Rchr
J-GLOBAL ID:200901076564988493   Update date: Apr. 07, 2021

Yasunaga Moritoshi

ヤスナガ モリトシ | Yasunaga Moritoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Soft computing ,  Electronic devices and equipment
Research keywords  (1): Evolutionary Computing
Research theme for competitive and other funds  (34):
  • 2017 - 2018 適応的に波形を整形できる伝送線の開発
  • 2016 - 2018 AIの土木技術への適用研究(詳細題目は非公開)
  • 2014 - 2017 共鳴増幅配線による低損失伝送線の開発
  • 2016 - AI利用に関する研究(詳細題目は非公開)
  • 2015 - 2015 高レベル放射線環境に向けた耐ソフトエラー集積回路の研究
Show all
Papers (314):
more...
Patents (6):
  • 高周波用配線構造体,高周波用実装基板,高周波用配線構造体の製造方法および高周波信号の波形整形方法
  • 高周波用配線構造体,高周波用実装基板,高周波用配線構造体の製造方法および高周波信号の波形整形方法
  • 情報処理装置および情報処理方法
  • 可変形ミラーの調整方法、調整装置および、その調整方法の実施のための処理プログラム
  • 画像の比較・認証装置とその方法
more...
Books (13):
  • 技術者のための電磁気学入門(コロナ社)
    コロナ社 2017 ISBN:9784339009040
  • 集積回路工学(森北出版)
    2016
  • 電磁波吸収・シールド材料とノイズ・誤動作対策(技術情報協会)
    技術情報協会 2016 ISBN:9784861046285
  • VLSI実装基板のための超高速信号伝送
    進化技術ハンドブック第II巻(応用編:情報通信システム)(社)電気学会進化技術応用調査専門委員会編 2011
  • 電磁気学演習
    培風館 2008
more...
Lectures and oral presentations  (34):
  • Evaluation of support vector machine applied to hammering-sound-test for different concrete structures
    (International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020 (AROB 25th '20) 2020)
  • FPGA-based Object Detection for Autonomous Driving System
    (International Conference on Field-Programmable Technology (ICFPT) 2019)
  • Parallel hardware implementation of self-organizing map using multiple Zynq FPGAs
    (International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019 (NOLTA2019) 2019)
  • Evolutionary Design Methodology for High-speed Digital Signal Transmission: Capacitor-Segmental-Transmission-Line Designed by Genetic Algorithm
    (International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019 (NOLTA2019) 2019)
  • Parallel hardware implementation of self-organizing map using multiple Zynq FPGAs
    (International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019 (NOLTA2019) 2019)
more...
Works (1):
  • 自動拡大追尾カメラシステムのデモンストレーション インターネットライブ配信 http://bicam.islab.cs.tsukuba.ac.jp/
    安永, 守利 2006 - 2010
Education (2):
  • - 1983 University of Tsukuba Applied Physics
  • - 1981 University of Tsukuba Applied Physics
Professional career (2):
  • 博士(工学) (筑波大学)
  • 工学修士 (筑波大学)
Work history (4):
  • 2004/04/01 - 現在 University of Tsukuba Graduate School of Systems and Information Engineering
  • 1994/11/16 - 2004/03/31 University of Tsukuba Institute of Information Sciences and Electronics
  • 1983/04/01 - 1994/11/15 Hitachi Ltd. Central Research Lab. Researcher
  • 1983/04/01 - 1994/11/15 Hitachi Ltd. Central Research Lab. Researcher
Committee career (8):
  • 2017/04 - 現在 エレクトロニクス実装学会 インテリジェント実装技術委員会 委員
  • 2012/04 - 現在 エレクトロニクス実装学会 回路・実装設計技術委員会委員
  • 2017/08/01 - 2018/07/31 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 2014 - 2015/09 電子情報通信学会 英文誌特集号編集委員長(2015年9月発刊)
  • 2012/12 - 2013/12 International Conference onf Field Programable Technology Committee 2013 Vice Chair
Show all
Awards (11):
  • 2020/03 - 第33回エレクトロニクス実装学会春季講演大会研究奨励賞(指導下学生)
  • 2020/03 - 令和元年度一般社団法人エレクトロニクス実装学会論文賞
  • 2018/06 - 電子機器トータルソリューション展2018 アカデミックプラザ賞(論文賞)
  • 2015/05/25 - 電子情報通信学会情報・システムソサイエティ活動功労賞
  • 2013/05/25 - (社)電子情報通信学会 第69回(社)電子情報通信学会論文賞
Show all
Association Membership(s) (4):
Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) ,  THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS. ,  Information Processing Society of Japan ,  エレクトロニクス実装学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page