Rchr
J-GLOBAL ID:200901071834068144   Update date: Jun. 27, 2022

Inagaki Tadashi

イナガキ タダシ | Inagaki Tadashi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://www.ina-lab.net/
Research field  (5): Educational technology ,  Library/information science, humanistic/social informatics ,  Education - general ,  Learning support systems ,  Tertiary education
Research keywords  (24): ICT活用 ,  プロジェクト学習 ,  教育メディア ,  放送教育 ,  Instructional Design ,  情報教育 ,  国際交流学習 ,  情報活用能力 ,  交流学習 ,  学習評価 ,  情報モラル ,  教授学習支援システム ,  Media Literacy ,  Audio and Visual Education ,  カリキュラム ,  インストラクショナル・デザイン ,  異文化理解教育 ,  ルーブリック ,  人文社会情報学 ,  学習環境 ,  教育工学 ,  ICT ,  Information Education ,  Educational Technology
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2020 - 2023 事例の分析に基づくプログラミング教育のための知見マップの構築
  • 2020 - 2023 ラーニング・コモンズにおける学生スタッフのコンピテンシーリストの作成と研修の検討
  • 2019 - 2023 探究スキルの系統的育成を支援するマネジメントシステムの開発
  • 2019 - 2022 子どもを対象としたプログラミング能力と論理的思考力の因果関係の分析
  • 2016 - 2019 情報活用型アプローチによる「学びの質」ルーブリックバンクの開発
Show all
Papers (139):
  • 坂本泰伸, 稲垣忠, 沼田織花. 高等学校教科「情報I」指導上の課題抽出を目的としたアンケート帳票の開発と集計結果に関する報告. 人間情報学研究. 2022. 27. 65-70
  • 山本樹, 稲垣忠, 金子大輔, 國宗永佳, 倉山めぐみ, 下郡啓夫, 辻靖彦, 村上正行. 「知見マップ」構築を目的としたプログラミング教育実践調査 ー教科・対象・教材による考察-. 教育システム情報学会研究報告. 2022. 36. 6. 141-148
  • 石垣 諒太, 松本 章代, 後藤 康志, 豊田 充崇, 泰山 裕, 稲垣 忠. 情報活用能力のカリキュラムマネジメントシステムの開発. 研究報告コンピュータと教育(CE). 2022. 2022-CE-164. 23. 1-5
  • Jun TAKAHASHI, Tadashi INAGAKI. Preface: Digital Transformation of Primary and Secondary Education. 2022. 45. 3. 257-260
  • Tadashi INAGAKI, Jun TAKAHASHI, Yu TAIZAN, Tomohiro YAMAMOTO. Digital Transformation in Educational Practices. 2022. 45. 3. 273-281
more...
MISC (27):
  • Utilization of Learning Quality Rubric as Meta-Rubric in Curriculum Management (Curriculum Management, Learning, Rubric). 2017. 42. 21-24
  • 稲垣 忠. 先導的学習とは (2015年「情報教育コンファレンス」報告). 学習情報研究. 2016. 249. 14-17
  • 稲垣 忠. 2030年の情報社会を生きぬく子どもたちを育てるには (特集 教育 次世代の担い手). NETT : North East Think Tank : 北海道東北地域経済総合研究所機関誌. 2016. 93. 23-27
  • 中川 一史, 寺嶋 浩介, 中村 武弘, 山本 朋弘, 稲垣 忠. 大会報告 課題研究I:「タブレット端末環境と実践・評価・運用」. 教育メディア研究. 2016. 22. 2. 46-47
  • 稲垣 忠. 情報の活用に着目した授業づくり (特集 ICT活用とこれからの授業づくり). 教育展望. 2015. 61. 9. 28-33
more...
Books (119):
  • 自著を語る「ICT活用の理論と実践」
    日本教育新聞社 2022
  • AI時代における教師の役割
    全日本中学校長会 2022
  • ICT活用の理論と実践: DX時代の教師をめざして
    北大路書房 2021
  • 最新教育動向2022
    明治図書出版 2021
  • GIGAスクール構想で進化する学校、取り残される学校
    教育開発研究所 2021 ISBN:9784865605419
more...
Lectures and oral presentations  (207):
  • A Survey on Curriculum Arrangement about Information Skills
    (2021)
  • ICTを基盤としたサステナブルな公教育の構築に向けた諸課題の検討
    (日本教育方法学会第57回大会発表要旨:150-151 2021)
  • 適応型学習機能を組み込んだAIドリルの「比・割合」のビッグデータ解析から見えてくること
    (日本認知科学会第38回大会OS15-3 2021)
  • 学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン
    (日本教育情報学会 第37回年会 2021)
  • 5つの学習プロセスに情報活用能力を位置づけた各教科版情報活用能力ベーシックの提案
    (AI時代の教育学会第2回,8-9 2021)
more...
Education (3):
  • - 2003 Kansai University
  • - 2000 Kanazawa University
  • - 1998 Kanazawa University
Professional career (2):
  • 修士(教育学) (金沢大学大学院)
  • 博士(情報学) (関西大学大学院)
Work history (5):
  • 2018/04 - 現在 Tohoku Gakuin University Faculty of Letters Professor
  • 2017/04 - 2018/03 Tohoku Gakuin University Faculty of Liberal Arts Professor
  • 2007/04 - 2017/03 Faculty of Liberal Arts, Tohoku Gakuin University Associate Professor
  • 2006/04 - 2007/03 Tohoku Gakuin University Faculty of Liberal Arts
  • 2003/04 - 2006/03 Tohoku Gakuin University Faculty of Liberal Arts
Committee career (79):
  • 2021/08 - 現在 文部科学省 初等中等教育段階のSINET活用実証研究事業委員
  • 2021/06 - 現在 経済産業省 産業構造審議会臨時委員商務流通情報分科会教育イノベーション小委員会
  • 2021/05 - 現在 文部科学省 「児童生徒の情報活用能力の把握に関する調査研究」企画推進委員
  • 2021/05 - 現在 仙台市教育委員会 仙台市GIGAスクール推進協議会委員
  • 2021/03 - 現在 日本教育工学会 評議員
Show all
Awards (4):
  • 2010 - 日本視聴覚教育協会井内賞
  • 2007 - 日本教育工学会論文賞
  • 2005 - 日本教育工学会奨励賞
  • 2002 - 日本教育メディア学会坂元賞
Association Membership(s) (6):
日本教育方法学会 ,  Japan Association for Educational Technology ,  AACE (Association for the Advancement of Computing in Education) ,  教育メディア学会 ,  日本教育工学会 ,  JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL INFORMATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page