Rchr
J-GLOBAL ID:200901072468966998   Update date: Oct. 12, 2018

Kino Yoko

キノ ヨウコ | Kino Yoko
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (22): エスニック・アイデンティティ ,  エスニシティ ,  日本語 ,  出稼ぎ ,  日系コロニア ,  文化資本 ,  ブルデュー ,  社会分析 ,  美意識 ,  ジャポニスム ,  ブラジル ,  文化的再生産 ,  再生産 ,  文化伝承 ,  ライフヒストリー ,  ブラジル日系社会 ,  日本文化 ,  文化交流 ,  文化人類学 ,  社会学 ,  antholopology ,  sociology
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2008 - 2011 ブラジル日系コロニアにおける再生産構造をめぐる現地調査
  • 2005 - 2005 フランス女性が抱くネオジャポニズムをめぐる実証的研究~日本製アニメーションや漫画に育てられた世代を中心に~
  • 1999 - 2000 エスニック・アイデンティティと宗教生活との関連性をめぐる調査研究~ブラジル日系「出稼ぎ」 労働者を中心に~
  • 1994 - 1996 ブラジル移民および来住ブラジル人の生活構造・意識の変化に関する総合的現地調査研究
  • 1996 - ブラジル日系「出稼ぎ」労働者にとっての「日本語」~揺れるエスニック・アイデンティティを めぐる調査研究~
Show all
Papers (20):
  • 紀 葉子. サンパウロ日系コロニアにおける老人クラブ連合会の社会的機能~大 都市における高齢者の社会生活を支えるネットワーク~. 福祉社会開発研究. 2010. 3. 15-28
  • 紀 葉子. ネオジャポニスムにみるジェンダーイメージ~Japan Expo における 2007年2008年の調査より~. 人間科学総合研究所紀要. 2010. 12. 223-238
  • 紀 葉子. テレビアニメーションが開いた新しいジャポニスムの扉について ー Japan Expoにおける2006年の調査よりー. 現代社会研究. 2009. 6. 11-22
  • 紀 葉子. サンパウロ、カロン地区における地域福祉活動の試み~日伯援護協会 による奄美事業所跡地プロジェクトの現状と課題~. 福祉社会開発研究. 2009. 2. 71-80
  • 紀 葉子. 大学における健全性とは何か~大学はだれに対して開かれるべきか. 『現代社会と大学評価』. 2007. 3. 74-87
more...
MISC (11):
  • On Bourdieu's Sociological views. Situation. 2002. III-3-4 PP.68-75
  • Distinction ohez nous. Annuaine de la societe japono-francaise de Sociologie. 2001. No.11 PP.53-64
  • Pesquisa sobre tnabalhadores em Dekasegui no japao,vindos da colonia agricola Nikkei da Amazonia Brasilora. The Institute of souial Relations,Toyo-Univ. 1999. 24
  • The Ethnic Identity of Korean Women in Japan. ANNUAL OF THE INSTITUTE OF SOCIAL RELATIONS TOYO UNIVERSITY. 1996. 28. .47-82
  • Women's marriage moratorium and their self-fulfillment in today's Japanese society. ANUAL OF THE INSTITUTE OF SOCIAL RELATIONS, TOYO Univ. 1992. 25,39-64
more...
Books (6):
  • 『日仏社会学叢書、第3巻、ブルデュー社会学への挑戦』
    恒星社恒星閣 2005
  • 『日仏社会学叢書、第4巻、日仏社会論への挑戦』
    恒星社恒星閣 2005
  • 日本社会論の再検討 -到達点と課題- (共著)
    未来社 1995
  • 宗教ネットワーク(共著)
    行路社 1994
  • 社会的相互作用論の立場から見た社会病理
    現代の社会病理 1993
more...
Works (8):
  • 北伯アマゾン河流域の日系人コロニアの歴史と現状 -マナウス近郊のベラビスタ、カショエラ・グランジ、エフジェニオ・サーレスを中心に-
    1996 -
  • The Research for Japanese colony along Amazon
    1996 -
  • ヨルダン=ハシミテ王国における日本のODA活動と人々の暮しに関する現地調査
    1995 -
  • 在伯コリアン女性のエスニック・アイデンティティをめぐる現地調査 -サンパウロ市ブラース地区を中心に-
    1995 -
  • The activities of Japanese ODA in Jordan
    1995 -
more...
Education (5):
  • 1988 - 1991 立命館大学大学院博士課程後期課程 応用社会学専攻
  • - 1991 Ritsumeikan University
  • 1986 - 1988 立命館大学大学院博士課程前期課程 応用社会学専攻
  • 1981 - 1985 Ritsumeikan University
  • - 1985 Ritsumeikan University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • (BLANK)
Work history (4):
  • 2015/04 - 2017/03 Toyo University Faculty of Sociology
  • 2014/04 - 2015/03 Toyo University Faculty of Sociology, Department of Sociology
  • 2009/04 - 2010/03 Toyo University
  • 2005/04 - 2008/03 Toyo University Faculty of Sociology, Department of Sociology
Committee career (3):
  • 2016 - 2017 学術振興会 科研費第一段審査委員
  • 2010 - 2011 学術振興会特別研究員等審査委員
  • 2001 - 日本社会学会 『社会学評論』専門委員
Association Membership(s) (3):
日仏社会学会 ,  関西社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page