Rchr
J-GLOBAL ID:200901073900288250   Update date: Mar. 14, 2013

Kawasaki Kazuo

カワサキ カズオ | Kawasaki Kazuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (2): 刑法 ,  criminal law
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1971 - 犯罪論と刑罰論
  • 1971 - crime and penalty of criminal law
MISC (65):
  • 窃盗の既遂時期. 有斐閣 刑法判例百選II各論〔第五版〕. 2003
  • 事実の錯誤と法律の錯誤(3). 有斐閣 刑法判例百選I総論〔第五版〕. 2003
  • 未成年者拐取罪、営利誘拐罪、強制わいせつ罪、住居侵入罪の保護法益、秘密漏示罪、名誉に対する罪の保護法益、名誉毀損罪と「公然性」、表現の自由と公共の利害に関する場合の特例、公務と業務の関係. 法学書院 演習ノート 刑法各論〔全訂第二版〕(岡野光雄編). 2003
  • 往来を妨害する罪. 日本評論社 基本法コンメンタール・改正刑法〔第二版補訂版〕阿部純二編. 2002. 別冊法学セミナー176号
  • 偽名の記載と人格の同一性. 有斐閣 平成11年度重要判例解説1179号. 2000
more...
Books (28):
  • 『刑法各論(30講)』
    北樹出版 2013
  • 『刑法総論』
    青林書院 2013
  • 岡野光雄編『演習ノート 刑法各論全訂第2版』
    法学書院 2013
  • 『刑法総論(犯罪論)』(2009年)
    北樹出版 2013
  • 『刑法各論』
    青林書院 2013
more...
Works (74):
  • 事実の錯誤と法律の錯誤(3) (刑法判例百選I総論 第5版刑法判例百選I総論 第5版)
    2003 -
  • 窃盗罪の既遂時期(有斐閣 刑法判例百選II各論第5版)
    2003 -
  • 往来を妨害する罪 (日本評論社 阿部純二編『基本法コンメンタール・改正刑法第2版補訂版』 別冊法学セミナー176号所収)
    2002 -
  • 偽名の記載と人格の同一性(有斐閣 平成11年度重要判例解説 No.1179)
    2000 -
  • 往来を妨害する罪 (日本評論社 阿部純二編『基本法コンメンタール・改正刑法第2版』 別冊法学セミナー161号所収)
    1999 -
more...
Education (4):
  • - 1971 Waseda University
  • - 1971 Waseda University public law
  • - 1965 Waseda University
  • - 1965 Waseda University legal science
Professional career (1):
  • doctor of legal science (Soka University)
Work history (1):
  • 1971 - 2011 研究職歴
Association Membership(s) (1):
日本刑法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page