Rchr
J-GLOBAL ID:200901073526772399   Update date: Nov. 09, 2020

KATSUNORI IDA

イダ カツノリ | KATSUNORI IDA
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Educational psychology
Research keywords  (1): Educational psychology, Eriksonian industry
Papers (52):
  • 伊田勝憲. 自尊感情と認知能力及び非認知能力との関係:加藤・大田・松下・三井論文へのコメント. 青年心理学研究. 2019. 31. 1. 73-77
  • 鈴木秀志, 原田唯司, 伊田勝憲, 伊藤公介. 「チーム学校」充実に向けたスクールソーシャルワーカーとの連携の在り方:浜松市教育委員会の取組. 静岡大学教育実践総合センター紀要. 2019. 28. 267-276
  • Katsunori IDA. Development of an Assessment Tool for High School Students' Learning Motivation. Bulletin of the Faculty of Education Shizuoka University (Social and Natural Sciences and Liberal Arts Series). 2018. 69. 163-174
  • 伊田 勝憲. Act to Accelerate Countermeasures against IJIME (bullying) and School Psychology. Bulletin of the Faculty of Education Shizuoka University (Social and Natural Sciences and Liberal Arts Series). 2018. (vol). 68. 89-100
  • Takuya YAMASHIRO, Kousuke ITOH, Hideshi SUZUKI, Katsunori IDA. “Special Subject of Moral” and “Special Activities” in the New Course of Study: In Order to Prevent Bullying Before It Happens. 静岡大学教育実践総合センター紀要. 2018. 28. 267-276
more...
Books (14):
  • 公認心理師の基本を学ぶテキスト 8 学習・言語心理学:支援のために知る「行動の変化」と「言葉の習得」
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623085835
  • Encyclopedia of Adolescence
    丸善 2014
  • 新・青年心理学ハンドブック
    福村出版 2014
  • 大学生活をゆたかにする心理学:心の科学への招待
    福村出版 2013
  • パーソナリティ心理学ハンドブック
    福村出版 2013
more...
Lectures and oral presentations  (97):
  • 教育場面における動機づけ研究の展開と応用
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • ラウンドテーブル「発達心理学における Unconscious Bias」
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 高校生の学習意欲の質は 3 年間でどのように変容するか -学年と性差の 2 要因に着目した縦断データの分析から-
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • ラウンドテーブル「発達を創る青年たち(1) 」話題提供2:自己責任論と向き合う心理学講義の試み
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 内発的・外発的目標に着目した学習意欲の質の簡便な測定方法の開発:クラスター分析による類型化と高校1・2年次の縦断的検討から
    (日本教育心理学会第60回総会 2018)
more...
Education (3):
  • - 2004 Nagoya University
  • - 2001 Nagoya University
  • - 1999 Hirosaki University
Professional career (1):
  • 修士(教育心理学) (名古屋大学)
Work history (7):
  • 2019/04/01 - 立命館大学 大学院 教職研究科 教授
  • 2015/04/01 - 2019/03/31 静岡大学 学術院 教育学領域 准教授(教職大学院系列)
  • 2014/04/01 - 2015/03/31 Shizuoka University Graduate School of Education
  • 2007/10/01 - 2014/03/31 Hokkaido University of Education Faculty of Education
  • 2007/04/01 - 2007/09/30 Mie Chukyo University
Show all
Committee career (9):
  • 2019/05 - 2020/03 静岡市 不登校対応研修プログラム作成委員会委員
  • 2015/05 - 2020/03 北海道教育委員会(北海道札幌啓成高等学校) スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員
  • 2019/04 - 心理科学研究会 運営委員長
  • 2018/10 - 2019/03 静岡市 子どもの貧困対策推進会議委員
  • 2017/06 - 2019/03 NPO法人サンフォレスト 理事
Show all
Association Membership(s) (13):
Japanese Research Association of Psychological Science ,  大学評価学会 ,  日本保健医療行動科学会 ,  北海道臨床教育学会 ,  東海心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本キャリア教育学会 ,  日本青年心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page