Rchr
J-GLOBAL ID:200901074252568974   Update date: Dec. 18, 2008

Harano Noboru

ハラノ ノボル | Harano Noboru
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - European
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • ヨーロッパ中世文化論
  • フランス中世文学語学
  • Civilisation m(]E85EE[)di(]E85EE[)vale en Europe
  • litt(]E85EE[)rature fran(]J1114[)aise du moyen (]J1104[)ge
MISC (71):
  • 広島フランス人墓地の兵士について(1). 仏蘭西学研究. 2004. 34. 1-11
  • 固有名詞Renartと普通名詞renardの間. 広島大学フランス文学研究. 2003. 22. 50-61
  • Concordance du Roman de Renartについて. ロマンス語研究. 2002. 35. 34-42
  • 『ロランの歌』における女性. 広島大学文学研究科論集. 2001. 61. 111-122
  • Fragments du Tristan en prose (Version III). Romania. 2001. 119. 219-231
more...
Books (57):
  • 旅と巡礼の表象ーフランス中世文学にみる
    溪水社『中世ヨーロッパの時空間移動』 2004
  • 中世ヨーロッパの時空間移動
    溪水社 2004
  • 狐物語2
    溪水社 2003
  • フランス中世文学にみる騎士像-多文化共生の視点から
    溪水社『中世ヨーロッパと多文化共生』 2003
  • 中世ヨーロッパと多文化共生
    溪水社 2003
more...
Works (34):
  • 『狐物語』(翻訳・共訳)(岩波文庫)
    2002 -
  • 今日におけるヨーロッパとフランスと日本 「フランス?EU(欧州連合)?日本:その未来への方策」と題する講演会を広島大学で開催
    2001 -
  • 『狐物語』の校訂 『狐物語』Le Roman de Renartのγ版(原野昇ほか校訂)を再検討し,注も見直し,現代フランス語訳を行う
    2001 -
  • フランス中世写本について スイス・ローザンヌ大学,フランス・アミアン大学,パリ第8大学を訪問し,スイスにおけるフランス中世写本について,指導・助言を受ける
    2000 -
  • 『エネアス物語』(翻訳.共訳)溪水社
    2000 -
more...
Education (2):
  • - 1965 Hiroshima University
  • - 1965 Hiroshima University
Professional career (2):
  • (Docteur (]J1118[)s Letters) (Universite de paris)
  • 文学修士 (広島大学)
Committee career (4):
  • 2002 - 2003 日本ロマンス語学会 監査
  • 2003 - 国際動物叙事詩学会(=国際『狐物語』研究者協会) 会長
  • 2003 - Societe internationale renardienne President
  • 2002 - 国際アーサー王学会日本支部 副会長
Awards (8):
  • 2004 - 「フランスの記憶」協会名誉称号(Diplome d'honneur du Souvenir Francais)
  • 2004 - エダ町名誉町民(Citoyen d'honneur de la Commune d'Aydat, France)
  • 2004 - Diplome d'honneur
  • 2004 - Citoyen d'honneur
  • 1990 - パルム・アカデミック勲章(フランス政府)
Show all
Association Membership(s) (4):
国際アーサー王学会日本支部 ,  国際動物叙事詩学会(=国際『狐物語』研究者協会) ,  日本ロマンス語学会 ,  Societe internationale renardienne
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page