Rchr
J-GLOBAL ID:200901077732035053   Update date: May. 17, 2016

Yamashita Masayuki

ヤマシタ マサユキ | Yamashita Masayuki
Affiliation and department:
Job title: professor
Homepage URL  (1): http://ha1.seikyou.ne.jp/home/FrenchCountry/massa.html
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (7): 美術館の社会学 ,  フランス現代社会論 ,  フランス社会学史 ,  フレンチBD(バンデシネ) ,  Sociology of Art Museum ,  French modern culture ,  History of French Sociology
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2005 - 表象芸術(フランスマンガ論)
  • コントとデュルケームの間のフランス社会学史
  • 美術館観衆の実態調査
  • フランス現代文化論
  • History of French Sociology between Comte and Durkheim
Show all
MISC (4):
  • 社会学の冒険と失楽. 『環』(藤原書店). 2004. 17号
  • French contemporary sociologies. Aera Mook 12. 1996
  • フランス社会学事情. アエラムック12社会学がわかる(朝日新聞社). 1996
  • La sociologie francaise entre Auguste Comte et Emile Durkheim : Emile Littre et ses collaborateurs. L'Annee sociologique, Presse Universitaire de France, Paris. 1995. vol. 45, no.1
Books (16):
  • フランスのマンガ
    論創社 2009
  • 「ソシオロジスムから個人主義の社会学へ」、『日仏社会学叢書第2巻 フランス社会学理論への挑戦』
    恒星社厚生閣 2005
  • 「日本とフランスにおけるサッカー文化」、『現代文化テクスチュア』(共編著)
    晃洋書房 2004
  • ピエール・アンサール著『社会学の新生』(監訳)
    藤原書店 2004
  • Museum and sociology
    Modern museum studies 1998
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • ワールドカップ南アフリカ大会の歴史的意義
    (日本社会学会 2010)
Works (4):
  • オランピック・ド・マルセイユのサポーター組織、コマンドウルトラにてインタビュー調査
    2003 -
  • セレッソ大阪長居スタジアムにおいて観客調査
    2003 -
  • Inquirey studies of museum visiters at national art museums in Tokyo and Kyoto, and other prefecturel, municipal and private museums.
    1995 -
  • 国立西洋美術館、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、東武美術館、兵庫県立近代美術館、徳川美術館、豊田市美術館などで、美術館観衆の実態調査
    1995 -
Education (4):
  • - 1985 Kyoto University
  • - 1985 Kyoto University
  • - 1980 Kyoto University
  • - 1980 Kyoto University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • (BLANK)
Awards (3):
  • 2003 - 日本証券奨学財団研究助成
  • 1996 - 第13回渋沢クロ-デル賞(ルイ・ヴィトン・ジャパン特別賞)
  • 1995 - 日本ファッション財団研究助成金
Association Membership(s) (5):
日仏哲学会 ,  ISAのRCSH 国際社会学会の社会学史研究部会 ,  関西社会学会 ,  日仏社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page