Rchr
J-GLOBAL ID:200901072597899849   Update date: Jun. 03, 2021

KONDO Kenshi

コンドウ ケンシ | KONDO Kenshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Japanese language education ,  Literature - Japanese
Research keywords  (12): 日本語学習 ,  メディア教材 ,  山崎新聞 ,  三木露風 ,  野村胡堂 ,  宮澤賢治 ,  渡来人 ,  東アジア ,  万葉集 ,  国文学 ,  eーラーニング ,  多言語
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2023 三木露風の未公開資料の公開・整理及び基礎的研究
  • 2015 - 2017 「自主創造型パーソン」の育成を目標とした全学共通教育における効果的なアクティブ・ラーニング開発に関する研究
Papers (52):
  • 近藤健史. 新聞記者たちの見た三木露風-四国巡講の旅ー. 日本大学通信教育部研究紀要. 2022. 34. 33-47
  • 近藤健史、高田智之. 現代によみがえる三木露風と『山崎新聞』. 日本大学通信教育部紀要. 2020. 33. 13-38
  • 近藤健史. 三木露風の東北巡講-その行程と講演-. 東アジア日本語教育・日本文化研究. 2019. 22. 299-314
  • 近藤健史. 三木露風東北巡講における作品の諸相. 日本大学通信教育部紀要. 2019. 32. 3-28
  • 近藤健史. 文化が拓く異文化間コミュニケーションー文学、メディア・アート、パフォーマンスにおける事例研究ー. 日本大学大学院総合社会情報研究科紀要. 2018. 18. 279-290
more...
MISC (3):
  • 近藤健史. 京城に渡った宮沢賢治ー映画「風の又三郎」の享受ー. 東アジア日本語教育・日本文化研究. 2018. 21. 1-19
  • 近藤健史. 宮澤賢治の南洋諸島ポナペ島への手紙-成瀬金太郎に贈った「竜のはなし」-. 賢治学. 2016. 3. 2-19
  • 近藤健史. 越境する宮沢賢治ー映画「風の又三郎」-. 文化翻訳が拓く異文化間コミュニケーションの可能性 報告書. 2016. 53-64
Books (13):
  • はじめての情報 メディア コミュニケーション リテラシー
    技術評論社 2019 ISBN:9784297104917
  • 万葉歌の環境と発想
    翰林書房 2017
  • メディア活用能力とコミュニケーション
    大学図書出版 2016 ISBN:9784907166526
  • 日本古典文学
    弘文堂 2015 ISBN:9784335002090
  • マンヨウ ハセヨ 韓国語対照万葉集
    日本大学精神文化研究所 報告書 2009
more...
Lectures and oral presentations  (21):
  • 現代によみがえる三木露風と『山崎新聞』
    (三木露風生誕130年記念講演 2019)
  • 地方記者たちの見た三木露風-四国巡講の旅-
    (東アジア日本語研究・日本文化研究学会 2019年度国際学会 2019)
  • 三木露風と東北巡講-「盛岡における「宗教と文学」-
    (東アジア日本語教育・日本文化研究学会 2018年度国際学会 2018)
  • 京城に渡った宮澤賢治-映画「風の又三郎」-
    (東アジア日本語教育・日本文化研究学会 2017年度国際学術大会 2017)
  • 宮沢賢治と心の健康
    (日本健康・スポーツ教育学会 第3回学術大会 2017)
more...
Education (2):
  • - 1981 Nihon University 国文学
  • - 1975 Nihon University 国文学
Committee career (2):
  • 2013/01 - 現在 韓国日語日文学会 海外理事
  • 1997 - 現在 上代文学会 理事
Association Membership(s) (9):
韓国日語日文学会 ,  東アジア日本語教育・日本文化研究学会 ,  日本大学国文学会 ,  上代文学会 ,  古代文学会 ,  萬葉学会 ,  全国大学国語国文学会 ,  美夫君志会 ,  宮沢賢治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page