Rchr
J-GLOBAL ID:200901077359402970   Update date: Jan. 13, 2021

Otsuki Takeshi

オオツキ タケシ | Otsuki Takeshi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (9): Conditioning ,  Athletes ,  Arterial stiffness ,  Blood pressure ,  Older adults ,  Health ,  Physical Fitness ,  Training ,  Exercise
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2020 - 2023 Does combined aerobic and resistance exercise training decrease excessive blood pressure elevation during resistance exercise in older adults?
  • 2017 - 2020 Mechanisms underlying decreases in systolic blood pressure during resistance exercise with aerobic exercise training
  • 2018 - 2020 高強度インターバル・トレーニング(HIIT)がトライアスリートの血管機能およびパフォーマンスに及ぼす影響
  • 2019 - 抵抗性運動時の血圧上昇に及ぼすクロストレーニングの効果
  • 2018 - スポーツ・ツーリズムによる公開講座終了後の運動継続支援
Show all
Papers (105):
more...
MISC (20):
  • 大槻毅. 必読・ハイリスク者への運動指導 67. 月刊健康づくり. 2021. 514. 18-18
  • 大槻毅. 必読・ハイリスク者への運動指導 66. 月刊健康づくり. 2021. 513. 18-18
  • 大槻毅. 編集後記. 体力科学. 2020. 69. 5
  • 大槻毅. 異分野の掛け合わせで運動生理学の未来を拓く. 日本運動生理学雑誌. 2020. 27. 1. 1-2
  • 大槻毅, 膳法亜沙子. スポーツ· ツーリズムによる公開講座終了後の運動継続支援:限られた人的資源での効率的な地域貢献を目指して. 大学体育. 2019. 114. 34--38
more...
Books (10):
  • 競技スポーツにおけるコーチング・ トレーニングの将来展望
    筑波大学出版会 2021
  • スポーツの世界を学ぶ : スポーツ健康科学入門(増補・改定版)
    流通経済大学出版会 2017 ISBN:9784947553744
  • Advances in Arterial Stiffness Research
    Nova Science Publishers 2016
  • スポーツの世界を学ぶ : スポーツ健康科学入門
    流通経済大学出版会 2013 ISBN:9784947553591
  • スポーツ生理学
    化学同人 2013 ISBN:9784759817089
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • 防災活動と健康体力づくりで目指そう百寿
    (第22回日本健康支援学会年次学術大会・第8回日本介護予防・健康づくり学会大会 2021)
  • 結果論を乗り越えろ!~運動生理学を学ぶ意義~
    (茨城県立中央高校 高大連携授業 2020)
  • 結果論を乗り越えろ!~運動生理学を学ぶ意義~
    (茨城県立波崎柳川高校 高大連携授業 2020)
  • フレイル予防の運動指導 ~with コロナ時代の運動指導~
    ((一社)スポーツキャリアクリエーション 運動・スポーツ関係指導者セミナー 2020)
  • フレイル予防の運動指導 ~with コロナ時代の運動指導~
    ((一社)スポーツキャリアクリエーション 運動・スポーツ関係指導者セミナー 2020)
more...
Education (4):
  • 2001 - 2004 University of Tsukuba
  • 1999 - 2001 University of Tsukuba
  • 1998 - 1999 University of Tsukuba
  • 1994 - 1998 Osaka Kyoiku University
Professional career (1):
  • Health and Physical Education Master (University of Tsukuba)
Work history (6):
  • 2014/04 - 現在 Ryutsu Keizai University
  • 2010/04 - 2014/03 Ryutsu Keizai University
  • 2008/04 - 2010/03 St. Catherine University
  • 2007/07 - 2008/03 St. Catherine University Faculty of Social Welfare
  • 2006/08 - 2007/06 Kyoto Prefectural University of Medicine
Show all
Committee career (12):
  • 2020/09 - 現在 International Society of Men's Health Guest Editor of Journal of Men’s Health
  • 2020/06 - 現在 Frontiers in Sports and Active Living Associate Editor
  • 2020/06 - 現在 Frontiers in Physiology Associate Editor
  • 2019/11 - 現在 日本体力医学会 編集委員
  • 2019/06 - 現在 日本健康運動指導士会茨城県支部 事務局長
Show all
Awards (4):
  • 2020/09 - スポーツ庁 長官賞 「スポーツ × 消防 ~ 医療費削減と災害に強い街づくり ~」
  • 2018/03 - Nutrition Journal Outstanding Reviewer
  • 2013/09 - International Conference on Endothelin Travel Grant Award Is excessive blood pressure elevation during resistance exercise a risk factor for arterial stiffening?
  • 2005/05 - Asian Federation of Sports Medicine Congress First prize in best scientific research award Basal gene expression of angiogenesis-related factors in rat skeletal muscle differs between slow and fast fiber types
Association Membership(s) (6):
日本運動生理学会 ,  日本体力医学会 ,  日本体育学会 ,  クロレラ・機能性植物研究会 ,  American College of Sports Medicine ,  European College of Sports Science
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page