Rchr
J-GLOBAL ID:200901071834068144   Update date: Aug. 25, 2020

Inagaki Tadashi

イナガキ タダシ | Inagaki Tadashi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://www.ina-lab.net/http://www.ina-lab.net/
Research field  (3): Library/information science, humanistic/social informatics ,  Educational technology ,  Educational technology
Research keywords  (24): ICT活用 ,  プロジェクト学習 ,  教育メディア ,  放送教育 ,  教育工学 ,  インストラクショナル・デザイン ,  Audio and Visual Education ,  Media Literacy ,  Instructional Design ,  情報教育 ,  国際交流学習 ,  情報活用能力 ,  交流学習 ,  学習評価 ,  情報モラル ,  教授学習支援システム ,  カリキュラム ,  異文化理解教育 ,  ルーブリック ,  人文社会情報学 ,  学習環境 ,  ICT ,  Information Education ,  Educational Technology
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2019 - 2023 探究スキルの系統的育成を支援するマネジメントシステムの開発
  • 2019 - 2022 子どもを対象としたプログラミング能力と論理的思考力の因果関係の分析
  • 2016 - 2019 情報活用型アプローチによる「学びの質」ルーブリックバンクの開発
  • 2011 - 2014 小学校で学ぶ思考スキルの体系化とその学習プログラムの開発および評価
  • 2012 - 2013 「集めてまとめる」情報活用を支援するデジタル教材と授業モデルの開発
Show all
Papers (121):
  • 稲垣 忠, 中川 一史, 後藤 康志, 豊田 充崇, 菊地 寛. 大会報告 課題研究III:「情報活用能力の育成とメディアの活用」. 教育メディア研究. 2020. 26. 2. 40-40
  • 稲垣忠, 後藤康志, 豊田充崇, 松本章代, 泰山裕. 探究学習の基盤となる情報活用スキルの概念構成に関する一考察. 日本教育メディア学会研究会論集. 2020. 48. 13-16
  • 稲垣 忠. そもそも、なぜICTを導入するのか. 看護教育. 2019. 60. 10. 800-808
  • 大津秀樹, 稲垣忠, 長島康雄, 原渓太郎, 日下孝. 仙台市科学館におけるプログラミング教室について. 仙台市科学館研究報告. 2019. 28. 17-22
  • 稲垣 忠. 小学校における教科・領域からみた情報活用能力観に関する調査. 東北学院大学教育学科論集. 2019. 1. 1. 17-34
more...
MISC (7):
  • Utilization of Learning Quality Rubric as Meta-Rubric in Curriculum Management (Curriculum Management, Learning, Rubric). 2017. 42. 21-24
  • 中川 一史, 寺嶋 浩介, 中村 武弘, 山本 朋弘, 稲垣 忠. 大会報告 課題研究I:「タブレット端末環境と実践・評価・運用」. 教育メディア研究. 2016. 22. 2. 46-47
  • 宇治橋祐之, 小平さち子, 佐藤知条, 柴田隆史, 石原佳樹, 佐藤和紀, 小田 茂一, 村野井均, 稲垣忠. テレビの歩みと教育. 教育メディア研究. 2015
  • 寺嶋 浩介, 後藤 康志, 野中 陽一, 稲垣 忠, 山川 拓. 大会報告 課題研究I:「情報活用能力の育成と評価」. 教育メディア研究. 2014. 20. 2. 49-50
  • 池田 正浩, 寺嶋 浩介, 稲垣 忠, 久保田 賢一. 事例研究 : 開かれた学校を目指した地域ネットワークづくり : 教師と保護者をつないだ情報教育実践への動き. 日本教育工学会大会講演論文集. 2000. 16. 2. 251-252
more...
Books (97):
  • 子どもが授業以外でも学べる環境を整備し授業そのものを変えていく必要がある
    小学館 2020
  • 個別最適化された学びにおける評価・テスト
    教育開発研究所 2020
  • 情報活用能力をどのように育成するのか
    教育調査研究所 2020
  • 学校アップデート
    さくら社 2020
  • 「情報活用」と探究する学びのデザイン
    学習ソフトウェア情報研究センター 2019
more...
Lectures and oral presentations  (191):
  • 情報活用能力育成におけるカリキュラムマネジメント手法の検討
    (日本教育メディア学会第26回年次大会課題研究, 98-101 2019)
  • 「情報活用能力」育成のための「体系表・系統表」の調査分析
    (日本教育メディア学会第26回年次大会課題研究,102-105 2019)
  • 小中学校教員を対象とした情報活用能力の認知および 指導状況に関する調査
    (日本教育メディア学会第26回年次大会課題研究, 94-97 2019)
  • 探究学習の基盤となる情報活用スキルの検討
    (第45回全日本教育工学研究協会全国大会, 115-118 2019)
  • EdTechを用いた休日学習支援の実践
    (日本教育工学会2019秋季全国大会, 497-498 2019)
more...
Education (3):
  • - 2003 Kansai University
  • - 2000 Kanazawa University
  • - 1998 Kanazawa University
Professional career (2):
  • 修士(教育学) (金沢大学大学院)
  • 博士(情報学) (関西大学大学院)
Work history (5):
  • 2018/04 - 現在 Tohoku Gakuin University Faculty of Letters Professor
  • 2017/04 - 2018/03 Tohoku Gakuin University Faculty of Liberal Arts Professor
  • 2007/04 - 2017/03 Faculty of Liberal Arts, Tohoku Gakuin University Associate Professor
  • 2006/04 - 2007/03 Tohoku Gakuin University Faculty of Liberal Arts
  • 2003/04 - 2006/03 Tohoku Gakuin University Faculty of Liberal Arts
Committee career (72):
  • 2019/07 - 現在 文部科学省 デジタル教科書の効果・影響等に関する実証研究 有識者
  • 2019/07 - 現在 文部科学省 ICT活用教育アドバイザー企画評価委員会委員
  • 2019/06 - 現在 文部科学省 情報活用能力調査企画検証委員会委員
  • 2019/06 - 現在 日本教育工学会 SIG委員会 委員長
  • 2019/05 - 現在 日本教育情報化振興会 情報活用能力の授業力育成事業委員
Show all
Awards (4):
  • 2010 - 日本視聴覚教育協会井内賞
  • 2007 - 日本教育工学会論文賞
  • 2005 - 日本教育工学会奨励賞
  • 2002 - 日本教育メディア学会坂元賞
Association Membership(s) (6):
Japan Association for Educational Technology ,  AACE (Association for the Advancement of Computing in Education) ,  教育メディア学会 ,  日本教育工学会 ,  AACE(Association for the Advancement of Computing in Education) ,  JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL INFORMATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page