Rchr
J-GLOBAL ID:200901077476630542   Update date: Jun. 01, 2016

MALTE JASPERSEN

ヤスパゼン マルテ | MALTE JASPERSEN
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (4): 教材発展 ,  発音学 ,  アコースティック・メディアの美学 2. マルチ・メディア ,  1. 音響方法論
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 音響方法論、アコースティック・メディアの美学
  • 外国語授業でのマルチ・メディア
MISC (10):
  • JASPERSEN, Malte. 「Souteigai 想定外 ー 3.11複合災害と日本」. 京都産業大学論集 人文科学系列. 2013. 第46号. 445-469
  • JASPERSEN, Malte. 「書に道ありー日本の書道について」. 京都産業大学論集 人文科学系列. 2010. 第41号. 238-253
  • JASPERSEN, Malte. 「Phonetik und CALL」. 「JALT-Glocalization」. 2006. 第1号. 53-61
  • JASPERSEN, Malte. 「音声学と言語学習を補助するコンピューター教育」. 「立命館言語文化研究」. 2005. 第6号. 49-58
  • JASPERSEN, Malte. 「パワーポイントとドイツ語」. 「立命館言語文化研究」. 2003. 第15巻. 2号. 221-226
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 「音声学と言語学習」
    (5th Bremen Symposion on Language Learning and Teaching ブレメン大学、ドイツ 2015)
  • 「クリエイティブな外国語教育 ー オーディオ作成」
    (ドイツ学術交流会、ドイツ文化センター、慶應義塾大学 共催 2010)
  • 「クリエイティブな外国語教育 ー オーディオ作成」
    (ドイツ学術交流会、ドイツ文化センター、立命館大学 共催 2010)
  • 「ドイツラジオドキュメンタリー」
    (中国国立放送、中国、北京 2006)
  • 「音声学と言語学習を補助するコンピューター教育」
    (JALT、立命館大学 共催 2005)
more...
Works (36):
  • 「Ich war ein schlafender Baum 朝まで木のように立ったまま眠る-大阪釜ヶ崎・カフェ・ココルーム」ARD ドイツ公共第一放送
    2014 -
  • 「Nightdancer ナイト・ダーンサー」ARD ドイツ公共第一放送
    2013 -
  • 「Man muss hoffen 希望を持ち続けなきゃ、もたない - 日本における緑の党 - ある運動の始まりを追って」ARD ドイツ公共第一放送
    2013 -
  • 「Now is The Time ナウ・イズ・ザ・タイム ー 反原発活動家 アイリーン・美緒子・スミス」ARD ドイツ公共第一放送
    2012 -
  • 「Souteigai 想定外 - 3.11複合災害と日本」ZDF ドイツ公共第二放送, ABC Australia
    2012 -
more...
Work history (9):
  • 2009 - ~ 京都産業大学外国語学部 教授
  • 2008 - Kyoto Sangyo University Faculty of Foreign Studies
  • 2004 - ドイツ マンハイム市のライス・エンゲルホルン博物館、ベルリンのマルティン・グローピウス・バウ博物館にて「曙の時代・日本の考古学展覧会」映像、サウンド、空間インスタレーションを担当
  • 2000 - 「苔の海-砂の石ー日本庭園」IfA(ドイツ国立対外関係研究所)のシュトゥットガルトのIfAーGallerieギャラリーにて開催 サウンド・インスタレーション担当
  • 1997 - Ritsumeikan University
Show all
Awards (1):
  • 2012 - 国際メディア・フェスティバル「PRIX ITALIA 2012」(イタリア賞2012)イタリア大統領特別賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page