Rchr
J-GLOBAL ID:200901074424415504   Update date: May. 07, 2013

Tsuda Masao

ツダ マサオ | Tsuda Masao
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Social welfare
Research keywords  (1): Study of Public Access, Public Access Channel, Right of Access of the Media, Audience,
Papers (47):
  • 「アメリカの「メディアリフォーム」運動」. 『放送レポート』メディア総合研究所. 2011. 228
  • 「新しい社会構造への意識を マスメディアとNPOの協働は可能か」. 『新聞研究』新聞協会. 2010
  • Ralph Engelman. Public Access: The Vision of George Stoney, Chapter 11,Public Radio and Television in America: A Political History. 2009. 45巻. 3号
  • 「蜃気楼としてのジャーナリズムと市民公共圏の恢復~実践/研究の中間総括に代えて~」. 『産業社会学論集』、立命館大学産業社会学部. 2009. 45巻. 1号
  • 台湾の市民とメディア. 公共電子台. 2008
more...
Books (16):
  • ネット時代のパブリック・アクセス
    世界思想社 2011
  • 「戦争報道とメディアのゆくえ ~プロパガンダと競争を越えて~」君島東彦編『平和学を学ぶ人のために』
    世界思想社 2009
  • 「メディア主体としての市民運動の形成~市民メディア・ネットワークの誕生前史~」津田正夫・魚住真司編『メディア・ルネサンス 市民とメディア再生』
    風媒社 2008
  • 『新版 パブリック・アクセスを学ぶ人のために』「序章 今なぜパブリック・アクセスか」,「15章 市民メディアの課題」
    世界思想社 2006
  • Study of Public Access
    2002
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 地域コンテンツの利活用パブリック・アクセス
    (四国コンテンツ連携推進会議 2009)
  • あなたの思いを発信しましょう~市民メディア実践講座~
    (景観・まちづくり大学 2009)
  • パブリック・アクセスとコミュニティ・チャンネル
    (ケーブルテレビショーin KANSAI 2008)
  • パブリック・アクセスの概要と課題
    (2008)
  • 戦争報道とメディアのゆくえ~プロパガンダと競争を超えて~
    (2008)
more...
Works (3):
  • 調査報告書『アメリカの市民メディア2010』アメリカの市民メディア2010調査団、2011年2月
    2011 -
  • 「地域ジャーナリズムの使命と可能性」
    2008 -
  • 「市民の発信をどう保障するか~放送・通信の融合をみすえて」
    2007 -
Education (1):
  • - 1966 Kyoto University
Association Membership(s) (2):
日本マス・コミュニケーション学会 ,  日本NPO学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page