Rchr
J-GLOBAL ID:200901072007585178   Update date: Oct. 30, 2020

Hanaoka Yoshiaki

ハナオカ ヨシアキ | Hanaoka Yoshiaki
Affiliation and department:
Research field  (1): Business administration
Research keywords  (5): 経営戦略 ,  経営組織 ,  Organizational Theary ,  Business Strategy ,  Business Management
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2013 - 2017 産業クラスターのネットワーク論的研究
  • 2010 - 2013 産業クラスターと企業の組織能力に関する研究
  • Information Technology and Business Strategy
  • Information Technology and Organizational Design
MISC (11):
  • 花岡幹明, 和田剛明. 【資料】東三河ビジネスプランコンテスト受賞者へのインタビュー~コンテストに出て何が変わったのか?~. 豊橋創造大学短期大学部紀要. 2018. 35. 65-78
  • 花岡 幹明. 『インテルの戦略-企業変貌を実現した戦略形成プロセス-』(J.Burgelman Strategy is Destiny: How Strategy-making Shapes a Company's Future. 2002.). 経営戦略学会学会誌『経営戦略研究』. 2007. 5. 57-61
  • 花岡 幹明. 学生による起業体験とその取り組み~豊橋創造大学チャレンジショップの試み~. 豊橋創造大学紀要. 2005. 9. 91-101
  • Research Note : Categorization of Investment in IT & Firms Performance. 2003. 7. 129-140
  • The 'Alt. elite' and Information Systems in Japanese Antiguarian Booksellers Cooperative. 2002. 6. 97-111
more...
Books (2):
  • 消費者信用の経済学
    東洋経済新報社 2008
  • 人事マネジメントのケースと理論
    五絃社 2001
Lectures and oral presentations  (9):
  • 自らのアイデアをビジネスとして実現してみませんか! ~プラン作成の方法とコンテストの意義を学ぶ~
    (豊橋市 市民大学トラム 2019)
  • 共同研究開発による吸収能力の向上 -東海地域クラスター内の中小企業を対象にして-
    (日本経営学会関西部会 2015)
  • 複数企業が参加した新製品開発のメカニズム-産業クラスターにおける事例-
    (経営戦略学会 2014)
  • 地域商業の活性化~学生チャレンジショップの10年
    (九州産業大学経営学会講演 2011)
  • 学生チャレンジショップにおける地域高齢者サポートビジネスの展開
    (第14回バイオフィリアリハビリテーション医学会総会 2010)
more...
Education (4):
  • - 2001 Waseda University
  • - 2001 Waseda University
  • - 1992 Waseda University
  • - 1992 Waseda University
Professional career (1):
  • (BLANK) (Waseda University)
Committee career (9):
  • 2017/04 - 現在 豊川市 豊川市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議委員
  • 2016/06 - 現在 豊橋市 豊橋市ええじゃないか豊橋推進会議委員
  • 2015/10 - 現在 豊橋商工会議所 豊橋商工会議所経営発達支援計画評価委員
  • 2012/05 - 現在 サイエンスクリエイト(株) 新事業創出研究会専門委員
  • 2008/06 - 現在 東三河ビジネスプランコンテスト 東三河ビジネスプランコンテスト実行委員
Show all
Association Membership(s) (4):
経営戦略学会 ,  経営行動研究学会 ,  組織学会 ,  日本経営学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page