Rchr
J-GLOBAL ID:200901071693202208   Update date: Dec. 08, 2020

Sakurai Yasuto

サクライ ヤスト | Sakurai Yasuto
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (4): 十字軍 ,  西洋中世史 ,  the Crusades ,  European Medieval History
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2003 - 2007 13~15世紀東方世界における托鉢修道会の活動から見るミッションと十字軍
  • 2003 - 2007 Mission and the Crusade : The Activities of the Mendicant Orders in Orient(XIIIth-XVth Centuries)
  • 2005 - 聖地巡礼記に見る十字軍観・イスラーム観
  • 2005 - The Concept of Crusade and Islam seen in the Pilgrims' Books
  • 1995 - 2004 エルサレム王国構造の解明に向けて
Show all
Papers (36):
  • 櫻井康人. アンジュー家支配下のラテン・ギリシアに関する一考察-1294年のコルフ住民の嘆願を手がかりに-. ヨーロッパ文化史研究. 2020. 21. 79-99
  • 櫻井 康人. 十字軍国家とマムルーク朝による農村世界を巡る攻防. 科学研究費成果報告書(2015~2018年度基盤研究(B)(一般)) 中近世地中海史の発展的研究-グローバルな時代環境での広域的交流と全体構造-(研究代表者:学習院大学文学部教授・亀長洋子). 2019. 128-158
  • 櫻井 康人. 公会議決議録から見る「十字軍」の変容. 東北学院大学論集 歴史と文化(旧歴史学・地理学). 2019. 60. 1-25
  • 櫻井 康人. 1591~1600年の聖地巡礼記に見るイスラーム観・ムスリム観・十字軍観-後期十字軍再考(10)-. ヨーロッパ文化史研究. 2019. 20. 141-165
  • 櫻井 康人. ヨーロッパ商業都市と十字軍国家. 東北学院大学論集 歴史と文化(旧歴史学・地理学). 2018. 57. 95-149
more...
MISC (30):
  • 櫻井 康人. 紹介:高橋慎一朗・千葉敏之編『移動者の中世-史料の機能、日本とヨーロッパ-』. 史学雑誌. 2017. 126. 12. 83-84
  • 櫻井 康人. 研究動向:十字軍研究動向-「十字軍・十字軍国家学会」刊『十字軍』の統計より-. 西洋中世研究. 2017. 9. 149-162
  • 櫻井 康人. 書評:高山博著『中世シチリア王国の研究-異文化が交差する 地中海世界-』. 西洋史学. 2016. 259. 239-241
  • 櫻井 康人. 書評:甚野尚志・踊共二編著『中近世ヨーロッパの宗教と政治-キリスト教世界の統一性と多元性-』(MINERVA西洋史ライブラリー 100). 史学雑誌. 2015. 124. 4. 598-603
  • 櫻井 康人. フランク人と現地人 : 十字軍国家の構造の解明に向けて (世界史の研究(242)). 歴史と地理. 2015. 50-53
more...
Books (13):
  • 侠の歴史-士は己を知る者のまめに死す、「侠」に生きた勇者たち-西洋編上+中東編
    清水書院 2020
  • 十字軍国家の研究-エルサレム王国の構造-
    名古屋大学出版会 2020
  • 大学で学ぶ東北の歴史
    吉川弘文館 2020
  • 論点・西洋史学
    ミネルヴァ書房 2020
  • 図説 十字軍(ふくろうの本/ヨーロッパの歴史)
    河出書房新社 2019
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • ヨーロッパ史から見た十字軍
    (日本中東学会第34回年次大会公開講演会『十字軍と現代-ヨーロッパ、中東、そして日本』 2018)
  • 14世紀の聖地巡礼記に見る十字軍観・イスラーム観・ムスリム観
    (日本英文学会第85回大会シンポジア第五部門「いま「十字軍」を問う-14世紀の史料・文学から読み解く十字軍の表象-」 2013)
  • 「無料で運ぶわけではないし、神の愛のために運ぶわけでもない」-ヴェネツィア・ガレー巡礼船のパトロンたち-
    (史学研究会例会 2013)
  • 12世紀エルサレム王国におけるフランク人とムスリムの政治的コミュニケーション
    (2011年度歴史学研究会大会合同部会シンポジウム「相互行為としての地域統合-内在する「他者」と支配理念の再編-」 2011)
  • フランク人支配下のムスリム-『聖地のシャイフたちの奇跡的な行い』を中心に-
    (第77回西洋史読書会大会 2009)
more...
Education (4):
  • 1995 - 2000 Kyoto University
  • - 2000 Kyoto University Historical Culture
  • 1991 - 1995 Kyoto University
  • - 1995 Kyoto University Historical Culture
Professional career (1):
  • Doctor(Literature) (Kyoto University)
Work history (12):
  • 2011 - 現在 Tohoku Gakuin University Faculty of Letters, Department of History
  • 2007 - 2011 Tohoku Gakuin University Faculty of Letters, Department of History
  • 2006 - 2007 Tohoku Gakuin University Faculty of Letters, Department of History
  • 2004 - 2006 Tohoku Gakuin University Faculty of Letters, Department of History
  • 2004 - 2006 Lecturer, Faculty of Letters, Tohoku Gakuin University
Show all
Association Membership(s) (20):
西洋史研究会 ,  東北史学会 ,  日本オリエント学会 ,  地中海学会 ,  比較都市史研究会 ,  歴史学研究会 ,  史学会 ,  日本歴史学協会 ,  日本西洋史学会 ,  史学研究会 ,  The Society for the Study of Occidental History ,  Tohoku Historical Society ,  The Society for Near Eastern Studies in Japan ,  Collegium Mediterranistarum ,  Tokyo Study Group in Comparative Urban History ,  The Historical Science Society of Japan ,  The Historical Society of Japan ,  The Historical Council ,  The Japanese Society of Western History ,  The Society of Historical Research
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page