Rchr
J-GLOBAL ID:200901073402437524   Update date: Aug. 31, 2020

Michitaka Ozaki

オザキ ミチタカ | Michitaka Ozaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://prometheus-lsi.com/
Research field  (1): General surgery, pediatric surgery
Research keywords  (9): bio-imaging ,  oxidative stress ,  cell death ,  liver injury ,  肝再生 ,  redox regulation ,  signal transduction ,  organ transplantation ,  liver regeneration
Research theme for competitive and other funds  (50):
  • 2019 - 2022 ランタニド・ナノ粒子(LNP)を利用した癌細胞特異的光治療法の開発
  • 2019 - 2022 肝虚血・再灌流傷害における多段階多元的傷害進展のメカニズム解析
  • 2019 - 2022 生体分子の量と活性を測るオプトバイオ分析の創発
  • 2017 - 2021 毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法の開発
  • 2017 - 2020 意識下手術における聴覚刺激に伴う精神活動の可視化とストレスマネジメント方略
Show all
Papers (167):
more...
MISC (79):
Books (1):
  • 「移植のための臓器摘出と保存」
    シュプリンガー・ジャパン 2012
Lectures and oral presentations  (145):
  • In vivo multi-recording system of clock gene expression in deep areas of the body using a photomultiplier tube.
    (Resonance Bio International Symposium 2019)
  • 肝傷害および進展におけるPoly(ADP-ribose) polymerase-1(PARP1) の役割
    (第31回日本肝臓医生物学研究会LBSG-J(プロメテウスの会) 2019)
  • Analysis of programmed cell death in hepatocytes induced by Fas ligand and oxidative stress
    (2019)
  • 非アルコール性脂肪肝炎に対するFBRAの抑制効果の検討
    (第41回FBRA全国研究会 2019)
  • 肝虚血・再灌流、酸化ストレスと細胞死(臓器傷害)とその制御 -マウス肝における虚血再灌流傷害進展の分子機構 -
    (第72回日本酸化ストレス学会学術集会 2019)
more...
Works (32):
  • 「肝再生・障害におけるJak/STAT3およびPI3K/PDK1/Aktの意義と機能解析」
    2005 -
  • 種々の原因による肝障害・肝再生のシグナル解析とその臨床応用への可能性
    2005 -
  • 「肝臓の虚血再還流障害、肝再生の病態・生理」 岡山大学・大学院特別講義
    2005 -
  • 教育講演「肝虚血・再潅流障害と再生の分子機構」
    2005 -
  • 急性肝不全の病態解明とSTAT3をターゲットとした治療の展望
    2005 -
more...
Education (3):
  • 1984 - 1988 岡山大学大学院博士課程
  • 1978 - 1984 岡山大学 医学科
  • 1975 - 1978 岡山県立岡山操山高等学校
Professional career (1):
  • 医学博士
Work history (16):
  • 2016 - 北海道大学大学院 保健科学研究院 生体応答制御医学分野 教授(兼任)
  • 2013 - 北海道大学大学院 保健科学研究院 健康イノベーションセンター 生体分子・機能イメージング部門 教授(兼任)
  • 2007 - 2012 Hokkaido University School of Medicine
  • 2012 - 北海道大学大学院 保健科学研究院 教授
  • 2004 - 2007 Hokkaido University School of Medicine
Show all
Committee career (6):
  • 2018/05 - 現在 日本がん分子標的治療学会 評議員
  • 2018/04 - 現在 (一社)日本臓器保存生物医学会 臓器保存機能再生プロジェクト小委員会委員
  • 2018/04 - 現在 (一社)日本臓器保存生物医学会 会則委員会委員長
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 理事
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 評議員
Show all
Awards (8):
  • 2018/09 - IBD and Liver: East Meets West Posters of Distinction. Relevance of FXR-p62/SQSTM1 pathway for survival and protection of mouse hepatocytes and liver with steatosis.
  • 2015/05 - 北海道大学大学院保健科学研究院 第7回北海道大学大学院保健科学研究院長賞
  • 2005 - ILTS 2005 Travel Award International Liver Transplantation Society.
  • 2002 - ACT 2002 International Investigator Award (Dr. Lei Guo as awardee) American Congress of Transplantation
  • 2001 - AST 2001 International Investigator Award American Society of Transplantation
Show all
Association Membership(s) (14):
米国遺伝子治療学会 ,  日本透析療法学会 ,  日本肝臓学会 ,  会員:日本外科学会 ,  評議員:日本移植学会 ,  日本再生医療学会 ,  企画委員:細胞情報伝達系北海道研究会 ,  米国移植学会 ,  日本生化学会 ,  国際移植学会 ,  米国移植学会:Awards委員会 ,  日本臓器保存生物医学会 ,  日本遺伝子治療学会 ,  American Transplant Society) 2005-2007年度
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page