journal of optics : publication of the Optical Society of Japan. 2015. 44. 8. 304-309
  • 谷尾 宣久. ガラスに挑む透明ポリマー. 高分子. 2015. 64. 7. 420
more...
Books (28):
  • Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials
    Springer 2015
  • 光学材料の屈折率制御技術の最前線≪普及版≫
    シーエムシー出版 2015
  • 透明ポリマーの材料開発と高性能化
    シーエムシー出版 2015
  • 透明樹脂・フィルムへの機能性付与と応用技術
    技術情報協会 2014
  • (高・低)屈折率材料の作製と屈折率制御技術
    技術情報協会 2014
more...
Lectures and oral presentations  (265):
  • 【招待講演】透明ポリマーの光学特性と高性能化
    (機能性フィルム研究会主催2019年7月夏季特別研修 2019)
  • セルロースナノペーパーの透明性の評価と化学構造からの予測
    (高分子学会第68回高分子年次大会 2019)
  • 透明セルロースナノペーパーの熱膨張と屈折率温度依存性
    (高分子学会第68回高分子年次大会 2019)
  • 【招待講演】透明ポリマーの屈折率特性と熱膨張
    (技術情報協会セミナー 2019)
  • 光学用透明樹脂の設計法と高透明化・高性能化技術 ~透明性、屈折率、複屈折の制御とその設計・開発~
    (情報機構セミナー, 2019)
more...
Education (5):
  • 1986 - 1989 Keio University
  • - 1989 Keio University
  • 1984 - 1986 Keio University
  • 1980 - 1984 Keio University
  • - 1984 Keio University
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (Keio University)
  • Master of Engineering (Keio University)
Work history (19):
  • 2019 - 現在 公立大学法人 公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科 教授
  • 2015 - 2019 Chitose Institute of Science and Technology
  • 2011 - 2015 Chitose Institute of Science and Technology Faculty of Photonics Science, Department of Bio- and Material Photonics
  • 2007 - 2011 千歳科学技術大学 光科学部 物質光科学科 准教授
  • 2004 - 2011 Chitose Institute of Science and Technology,
Show all
Committee career (7):
  • 2019/04 - 現在 高分子学会 代議員
  • 2019/03 - 現在 日本化学会 代表正会員
  • 2018/04 - 現在 高分子学会 フォトニクスポリマー研究会 運営委員長
  • 2013/03 - 現在 日本化学会 北海道支部 幹事
  • 2013/01 - 現在 高分子学会 北海道支部 幹事
Show all
Association Membership(s) (9):
The Optical Society of Japan ,  繊維学会 ,  日本化学会 ,  応用物理学会 ,  高分子学会 ,  The Society of Fiber Science and Technology, Japan ,  The Chemical Society of Japan ,  Japan Society of Applied Physics ,  The Society of Polymer Science, Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page