Rchr
J-GLOBAL ID:200901073071559799   Update date: Mar. 01, 2024

MATSUDA Akira

マツダ アキラ | MATSUDA Akira
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2019 次世代シーケンシングによる再発・難治性後天性赤芽球癆の診断と治療に関する研究
  • 2007 - 2015 骨髄異形成症候群/再生不良性貧血の前方視症例登録:セントラルレビュー
  • 2004 - 2006 再生不良性貧血の前方視症例登録:セントラルレビュー
  • 2004 - 2005 不応性貧血の診断基準及び予後因子による病型分類に関する国際的普遍性と民族差の研究
Papers (181):
  • Tomoya Maeda, Akira Matsuda, Junya Kanda, Hiroshi Kawabata, Takayuki Ishikawa, Kaoru Tohyama, Akira Kitanaka, Kayano Araseki, Kei Shimbo, Tomoko Hata, et al. Clinical impact and characteristics of erythroid dysplasia in adult aplastic anaemia: Results from a multicentre registry. British Journal of Hematology. 2024. Online ahead of print
  • Kinuko Mitani, Jong Wook Lee, Jun-Ho Jang, Yoshiaki Tomiyama, Koji Miyazaki, Koji Nagafuji, Kensuke Usuki, Nobuhiko Uoshima, Tomoaki Fujisaki, Hiroshi Kosugi, et al. Long-term efficacy and safety of romiplostim in refractory aplastic anemia: follow-up of a phase 2/3 study. Blood advances. 2023. Online ahead of print
  • 前田智也, 松田晃. 骨髄異形成腫瘍(旧 骨髄異形成症候群). 臨床検査. 2023. 67. 7. 703-708
  • Hideyuki Nakazawa, Kaoko Sakai, Akiko Ohta, Naohito Fujishima, Akira Matsuda, Kohei Hosokawa, Fumi Nakamura, Shinji Nakao, Kinuko Mitani, ◎Fumihiro Ishida. Incidence of acquired pure red cell aplasia: a nationwide epidemiologic analysis with 2 registry databases in Japan. Blood Advances. 2022. 6. 24. 6282-6290
  • 松田晃. クローン性造血が存在する前造血器腫瘍状態. 臨床検査. 2022. 66. 12. 1386-1391
more...
Books (104):
  • 骨髄・末梢血スメア標本「血液専門医テキスト(改訂第4版)」
    南江堂 2023
  • 赤芽球癆「血液内科グリーンノート」
    中外医学社 2021
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症「血液内科グリーンノート」
    中外医学社 2021
  • 骨髄異形成症候群「血液内科グリーンノート」
    中外医学社 2021
  • 骨髄異形成症候群 血液内科グリーンノート
    中外医学社 2021
more...
Lectures and oral presentations  (219):
  • The Prognostic Impact of Erythroid Dysplasia in Aplastic Anemia and Myelodysplastic Neoplasms with Single-Lineage Dysplasia
    (3rd Regional Symposium on Myelodysplastic Syndromes 2024)
  • MDSにおける環状鉄芽球存在頻度についての解析
    (厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 『特発性造血障害に関する調査研究』 令和5年度2回合同班会議総会 2024)
  • PRCA患者におけるCsA/PSL奏効までの期間の影響(PRCA2016の中間解析から)
    (第85回日本血液学会学術集会 2023)
  • 未治療再生不良性貧血患者に対するATG+CsA+ロミプロスチムの有用性:第2/3相治験結果
    (第85回日本血液学会学術集会 2023)
  • 当院における濾胞辺縁帯B細胞性リンパ腫の検討
    (第85回日本血液学会学術集会 2023)
more...
Works (1):
  • 骨髄異形成症候群 新薬が切り拓く新たな治療の可能性
    松田晃 2010 -
Professional career (2):
  • 博士(医学) (埼玉医科大学)
  • 医学博士 (埼玉医科大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page