Rchr
J-GLOBAL ID:200901071070832014   Update date: Dec. 04, 2008

Honda Shunwa

ホンダ シュンワ | Honda Shunwa
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Cultural anthropology and folklore ,  Archaeology
Research keywords  (4): 考古学 ,  文化人類学(民族学) ,  Archaeology ,  Anthropology(Ethnology)
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 極北地帯における民族考古学
  • イヌイット文化に関する総合研究
  • 先住民族の歴史と現状
  • Ethnoarchaeology in Arctic regions
  • Research of Inuit Culture
Show all
MISC (95):
  • 先住民年の10年をふりかえって:協調と紛争. 文化人類学研究 早稲田大学文化人類学会. 2004. 5. 2-13
  • The fish tale that is never told: a reconsideration of the importance of fishing in Inuit societies. Senri Ethnological Studies 67,Indigenous use and management of marine resources (Nobuhiro Kishigami, James Savelle eds.). 2004. 67. 345-363
  • Self- and other-images of hunter-gatherers (Henry Stewart, Alan Barnard, Keiichi Omura eds.). Senri Ethnological Studies 60, National Museum of Ethnology. 2002. 60
  • 他者像としてのアイヌイメージを検証する:文化人類学におけるアイヌ民族研究の新潮流:編著. 昭和女子大学国際文化研究所紀要. 2001. 6
  • 考古学資料における交流の読み方: 民族学からのメッセージ(共著). 交流の考古学5(小川英文編) 朝倉書店. 2000. 21-49
more...
Books (30):
  • 生活世界とりわけ土地との関係をめぐる伝統的法体系と外来法体系の葛藤:共生の可能性と限界の研究(共編著)
    明石書店 2005
  • 先住民の世界 文化人類学研究'05(本多俊和(スチュアート ヘンリ);大村敬一:葛野浩昭 共編著)
    放送大学教育振興会 2005
  • 今を生きるイヌイトの老人:知識と技術の宝庫
    老いの人類学(青柳まちこ編) 世界思想社 2004
  • カナダ:「人種」のゆらぎと隠蔽
    国勢調査の文化人類学:人種・民族分類の比較研究(青柳真智子編) 古今書院 2004
  • 「野生」をめぐるイメージの虚実(共著)
    「野生」の誕生:未開イメージの歴史(スチュアート ヘンリ編) 2003
more...
Works (43):
  • ヨーロッパ博物館の先住民表象調査
    2005 -
  • カナダにおける先住民メディア政策調査
    2005 -
  • カナダとグリーンランドの先住民調査:博物館における表象
    2004 -
  • 先住民をめぐるメディア調査
    2003 -
  • スコットランド・エジンバラで開催された第9回国際採集狩猟社会会議
    2002 -
more...
Education (4):
  • - 1981 Waseda University
  • - 1981 Waseda University
  • - 1973 Waseda University
  • - 1973 Waseda University
Professional career (3):
  • (BLANK)
  • (BLANK)
  • (BLANK)
Committee career (2):
  • 2006 - 2007 日本文化人類学会 理事
  • 1998 - 2001 日本民族学会 理事
Association Membership(s) (5):
日本文化人類学会 ,  American Anthropological Association ,  Royal Anthropological Institute ,  日本考古学協会 ,  日本民族学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page