Rchr
J-GLOBAL ID:200901070972026189   Update date: Sep. 01, 2020

TANAKA Shi-nichi

タナカ シンイチ | TANAKA Shi-nichi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://gamp.c.u-tokyo.ac.jp/~tanaka/tanaka01.html
Research field  (3): English linguistics ,  Japanese linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (3): 最適性理論(枠組み) ,  音韻論・形態論(分野) ,  理論言語学(専門)
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2008 - 2011 言語の進化と生物学的基盤に関する研究
  • 2008 - 2011 アクセントの生成モデルとその検証のための類型・通時変化・共時変異・獲得過程・分節音との相互作用に関する研究
  • 2008 - 2011 最適性理論に基づく類型論的研究(特にアクセントや異化作用)
  • 2008 - 2011 音韻論の形式理論に関する研究
MISC (10):
more...
Books (13):
  • 『特集:最適性理論の実験検証と実験音声学の理論整備 (Feature Articles: Current Trends in Experimental OT and Laboratory Phonology)』(『音声研究』第14巻1号)(共編)
    日本音声学会 2010
  • 言語処理学会編『言語処理学事典(音声・音韻論の章)』(分担執筆)
    共立出版 2009 ISBN:9784320122383
  • 『特集:最適性理論の各領域における発展・深化 (Feature Articles: Development and Elaboration of OT in Various Domains)』(『音声研究』第13巻2号)(共編)
    日本音声学会 2009
  • 『日常言語に潜む音法則の世界』(単著)
    開拓社 2009 ISBN:9784758925105
  • 『こころと言葉--進化と認知科学のアプローチ』(分担執筆)
    東京大学出版会 2008 ISBN:9784130830485
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • 「アポトーシスとしての幼児発話の特異性:音韻獲得の論理的問題」
    (第13回明海大学応用言語学セミナー 2010)
  • 「音韻論の魅力とおもしろさ」
    (東京言語研究所理論言語学講座春期講座 2009)
  • "Rethinking the GEN Component: Typological Consequences in Parallel and Serial OT"
    (日本英語学会第27回大会シンポジウム "Invariance and Variability in OT" 2009)
  • 「音韻論の基本問題と最適性理論」
    (日本言語学会夏期講座 2008 2008)
  • 「日本語の音節構造とプロソディー」
    (日本英語学会第25回大会シンポジウム「日本語の音節構造とプロソディー」 2007)
more...
Education (2):
  • - 1993 University of Tsukuba
  • - 1988 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 博士(言語学) (筑波大学)
Work history (5):
  • 2015/04 - The University of Tokyo
  • 2007/04 - The University of Tokyo
  • 2001/10 - The University of Tokyo
  • 1995/04 - Nagoya University
  • 1993/10 - Nagoya University
Committee career (13):
  • - 現在 日本音韻論学会 副会長
  • - 現在 日本音声学会 理事
  • 2010 - 国立国語研究所共同研究員 (2010-)
  • 2008 - 名古屋大学大学院国際開発研究科国際コミュニケーション専攻国内客員研究員 (2008)
  • 2005 - 2007 日本学術振興会専門委員 (2005-2007)
Show all
Association Membership(s) (3):
日本音声学会 ,  日本英語学会 ,  日本音韻論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page