Rchr
J-GLOBAL ID:200901074393387132   Update date: Aug. 03, 2016

Hara Kiyoharu

ハラ キヨハル | Hara Kiyoharu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://haralabo.com/http://haralabo.com/
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (9): 教師教育 ,  FD活動 ,  社会変動 ,  学校病理 ,  学力問題 ,  teacher Education ,  faculty development ,  social transformation ,  school pathology
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2008 - 学校病理に関する教育社会学的研究
  • 2005 - 高等教育における「人的資本」の開発について
  • 生涯学習に関する実証的研究
  • 世界の教育教育に関する比較教育学的研究
  • 教育改革に関する教育社会学的研究
Show all
MISC (84):
  • 浅田瞳. 高校階層とネットいじめの実態に関する実証的研究. 佛教大学教育学部学会紀要. 2015. 14. 1-14
  • 堀出雅人. 「特別活動」における実践的指導力を涵養する教育方法の研究. 佛教大学教育学部学会紀要. 2015. 14. 117-126
  • 学力論の変遷と高校生に求められる「力」. 月刊高校教育. 2015. 48. 6. 26-30
  • An Empirical Study of High school stratification and Cyber Bullying. Bulletin of The School of Education. 2015. 14. 1-14
  • Study of teaching methods to cultivate the practical leadership in "special activies". Bulletin of The School of Education. 2015. 14. 117-126
more...
Books (44):
  • 学校インターンシップの科学
    ナカニシヤ出版 2016 ISBN:9784779510489
  • 学修支援と高等教育の質保障I
    学文社 2015 ISBN:9784762025693
  • 学生の学力と高等教育の質保証(II)
    学文社 2013
  • A student's academic perfoemance and Quality Assurance of higher education
    2013
  • 学生の学力と高等教育の質保証
    学文社 2012 ISBN:9784762027031
more...
Lectures and oral presentations  (59):
  • ネットいじめの要因と実態に関する実証的研究(III)
    (日本教育学会第74回大会 2015)
  • How Do the Teachers Face for the Issue of Cyber-Bullying?
    (JUSTEC2015 2015)
  • ネットいじめの実態に関する実証的研究(III)
    (関西教育学会第67回大会 2015)
  • ネットいじめの現状と啓発効果に関する実証的研究
    (第7回日本子育て学会 2015)
  • How Do the Teachers Face for the Issue of Cyber-Bullying?
    (JUSTEC2015 2015)
more...
Works (13):
  • いじめの実態と児童・生徒への支援のあり方に関する総合的研究
    2014 - 2017
  • メディアとの付き合い方
    2013 - 2013
  • 『使い捨てられる若者たち』は格差社会の象徴か
    2012 - 2012
  • 学力低下と人間関係の分断、若年就労問題について考える
    2012 - 2012
  • 姿の見えない 伝聞の闇~人として、教育を見つめる~
    2012 - 2012
more...
Education (3):
  • - 2008 Kobe University Department of Regional Cooperation Policy Studies
  • - 1983 Kyoto Prefectural University
  • - 1983 Kyoto Prefectural University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (神戸大学)
  • 教育学修士 (大阪教育大学)
Work history (10):
  • 1999 - 2005 :佛教大学教育学部 助教授
  • 2005 - -:佛教大学教育学部 教授
  • 1993 - 2001 :神戸親和女子大学 非常勤講師
  • 1995 - 1999 :佛教大学教育学部 専任講師
  • 1994 - 1995 :佛教大学 非常勤講師
Show all
Committee career (7):
  • 2013/09 - 日本教師教育学会 理事
  • 2011/11 - 関西教育学会 理事
  • 2011/11 - 日本教育実践学会 理事
  • 2011/09 - 日本教育社会学会 理事
  • 1999/04 - 2001/03 日本比較教育学会 常任理事
Show all
Association Membership(s) (9):
関西教育行政学会 ,  現代教育研究会 ,  関西教育学会 ,  日本教育実践学会 ,  異文化間教育学会 ,  日本比較教育学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page