Rchr
J-GLOBAL ID:200901070478275974   Update date: Apr. 15, 2021

Yamada Takako

ヤマダ タカコ | Yamada Takako
Affiliation and department:
Research field  (1): Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (10): チベット系社会 ,  エスニシティ ,  文化復興 ,  世界観 ,  シャマニズム ,  Tibetan studies ,  Identity ,  Ethnicity ,  Worldview ,  Shamanism
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2017 - 2019 島嶼・中山間地・農村地域の集落コミュニティ維持機能: アジア国際比較による地域研究対話
  • 2015 - 2018 An Analysis of Forms of Conflicts and Conflict Resolution Strategies in Ladakh, Western Tibet Today
  • 2015 - 2018 The Creation of Community Network and the Remaking of Communal Connectedness among Tibetans in Japan
  • 2012 - 2014 多文化空間に生きる越境者の共同性再構築に関する地域間比較研究
  • 2011 - 2013 現代チベット社会における超域的連携の形成と伝統文化・アイデンティティの維持
Show all
Papers (57):
  • 山田孝子. 人はどのような「つながり」のもとで生きてきたのか-希求される「つながり」の未来を読む. 山田孝子(編著)『人のつながりと世界の行方-コロナ後の縁を考える』京都:英明企画編集. 2020. 137-176
  • 堀江典生, 山田孝子. 序章 辺境のコミュニティ維持機能. 本村真編『辺境コミュニティの維持-島嶼、農村、高地コミュニティを支える「つながり」』(那覇:ボーダーインク). 2020. 9-23
  • YAMADA Takako. Expression of Ladakhi Cultural Regionality: Viewed from Language and Local Rituals. Kanazawa Seiryo University Bulletin of the Humanities. 2018. 3. 1. 25-38
  • 山田 孝子. 在日チベット人社会の形成・維持と日本におけるチベット難民支援-1965年から2014年の展開をとおして-. 金沢星稜大学人文学研究. 2018. 2. 2. 1-32
  • YAMADA Takako. The Ainu Bear Ceremony and the Logic behind Hunting the Deified Bear. Journal of Northern Studies, Umeå University & The Royal Skyttean Society. 2018. 12. 1. 35-51
more...
MISC (54):
  • 山田 孝子. 書評 島村一平著『増殖するシャーマン-モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ』(春風社、2012年). 地域研究. 2014. 14. 2. 248-252
  • 山田 孝子. 青海省同仁県におけるルロ祭りの復興と維持. チベット文化研究会報. 2013. 37. 4. 1-7
  • YAMADA Takako. Self-Reorienting of Tibetan Refugees in Host Societies via Religion, Multiple Identities and Connectedness with Place of Origin. 110th Annual Meeting of AAA, Montreal, QC, Canada, Nov. 16-20. 2011
  • YAMADA Takako. The Revitalization Process of Shamanic Ritual Festivals of Amdo Tibetans in the Qinghai Province of China: A Case Study of the Lörol Festival. 10th Conference of ISSR, Warsaw, Poland, Oct.5-9. 2011
  • YAMADA Takako. Shamanic Power and the Continuity of the Buddhist Tradition in Ladakh. XXth World Congress for the International Association for the History of Religions, University of Toronto, 15-23 August. 2010
more...
Books (51):
  • 人のつながりと世界の行方 : コロナ後の縁を考える
    英明企画編集 2020 ISBN:9784909151063
  • 人はなぜ弔うのか-「弔い」の宗教的・社会的意味の比較文化
    小西賢吾・山田孝子編著『弔いにみる世界の死生観』京都:英明企画編集、39-64頁 2019
  • 弔いにみる世界の死生観
    英明企画編集 2019 ISBN:9784909151056
  • アイヌの世界観-「ことば」から読む自然と宇宙
    講談社学術文庫 2019 ISBN:9784065166901
  • 人はなぜ装うのか-「装い」の起源と多様な展開からみる
    山田孝子・小磯千尋編『文化が織りなす世界の装い』京都:英明企画編集、27-50頁 2019
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • Shamanism and Buddhism as Religions Expanding the Boundaries of Ethnicities and Spirituality
    (International Conference of ISARS (International Society for Academic Shamanistic Research), Vietnam Museum of Ethnology 2017)
  • Reappraisal of the Revitalization of Sakha Shamanism: What roles did shamanism play in the early 1990s?
    (XII Congress of Anthropology and Ethnology of Russia, July 3-6, 2017, Izhevsk, Russia. 2017)
  • デジタル・メディア活用によるコミュニケーションの共有性:在日チベット人社会のコミュニティ維持にむけて
    (日本文化人類学会第51回研究大会 2017)
  • 流動化する世界とコミュニケーションの共有性
    (日本文化人類学会第51回研究大会 2017)
  • Creating Networks and Sharing Communications through Digital Media: A Survival Strategy of Tibetans in Japan
    (East Asian Anthropological Association 2016 Annual Meeting 2016)
more...
Works (56):
  • 身体資源の構築と配分における生態、象徴、医療の相互連関
    2002 - 2006
  • チベット難民における新しいアイデンティティの形成に関する文化人類学的研究
    2003 - 2005
  • インド国チベット難民キャンプにおけるエスニシティに関する調査
    2004 -
  • インド、ラダック地方におけるシャマニズムの実践に関する文化人類学的調査
    2003 -
  • 東北アジア諸民族の文化変化とアイデンティティの形成に関する文化人類学的研究
    1999 - 2001
more...
Education (6):
  • 1983 - 京都大学 理学博士
  • 1977 - 京都大学大学院 動物学専攻博士課程単位修得退学
  • - 1977 Kyoto University
  • 1974 - 京都大学大学院 動物学専攻修士課程修了
  • 1970 - Kyoto University
Show all
Professional career (1):
  • Doctor of Science (Kyoto University)
Work history (5):
  • 2012/04 - 現在 Kyoto University
  • 2016/04 - 2020/03 Kanazawa Seiryo University Faculty of Humanities
  • 2013/04 - 2017/03 National Museum of Ethnology National Museum of Ethnology
  • 2015/04 - 2016/03 Kanazawa Seiryo University Professor
  • 2010/04 - 2013/03 Japan Society for the Promotion of Science
Committee career (3):
  • 1990 - 2020/09 日本人類学会 評議員
  • 1991 - 北方学会 運営委員
  • 1991 - Northern Studies Association Steering committee member
Association Membership(s) (4):
American Anthropological Association ,  北方学会 ,  日本文化人類学会 ,  International Society for Academic Research on Shamanism (ISARS)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page