Rchr
J-GLOBAL ID:200901074062363845   Update date: Oct. 22, 2020

Mitsuiwa Yoshitaka

ミツイワ ヨシタカ | Mitsuiwa Yoshitaka
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (2): コンクリート工学 ,  Concrete Engineering
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2002 - 高炉スラグ微粉末を使用したポーラスコンクリートに関する研究
  • 2002 - 高炉スラグ微粉末を使用したポーラスコンクリートに関する研究
  • 2002 - Properties of Porous Concrete with finely powdered iron-blast-furnace slag
  • 2002 - Properties of Porous Concrete with finely powdered iron-blast-furnaceslag
  • 1997 - フライアッシュを多量使用した高流動コンクリートの特性
Show all
Papers (11):
MISC (55):
Books (3):
  • コンクリート構造工学 第5版
    森北出版 2020 ISBN:9784627406551
  • 図説 わかるコンクリート構造
    学芸出版社 全167頁 2015
  • 建設材料[第2版]
    森北出版 全222頁 2012
Lectures and oral presentations  (36):
  • 製鋼スラグ骨材を刺激材としたスラグ石膏モルタルについて
    (土木学会四国支部技術研究発表会 2006)
  • スラグ石膏セメントを使用したポーラスコンクリートの耐凍害性(その2)
    (土木学会四国支部技術研究発表会 2006)
  • 建設汚泥固化物を細骨材補充材として用いたコンクリートの品質
    (土木学会四国支部技術研究発表会 2006)
  • 安定化したスラッジ水を練混ぜ水に使用した貧配合コンクリートの諸特性
    (第60回セメント技術大会 2006)
  • スラグ系材料を使用したポーラスコンクリートに関する研究
    (土木学会関西支部年次学術講演会 2006)
more...
Education (4):
  • - 1995 The University of Tokushima
  • - 1995 The University of Tokushima Civil Engineering
  • - 1993 The University of Tokushima Department of Civil and Environmental Engineering
  • - 1993 The University of Tokushima Civil Engineering
Professional career (2):
  • Master(Eng.) (The University of Tokushima)
  • Doctor(Eng.) (The University of Tokushima)
Work history (8):
  • 2015/04 - 現在 Wakayama National College of Technology
  • 2008 - 2015/03 Wakayama National College of Technology
  • 2007 - 2008 Wakayama National College of Technology
  • 1997 - 2007 Wakayama National College of Technology
  • 1997 - 2007 Research Associate, Wakayama National College of Technology
Show all
Awards (2):
  • 2004 - 土木学会全国大会優秀講演賞
  • 1998 - 第20回コンクリート工学講演会優秀講演賞
Association Membership(s) (3):
日本材料学会 ,  日本コンクリート工学会 ,  土木学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page