Rchr
J-GLOBAL ID:200901076667855408   Update date: Apr. 17, 2024

Hashimura Naoki

ハシムラ ナオキ | Hashimura Naoki
Affiliation and department:
Job title: Curator
Research field  (2): Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (15): キリスト教美術 ,  ビザンティン美術 ,  フレスコ ,  モザイク ,  ニコラオス・ギジス ,  日本近代洋画 ,  原田直次郎 ,  Kazuo SAKATA ,  Palaeologan Art ,  Christos Church in Veroia ,  Study on Wall Painting ,  Frescoes ,  Mosaic ,  Hagia Sophia ,  Byzantine Art
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2018 ギリシア人画家ニコラオス・ギジス研究
  • 2007 - 2008 ビザンティン聖堂壁画における予型論的構図に関する研究
  • 2006 - 2007 ヴェリアの救世主キリスト復活聖堂における旧約の預言者
  • 2006 - 2007 ヴェリア(ギリシア)の救世主キリスト復活聖堂の壁画研究
Papers (15):
  • Naoki HASHIMURA. Study of Kazuo SAKATA: On the two Sketchbooks in 1936. Bulletin of Okayama Prefectural Museum of Art. 2022. 12. 1-16
  • 橋村 直樹. 「巴里の落書」と「オワーズ河漫筆」:その制作年代の考察と裏面エスキース復元の試み. 【展覧会カタログ】『坂田一男 捲土重来』. 2019. 202-209
  • 橋村 直樹. ギリシア人画家ニコラオス・ギジス研究. 鹿島美術研究年報. 2018. 35. 111-121
  • 橋村 直樹. 《オディギトリアの聖母子》と《悲しみの人》の両面イコン(カストリア、ビザンティン博物館)をめぐって. 田辺幹之助編『祈念像の美術(ヨーロッパ中世美術論集3)』. 2018. 31-56
  • HASHIMURA Naoki. Newly Discovered Two Drawings by Naojiro HARADA. Bulletin of Okayama Prefectural Museum of Art. 2018. 8. 31-37
more...
MISC (10):
  • 橋村直樹. 人と作品 竹内清-洋画家にしてデザイナーの多彩な仕事-. 紫明. 2023. 52. 35-43
  • 橋村直樹. 竹内清の生涯と多彩な仕事:1911-2008. 【展覧会小冊子】『竹内清展 Exhibition of Kiyoshi TAKEUCHI』. 2022. 3-5
  • 橋村直樹, 八田真理子. 柚木玉邨・久太・祥吉郎-柚木家三代の絵画と精神. 【展覧会カタログ】『柚木玉邨・久太・祥吉郎-柚木家三代の絵画と精神』. 2021. 6-24
  • 橋村直樹. 坂田一男の作品と関連資料の寄贈を受けて. 美術の窓. 2021. 451. 284-285
  • Naoki HASHIMURA. An Introduction to the Study of Kazuo SAKATA: Newly collected SAKATA's Works and Related Documents. Bulletin of Okayama Prefectural Museum of Art. 2021. 11. 7-31
more...
Books (5):
  • Morris, Ruskin, Architecture, and Books
    2023
  • 【展覧会カタログ】名古屋市美術館コレクション エコール・ド・パリとメキシコ・ルネサンス
    岡山県立美術館 2023
  • 【展覧会小冊子】竹内清展 Exhibition of Kiyoshi TAKEUCHI
    岡山県立美術館 2022
  • 【展覧会カタログ】柚木玉邨・久太・祥吉郎-柚木家三代の絵画と精神
    岡山県立美術館 2021
  • 【展覧会カタログ】知られざる震災画家 徳永仁臣-柳洲-
    岡山県立美術館、和気町、和気町教育委員会 2013
Lectures and oral presentations  (4):
  • ビザンティン画家カリエルギスの画業-ヴェリアの救世主キリスト復活聖堂(1314/15年)の壁画装飾プログラム-
    (第63回美術史学会全国大会 2010)
  • 後期ビザンティン聖堂壁画における予型論的表象に関する一考察
    (第7回東方キリスト教学会 2007)
  • ヴェリア(ギリシア)の救世主キリスト復活聖堂の壁画
    (関西ビザンツ史研究会 2005)
  • イスタンブール、ハギア・ソフィア大聖堂の後陣モザイクについて-聖母子像の成立年代に関する一考察-
    (広島芸術学会大会 2001)
Education (5):
  • 2001 - 2010 Okayama University
  • 2007 - 2008 ギリシャ国立アテネ大学 哲学部歴史考古学科 ビザンティン考古学研究室
  • 2003 - 2004 ギリシャ国立アテネ大学 哲学部歴史考古学科 ビザンティン考古学研究室
  • 1999 - 2001 Okayama University
  • 1995 - 1999 Okayama University Faculty of Letters
Professional career (1):
  • Ph.D. (Literature) (Okayama University)
Work history (3):
  • 2010/04 - 現在 岡山県立美術館 学芸員
  • 2013/04 - 2016/03 Fukuyama University Faculty of Human Cultures and Science
  • 2013/04 - 2015/09 Kyoto University of Art and Design
Association Membership(s) (7):
明治美術学会 ,  東方キリスト教学会 ,  日本ビザンツ学会 ,  広島芸術学会 ,  美術史学会 ,  Hiroshima Society for Science of Arts ,  The Japan Art History Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page