Rchr
J-GLOBAL ID:200901071632497574   Update date: May. 11, 2019

Matsuda Kenjiro

Matsuda Kenjiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Japanese linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (31): 一般化線型混合モデル ,  統計分析 ,  大規模言語調査 ,  岡崎敬語調査 ,  地方議会会議録 ,  集団語 ,  国会会議録 ,  方言 ,  恒速度仮説 ,  待遇表現 ,  格助詞脱落 ,  言語習得 ,  意味 ,  中間言語 ,  制約 ,  方言接触 ,  文法 ,  言語接触 ,  言語変異 ,  自然発話 ,  格助詞 ,  フィールドワ-ク ,  文字化 ,  終助詞 ,  インタビュ- ,  デジタル化 ,  変異理論 ,  言語変化 ,  バリエーション ,  社会言語学 ,  コーパス
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2018 - 現在 地方議会による「会議録方言学」の研究
  • 2017 - 現在 公共用語の地域差・時代差に関する社会言語学的総合研究
  • 2016 - 現在 議会会議録を活用した日本語のスタイル変異研究
  • 2013 - 2015 変異理論の新展開と日本語変異データの多角的分析
  • 2013 - 2015 地方議会議事録の社会言語学的研究-バリエーション研究の事例として-
Show all
Papers (76):
  • The Generalized Linear Mixed Model (GLMM) meets Variation Theory. Mathematical Linguistics. 2018. 31. 6. 402-416
  • Recent methods of the questionnaire research with the large sample size (3): Problems of contemporary linguistic surveys using the random sampling method. Mathematical Linguistics. 2018. 31. 5. 373-390
  • 井上逸平. 変異理論で見る日英語のバリエーション. 朝倉日英対照言語学シリーズ 発展編 1 社会言語学. 2017. 7-24
  • Shinsuke Kishie & Tomoji Tabata (Eds.) Text-mining and its Applications in Language Research. Hituzi Syobo. 2014. The Japanese Journal of Language in Society. 2016. 19. 1. 215-217
  • The Pronunciation of the Word baai(場合)in 78 rpm Record Archives from the Taisho to the Early Showa Eras. NINJAL Research Papers. 2016. 11. 63-81
more...
Books (9):
  • The minutes of the National Diet and the Kansai dialet
    Hituzi Shobo 2018
  • 岡崎敬語調査から学ぶ実時間調査の方法論的落とし穴
    大修館書店 2017
  • 国会会議録をつかう
    ミネルヴァ書房 2012 ISBN:9784623061402
  • 国会会議録を使った日本語研究
    ひつじ書房 2008
  • 日本のフィールド言語学-新たな学の創造にむけた富山からの提言(日本海総合研究プロジェクト研究報告(4))
    桂書房 2006
more...
Lectures and oral presentations  (70):
  • 岡崎敬語調査データベースの派生的活用 -「足りない~足らない」の変異を探る
    (国立国語研究所創立70周年記念 シンポジウム 「経年調査の新たな挑戦 -日本語の将来を占うために」 2018)
  • 「方言」の飛び交う国会審議
    (ワークショップ「みんなの知らない方言の世界」 2018)
  • On the birth and diffusion of the group languagein the National Diet
    (Methods in Dialectology XVI 2017)
  • 方言資源としての会議録
    (2017)
  • 国会会議録における旧字体の消滅過程-「國」の場合
    (「議会会議録を活用した日本語のスタイル変異研究」研究発表会 2017)
more...
Works (9):
  • 「方言」の飛び交う国会審議
    2019 -
  • 橋下徹大阪府知事の1人称代名詞「僕」の使用について
    2010 -
  • 橋下徹大阪府知事の言語的特徴の変化に関する分析が紹介された。
    2010 -
  • 社会言語学
    2009 -
  • 変異理論
    2009 -
more...
Education (4):
  • 1988 - 1995 University of Pennsylvania Linguistics
  • 1986 - 1989 Sophia University Linguistics
  • 1984 - 1986 Sophia University English Linguistics
  • 1980 - 1984 Sophia University Department of English Literature
Professional career (3):
  • BA (Sophia University)
  • MA (Sophia University)
  • Ph. D. (University of Pennsylvania)
Work history (9):
  • 2011/04/01 - 現在 Faculty of Letters Faculty of Letters Department of English Professor
  • 2005/04/01 - 2011/03/31 Faculty of Letters Faculty of Letters Department of English Professor
  • 2003/04 - 2011/03 Kanda University of Internatinoal Studies Department of International Communication Part-time Lecturer
  • 2010/07 - 2010/07 Columbia University (New York, U.S.A) Department of East Asian Languages and Cultures Instructor for 2010 Summer MA Program in Japanese Pedagogy
  • 2004/04 - 2008/03 Kwansei Gakuin University Graduate School of Language, Coomunication and Culture Part-time Lecturer
Show all
Committee career (6):
  • 2002/05 - 現在 変異理論研究会 世話人
  • 1997/12 - 現在 関西言語学会 運営委員
  • 2009/09 - 言語科学会 プロシーディングズ査読者
  • 2009/04 - 社会言語科学会 編集委員
  • 2008/08 - 関西言語学会 事務局
Show all
Association Membership(s) (5):
変異理論研究会 ,  社会言語科学会 ,  言語科学会 ,  関西言語学会 ,  JAECS(英語コーパス学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page