Rchr
J-GLOBAL ID:200901074004959789   Update date: Dec. 06, 2018

Fujita Shinobu

フジタ シノブ | Fujita Shinobu
Affiliation and department:
Research field  (3): Architectural and city planning ,  Home economics, lifestyle science ,  Home economics, lifestyle science
Research keywords  (9): けいはんな ,  オープンナガヤ大阪 ,  地域SNS ,  建築士 ,  大阪長屋 ,  まちづくり ,  Human Geography ,  Housing Planning ,  Community Based Developement
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2016 - 2018 創造的不動産情報提供システムの研究ーメディアミックスとオープンナガヤ大阪
  • 2013 - 2014 大阪長屋保全ネットワーク構築の社会実験
  • 2010 - 2012 大阪長屋の総合的な情報提供システムの構築〜豊崎プラザの情報化と発信〜
  • 2007 - 2009 大阪型近代長屋スポットの保全・活性化に関する研究
  • 2005 - 2006 「活き活きとした人生」を創出する高齢者のための居場所づくり-イタリアの「社会センター」と日本の「まちの縁側」の比較研究-
Show all
Papers (64):
more...
MISC (57):
  • 藤田 忍. 巻頭言 まちづくりの進め方・・・きっちりか、ゆるやかか. 住宅会議. 2018. 104
  • 藤田 忍. まちづくりの鍵を不動産所有者が握っている-背中を押す創造的不動産情報. 月刊不動産流通. 2017
  • 藤田 忍. 宮本憲一先生の『戦後日本公害史論』. 財政学散歩. 2016. 21
  • 藤田 忍. 大阪長屋を活かすまちづくり〜大阪市大豊崎モデルを中心に〜. UIIまちづくりレター集〜まちを元気にする18話:(公財)都市活力研究所. 2016
  • 藤田 忍, 古川 理瑛, 植 高司. オープンナガヤ大阪2012 : 長屋再生にむけた同時多発公開イベント. 季刊まちづくり. 2013. 39. 122-127
more...
Books (38):
  • 大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究(その2)
    (公財)アーバンハウジング 2017
  • 『包摂都市のレジリエンス 理念モデルと実践モデルの構築』
    水曜社 2017
  • 大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究
    (公財)アーバンハウジング 2016
  • 景観まちづくり講座テキスト
    (一社)住まい・まちづくり担い手支援機構 2013
  • 『いきている長屋 大阪市大モデルの構築』
    大阪公立大学出版会大阪公立大学出版会 2013
more...
Lectures and oral presentations  (84):
  • 広がる長屋活用ネットワークとオープンナガヤ大阪
    (いきている長屋・建築学会著作賞受賞記念講演会 2018)
  • 招待講演「景観まちづくり〜その歩みとこれから〜」
    (札幌市立大学景観研究会 2018)
  • 招待講演「大阪長屋保全の創造的まちづくり」
    (大阪市立大学 文化交流センター夏期講座 2018)
  • 受賞記念講演「大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究」
    (第5回福祉住環境サミット、福祉住環境アワード住まいづくり部門 2018)
  • 招待講演「町家・長屋の保全、活用から 創造的まちづくりへ」
    (岸和田市講演会 2018)
more...
Works (1):
  • Town Watching Detectives-Work Shop for Community Based Developement
    1996 -
Education (6):
  • - 1985 Osaka City University
  • - 1985 Osaka City University
  • - 1979 Kyoto University
  • - 1979 Kyoto University
  • - 1977 Kyoto University
Show all
Professional career (2):
  • Master of Engineering
  • Doctor of Philosophy
Work history (10):
  • 2002 - 2018 Osaka City University Graduate School of Human Life Science
  • 1996 - 2002 Osaka City University Faculty of Human Life Science, Department of Housing and Environmental Design
  • 1997/12 - 中国建築設計研究院 JICA短期派遣専門家
  • 1990 - 1996 建設省建築研究所
  • 1990 - 1996 BRI
Show all
Committee career (18):
  • 2013 - 現在 精華町(京都府相楽郡) 都市計画審議会委員
  • 1997 - 現在 (公社)大阪府建築士会 理事、常任理事、まちづくり委員会委員長、技術顧問
  • 2005 - 2018 岸和田市 景観審議会 会長、歴史的町並み保全基金運営委員会委員長、こころに残る景観資源発掘委員会委員
  • 2016 - 2017 日本建築学会 教育賞選考委員会委員 同委員長
  • 2016 - 2016 奈良女子大学 住環境学科外部評価委員会委員長
Show all
Awards (10):
  • 2018/05 - 日本建築学会 2018年日本建築学会著作賞 『いきている長屋-大阪市大モデルの構築』
  • 2018/03 - 一般社団法人福祉住環境アソシエーション 第5回福祉住環境サミット、福祉住環境アワード 住まいづくり部門優秀賞 大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究
  • 2017/10 - (公社)日本建築士会連合会 会長表彰
  • 2014/10 - (公社)日本建築士会連合会 第8回まちづくり賞・まちづくり優秀賞 「大阪長屋再生によるまちづくり」
  • 2011/11 - 公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞特別賞・サステナブルデザイン賞(経済産業大臣賞) 「豊崎長屋」
Show all
Association Membership(s) (4):
日本家政学会 ,  都市住宅学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page