Rchr
J-GLOBAL ID:200901075504936978   Update date: Aug. 31, 2020

Kashiwazaki Naomi

カシワザキ ナオミ | Kashiwazaki Naomi
Affiliation and department:
Research keywords  (5): 体外培養 ,  超低温保存 ,  生殖系列細胞 ,  遺伝子改変動物 ,  生殖工学
Research theme for competitive and other funds  (31):
  • 2013 - 2014 特になし
  • 2013 - 2014 超低温保存生殖細胞からの個体復元法の改善
  • 2010 - 2014 ブタ卵の遠心・融合再構築法による生殖工学基盤・応用技術の確立
  • 2013 - 哺乳類精子におけるオキシトシンの新規機能解明と生殖技術への応用
  • 2010 - ラット精子に関する基盤技術の整備(体外受精法に利用可能な精子凍結法の開発)
Show all
Papers (85):
more...
MISC (23):
  • 内閣総理大臣賞受賞:有限会社 黒木養豚. 平成23年度農林水産祭受賞者の業績. 2012
  • 「家畜の繁殖技術」. 新動物生殖学. 2011. 16
  • 「内閣総理大臣賞受賞:グローバルピッグファーム」. 2011
  • 「胚の初期発生」、「着床」、「分娩」、「胚のエネルギー物質代謝」. 2010
  • 「(4) 家畜繁殖学」第 31章 畜産学. 2009
more...
Books (1):
  • 遺伝子改変動物の作出と応用
    養賢堂 2011
Lectures and oral presentations  (229):
  • 畜産の繁殖技術の展開について
    (2013)
  • ***
    (第106回日本繁殖生物学会大会 2013)
  • ***
    (第16回日本IVF学会 2013)
  • 投稿論文が受理されるまでの注意点:編集者からの視点で
    (日本畜産学会第117回大会 2013)
  • ブタ体外成熟卵におけるイノシトール3リン酸受容体の発現に及ぼすキナーゼ阻害剤の影響
    (日本畜産学会第117回大会 2013)
more...
Education (2):
  • 1984 - 1986 Meiji University of Agriculture
  • 1981 - 1984 Azabu University
Work history (6):
  • 2006/10 - 現在 Azabu University School of Veterinary Medicine, Department of Animal Science and Biotechnology
  • 2001/10 - 2006/09 Azabu University School of Veterinary Medicine, Department of Animal Science and Biotechnology
  • 1997/07 - 2001/09 Azabu University School of Veterinary Medicine
  • 1995 - 1997 (株)ワイエスニューテクノロジー研究所 その他(教員以外)
  • 1993 - 1995 Bresatec Ltd. その他(教員以外)
Show all
Committee career (8):
  • 2010/08 - 2011/07 農林水産祭中央審査委員畜産分化会 専門委員
  • 2011/04 - 平成23年度拡散防止措置確認会議 委員
  • 2004/04 - 2010/03 生殖工学(研)会 編集委員
  • 1999/04 - 2010/03 生殖工学(研)会 理事
  • 2009/04 - 第18回国際ラット遺伝システムワークショップ組織委員会 委員
Show all
Awards (1):
  • 2003 - The best presentation award in 5th World Conference of A-PART(第5回不妊・生殖医療国際会議)
Association Membership(s) (10):
The Society for the Study of Reproduction ,  International Embryo Transfer Society ,  日本養豚学会 ,  日本卵子学会 ,  日本繁殖生物学会 ,  日本畜産学会 ,  関東畜産学会 ,  日本生殖工学会(旧生殖工学(研)会) ,  日本受精着床学会 ,  日本実験動物学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page